« 丸投げの功罪 | トップページ | 春ドラの延期 »

2020年4月11日 (土)

数値との因果関係

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


結果を導く。

  それがマネジメント層の役割である。

結果を導くとは、要は結果を出すことを目的に普段の業務にあたるということである。

  その前提には結果との因果関係が理解していることである。

どうすれば結果につながるか、どうすればどのような結果になるのか。
それがある程度見通す能力がなければ、好結果を導き出すことは出来ない。

  そしてそれを学び続けるのが我々の道。

私はそれをいち早く身につけたいと思いながら普段の仕事に取り組んできたように思うし、当時の職場環境もそのような空気に満ち溢れていたようにも思う。

  やるべきことをやってそそくさと帰宅するという就業形態。

それはそれで現代的ではあるが、その視点とは全く別に、売れる仕組みをいち早く習得するということは、開店時間前から如何にして効率よく就業する人員が計画から実行、そしてその結果からの再度検証と最終の売り切りまで含めて、一連の流れとそのポイントを如何に習得するかという視点が必要だ。

  最初から最後までその一連の流れを見続けること。

以前は、この一連の流れを見続けることが一人の担当者が容易出来た。
そして、入社数年である程度の見通しが出来、そこから徐々にいろいろな引き出しを増やしていけたのである。

  しかし今は令和の時代。

ワンオペなどもってのほかである。
その環境を受け入れながらも、一連の流れを早急に習得し、それを武器として売れる仕組みを早々に身につけなければならない時代。

  商売とは常に一日一日の繰り返し。

その繰り返しという連続から来店されるお客様の店舗への認識が確立していく。

  そこにチラシが加わりイベント性が加わり店舗のサービスが加わっていく。

その総合的な評価が来店客数に結びつき客単価に結びつき日販が決定されていく。

  何をすれば?。

その何を?が一個から二個、二個から三個と増加し続けながら、結果はタイムラグを繰り返しながら変動していくもの。

  その結果として現実の売場の課題が見えてくるのでもある。

そして人事異動の度にその課題をコツコツと一つ一つ見直していき、気がつけばいつの間にか、地域のお客様にとって従来とは別物の存在となっているのである。

  その因果関係を如何に見えるか。

それが、販売力というものであろうか。
そしてそれは、いろいろな視点から導き出されていくのである。

  商品面という視点から。
  販売面という視点から。
  人材面という視点から。
  設備面という視点から。
  立地面という視点から。
  競合店という視点から。
  地域性という視点から。

それらの視点からのアプローチの仕方。

  だから答えは一つではない。

だからと言って全てでもない。

  どこから手を付けるべきか。

どれがその状況下で最優先の課題であるのか?。
その選択眼も販売力の一要因であろう。

  それが引き出しというものであろうか。





|

« 丸投げの功罪 | トップページ | 春ドラの延期 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
是非、第01肉屋さん、カッケdadamaさん他、こちらの会のメンバーと一献いたしませんか(笑)。
このブログのプロフィールページのメールを送信宛に連絡先をメールいただければ幸いです。

投稿: てっちゃん | 2020年4月11日 (土) 23時56分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
血気盛んな時代(笑)。
しかしなぜかそれが許されもした時代。
◯◯ハラなんて言葉も無い時代。
そしてそんな相手ともその後の居酒屋で意気投合。濃厚接触雨あられの時代でしたでしょうか。ある意味、そこまでやらないと学べない経験を当たり前のように経験したからこそいまだに怖いものが無いと言う仕事観を持っているのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年4月11日 (土) 23時51分

かっけ!dadamaさんかっけ!
昨日は、パートが2人休んだため、豚を急いで切る為に成形して冷凍庫突っ込んで、急遽私がスライサーに入りつつ、売場指示しつつ、加工肉だしつつ、新人指導しつつ、圧力鍋こがしつつ、頑張りました。
チラシの商品を優先に作り、姿を換えれる商品は味付けに進化させて、でも手勢が少ない上、新人がいるので無理は出来ないから(自分入れて3人)比較的時間のかからない商品と簡単なもので売場を埋めて、圧力鍋を必死に磨きました。

投稿: 第01肉屋 | 2020年4月11日 (土) 17時42分

時効なので書きますが。
長野の卸と直談判して商品を仕入れたものの納品が深夜12時になると言うので時間まで居酒屋で飲み明かしべろべろになって荷下ろししたり、お盆売場作りの為に午前1時に無断出勤しセンサーに引っ掛かり警官にホールドアップさせられたり、啖呵切ったメンバーに血が上り「辞めても良いからこいつを殴らせろと」と言ったとたん他のメンバーから羽交い絞めにされたり・・・
今の指示待ちサラリーマン担当者には想像すら出来ないでしょうね(笑)。

投稿: dadama | 2020年4月11日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸投げの功罪 | トップページ | 春ドラの延期 »