« 今年のロードマップ | トップページ | 店内を縫う »

2020年6月16日 (火)

充実感とは

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人生におけるいろいろな感情。

  満足感、不安感、幸福感、危機感。

人生を歩んでいく過程でいろいろな感情を抱きながら未知の世界を歩んでいくから、不安になり危機感を抱き、そして恐る恐る行動し明るい未来が開け、そして達成感を抱き幸福感を得たりしていく。

そんな感情の中で、充実感とはどんな場面で感じるのであろうか。

そこでネット検索してみて、充実感を調べてみた。
そうすると、充実感を感じるための5つの条件というものがあったので記載する。

  ① 目標がある
  ② 全力を出し切る
  ③ 自発的である
  ④ 没頭する
  ⑤ そこに意味を見出す

以上である。
なんとなく、共感するものであろうか。

上司や他人から当初は指示されたことではあろうが、それを自分の言葉に置き換えて、自分自身の自発的な動力によって目標を設定し、全力で行動した結果の達成感に結果が加わった部分が充実感と言えようか。

  充実感を後押しする結果とはどのようなことであろうか。

それは5番目の「そこに意味を見出す」部分ではないだろうか。

  目標を持って自発的に全力で行動する。

そしてこの目標に向かって行動を起こす「意味」、行動を通して得られた自分への「意味」によって、充実感が更に加味されるかどうかが分かれるのではないかと思う。

  それでは、その「意味」とは何か?。

それは自分以外に他者の充実であり幸福であり成功ではないだろうか。

  利他の心とも言う。

自分の行動が他者の為になるという意味。
それが結果であろうが、目的であろうが大きな問題ではない。

  要は他者の為に行動することで結果的に自分に跳ね返ってくるということだ。

それも、利益とか報酬ということではなく、自分の行動によって他者が救われたり力を得たり幸福になれたりということだ。

  そう感じた時の充実感は格別ではないだろうか。

結果的に部下の為になったのか?。
結果的に上司の為になったのか?。
結果的にお客の為になったのか?。
結果的に家族の為になったのか?。

  それを相手が気付いてくれた時に最高潮となろう。

そしてそこには基本的に報酬とか金銭授受は無い。

  あるのは感謝という感情のみ。

よって、本人が行動を起こしている間は、決して充実感を感じていることはない。

  悲壮感とか危機感とか不安感の方が強いかもしれない。

しかしそこに利他の心が入ってくると、一気に充実感を覚えるのは何故だろうか。

  そこに上記のような充実感の5つの条件であろう。

そして、人間の感情にはいろいろな要素がいろいろな条件で絡み合い、そのタイミングでいろいろな感情を持つのであるが、その中でも充実感とはやはり人間にとって一番幸福感を感じる瞬間なのではないだろうか。







|

« 今年のロードマップ | トップページ | 店内を縫う »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
これからの時間の過ごし方次第で、人生を充実感に満ちたものに完成できるかどうか、最後の仕上げの時でしょうか。
どうのこうのと言っても今までの行為を今更覆すことは出来ませんから、最後の仕上げに向けて行動していきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2020年6月17日 (水) 11時06分

瑠璃色の地球さん、コメントありがとうございます。
人間には必ず長所もあれば短所もあるもの。全否定されるということは短所しか取り上げられないということであり、そこからは自分がどの方向に進んでいいのか見当がつかなくなるということですから、そんな人間とは到底付き合いたくなくなるものです。
長所をしっかりと認識してもらいながらも、そこを伸ばしながら短所をどう解消していくのかという手法が人間にとっては一番行動しやすい考え方ではないでしょうか。
瑠璃色の地球。
松本隆の詩を松田聖子が歌う。
壮大な詩と松田聖子の世界観がマッチした名曲ですね。

投稿: てっちゃん | 2020年6月17日 (水) 11時02分

似合わない!嘘コケ!との大ブーイングが出そうですが(笑)今の私の心境そのものですね。
我儘に走らせて頂きましたから社員としての人生に一区切りがついた今、これからは恩返しの時期に入ったのだと思います。家族を含め、今までのご縁を頂いた方々に恩返しの念を持ちながらお互いに更なる豊かな人生を過ごしたいものです。

投稿: dadama | 2020年6月16日 (火) 18時19分

私は可愛い!とかカッコいい!とか勉強できる!とか仕事ができる!とか気がきくね!とか数えられないくらい誉められて他人承認で満足感を得ていました。because否定or注意されることが大大大苦手です。てっちゃんの言うとおりに自分が自分を承認していたら良いのですね!自分承認の行動なら相手がどう受け取ろうとも鬼に金棒!まさに本物の幸福感になります。てっちゃんの部下はこんな上司でラッキーですね。

投稿: 瑠璃色の地球 | 2020年6月16日 (火) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のロードマップ | トップページ | 店内を縫う »