« ブランディングの主役 | トップページ | ブランディングを進める2 »

2020年6月30日 (火)

ブランディングを進める

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は「ブランディング」について記した。

  今日はその具体例。

一言でブランディングと言っても、それは概念でありそこからどのような手法で具体的に自社や自店のブランディングを行っていくのかが現場の店長としてはより重要であろう。

ブランディングとは企業イメージの確立。

  特に店舗では店舗イメージの確立となる

企業イメージ、店舗イメージ作りであるから、チラシとか一発ギャグ程度のイベントで確立できるものではない。

  長い時間を通して継続的に確立していくもの。

それを念頭に置きながら、企業イメージを如何に戦略的に競合店との差別化として自社や自店のポジションを明確にして、ターゲットを絞り、そしてコンセプト化して、企業として店舗として一致団結して取り組んでいくこと。

  それがブランディングの確立ということであろう。

まず自店のポジショニングを明確にすることから始めなければならない。

  自店は商圏内のお客様にとってどのような位置付けであるのか。

そして、結果的に見えてきた位置付けに対して、今後どうしていくべきなのか。

  それがポジショニングを明確にするということであろう。

その情報収集の一環として、先日のリモートミーティングではある企業の買い物体験の話がでた。

  買い物体験?。

それは自店のパートさんに、自店の客単価(例えば2500円)を握って、競合店で買い物体験をして頂く。

  一回の買い物の2500円でその競合店で購入する食材は?。

数人のパートさんに同様の買い物体験をしてもらい、そこから見えてくる競合店の強み、弱み。
これは、男性社員ではどしたって見えてこない競合店の情報であろう。

  要は競合店で購入されている商品は何か?。

これも自店のポジショニングを判断する情報であろう。
そしてそれが分かれば、徹底してその単品に絞って購入して頂く戦略を立てる。

チラシに入れるわけでもなく、大々的に打ち出すわけでもないから、競合店としては徐々にその単品の強みが失われていく理由が見えてこない。

 ブランディングとはこのようにお客様の口コミを利用して定着していくものである。

そして店舗としての品揃えの強みを活かして、ワンストップショッピング性を高め、お客様が自店に入店して一周で如何に多くの単品を買い物かごに入れて頂くかを追求していくことが、ブランディングの結果としての数値効果ではないだろうか。

  そう考えるとブランディングとは何も新しい考え方ではない。

従来から実践している事を、新たな視点で新たな言葉を引用して業績対策を整理してみたという事であろうか。

  企業イメージを如何にお客様に定着していくか。

しかしこれは時間のかかる施策であることは間違いない。

  商売は飽きない(商い)。

やはり、ブランディングも商いの一環である。
時間を掛けた培ってきた分だけ、強くなれるということであろうか。





|

« ブランディングの主役 | トップページ | ブランディングを進める2 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
本人と一番関わりの深いのが店舗の人間であり、とりわけ店長とは上司と部下、そして販売面でのアドバイザーとしてもコミュニケーションの重さも一番多いのではないでしょうか。必然的に店舗の店長とその部下との関係はお互いに学び合う存在意義を発揮して欲しいものですね。

投稿: てっちゃん | 2020年7月 2日 (木) 00時00分

改装とかハードのブランディング以上に毎日コツコツと積み上げるソフトのブランディングの方が時間はかかれど着実にお客様の信用を高めると思いますね。ストアコンセプトに凝縮される店長の想いをメンバーと共有しコツコツと毎日積み上げる。一年後には大きな資産となっているのでしょう。とりわけ人の資産は店長しか増やせないと思います。

投稿: dadama | 2020年7月 1日 (水) 14時31分

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
必須4項目。
参考になりますね。
特に③の圧迫感のないすっきりとした陳列を見てみたいものです(笑)。
上記4項目を継続して1年ほど続ければ間違いなく前年比110%はいくでしょう👍。

投稿: てっちゃん | 2020年6月30日 (火) 23時03分

自分のお店で2500円のもので買い物をしようと思うと総菜500円だけ使って2000円はフトコロに入れます。
安い店で2500円の買い物をしようとしたらいつもの買い物1200円ほど使って1300円はフトコロ入れます。

結論。総菜高いから、買い物しなくなる(俺のかあちゃん理論)

①一目でどんな商品か分かるPOP
②購買意欲をそそるポトPOP
③圧迫感のないすっきりとした陳列
④そして、売場の華をそえる私(掛け声&手直し)!

この4つを毎日私の曜日は欠かさず実行してます!

投稿: 第01肉屋 | 2020年6月30日 (火) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブランディングの主役 | トップページ | ブランディングを進める2 »