« 道三ロス | トップページ | 改めて想うこの業界 »

2020年5月18日 (月)

今こそ鎧を身にまとう

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


Facebook上でのバトン。

  過去二回に渡りバトンを記した。

今回はコトPOPer達の繋がりからの、POPでコロナ禍に対する勇気づけやエールを送るという趣旨のバトンを記したい。

  コロナ禍の下での人間の繋がり。

それはコロナというウィルスが人間社会を崩壊させようとする地球上での覇権争いであり、人間の強みである組織力である人間同士のリアルな繋がりを根底から崩壊させようと挑まれた戦いではないかと思っている。

  そのリアルな繋がりを文明で克服しようとするのが今回の意図。

それを、いろいろな形で人類は試みているのであるが、その一環としてのコトPOPでのバトンリレー。

  そしていよいよ私の番が回ってきた。

テーマは決まっていた。

  コロナをまとった心ない罵倒との戦い。

実際にコロナウィルスに感染する従業員よりも圧倒的に多い心ない客の従業員に対する罵倒の連続。

  客は客で正論を言っているつもりなのであろう。

しかし現在はもはやお客様も従業員も無い、感染者からお互いを守るリスク回避に対する行動が正義である。

  もはや「お客様だから」「従業員だから」という区別は正義ではない。

正義はお互いの濃厚接触を如何に未然に防ぐかという配慮と行動にある。

  よって必要以上に会話をしない、接触しない、近づかない。

そして目に見えないウィルスに対して過剰なほどの除菌対策。

  しかし全国の仲間達からの報告には心ない罵倒が後を断たないと言う。

そんな仲間達に強烈なエールを送りたかった。

  そこから生まれたのが「鎧」と言うキーワード。

上記のような状況にあること、そしてその状況に応じて現在の施策をしていることは頭ではわかってはいても、どうしてもそれをお客様の毅然と説明できる従業員は少ないのではないだろうか。

  お客様は神様。

日本という国はその幻想にどっぷりと使ってきた歴史がある。

  お客様の言葉は全て正しい。

そして接客に関する教育が為され、従業員は企業側が用意した接客教育の中に、お客様の言葉を神の声として受け止め、それを企業努力にて改善していくという思想が定着してきたので亜r。

  いつしかそれは法律のような固定概念となり現代に至っている。

しかし冷静に考えてみれば、商品を購入するのにその対価として現金を支払うという関係は平等の関係であり、そこには上下関係などどこにも存在はしないのだ。

  しかしいつしか「買って頂く」「来店して頂く」という表現が当たり前となってきた。

そしてそのような言葉使いが当たり前として日本では使われるようになってきた。

  しかしどんな表現を使おうともお客とお店は同じ人間であり平等であることには普遍である。

そして今この状況においては、そのことをしっかりとお店側が認識してお客様に対応していかねばならない。

  とは言うものの、長い歴史が現場の従業員を躊躇させるのである。

本当にそのことを毅然とお客様に言っていいものだろうか?。

  そしてそれを率先するのが現場のリーダーの役割だと私は思う。

しかし彼らも素手と普段着ではなかなかその勇気は出ないであろう。

  そこに鎧が必要なのである。

使命感という鎧。

  その鎧を以って勇気ある行動がリーダーには求められる。

そんなエールをPOPに託してバトンを渡したのである。






|

« 道三ロス | トップページ | 改めて想うこの業界 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
いつ何時、どこからもたらされるかわからない新型コロナウィルス。
とにかく今は誰であろと一人の感染リスクを持つ人間として接することが社会的使命と受け止めて行動するのみでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年5月20日 (水) 12時54分

競合(笑)でマスクをされずに買物をされてたお客様にお声掛けをして罵声を浴びせられた店長がおりましたがお店や従業員を守る事はお客様を守る事にも通じますね。お店が来店して頂きたいお客様(ロイヤルカスタマー)をしっかり囲い込む行動がコロナ騒動が終息した暁には大きく店舗を成長させている事と思います。
従業員をお客様の下僕にさせない勇気が管理職に問われる時期とも言えますね。

投稿: dadama | 2020年5月19日 (火) 20時01分

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
当方は安全安心な時代には万引きが横行していたのですが、この状況になるに従って、なぜか万引きは減少。
海外の窃盗団も渡航禁止前に母国へ強制送還されたようです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2020年5月18日 (月) 21時34分

そういうのがあるだろうと思ってはいたんですが、傷心的な発言をするお客さんはこれといって居らず、コロナ解放宣言されたからか、完全に元に戻りました。営業時間が短縮になった状態や旅館など閉まってるので夜型には影響はありますが、ほぼ元通り。
逆に今目立つのは万引きが目立つ気がします。

投稿: 第01肉屋 | 2020年5月18日 (月) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道三ロス | トップページ | 改めて想うこの業界 »