« コロナ後の世界 | トップページ | 還暦 »

2020年4月16日 (木)

読めない世界

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


本当に読めない世界になってきた。

  コロナウィルスの感染者数だけの問題ではない。

日々の販売に関しての発注数量であったり、日別の来店客数であったり、時間帯別の商品動向であったり。

  従来の曜日別、時間帯別情報が無力化しているのである。

特に最近では政府の緊急事態宣言以降、東京都知事の宣言や地元県知事の外出自粛要請が矢継ぎ早に発表され、その都度住民の方々の受け止める深刻度が上昇してきたのであろう。

  週を追うごとに来店客数が増加しているのだ。

そしてその都度数量増を測ってきているのであるが、外出自粛要請が県知事から発言された段階で、その週の集客は最大に達し今後どのように推移していくのかの見通しが立たないのである。

  「店長、どんだけ発注すればいいのかわかりません。」

   「それは俺も分からんよ(汗)。」

そんな会話のやりとりが続く。

  特に生鮮物は鮮度が命。

よって余計な在庫は持ちたくはないが、それでもその都度に需要の高まりを感じてくれば次回の発注は今回+αにはなるであろう。

  更には本部からのコロナ対策の要請も都度入る。

レジ待ち時のお客様が並ぶ間隔を置いた設定とその表示であったり、レジ精算時のお客様と従業員との間の透明シートの設置であったり、ベーカリー等の精算機でのシート設置等の施策が続いた。

  よって現在はホームセンターの透明シートが品薄状態のようだ。

またレジ担当者も全員ゴム手袋着用にての業務になった。
そこで改めて思ったこと。

  “現金って意外に汚れているんだ”

金庫の現金チェックに行った時に、金庫番の担当者が私に言った。

  「店長、こんなに汚れてしまいました。」

そのゴム手袋をみた私は思わず叫んだ。

  「こんなに汚れるのか!」

従来は素手で現金を触っていたが、今回からレジ担当者だけでなく金庫担当者もゴム手袋着用にて業務するようになり、そこで初めてしる紙幣の汚れ。

  全てが全て汚れかどうかは不明であるが。

それでもそこから落ちる色や汚れが素手では目立たなかったが、ゴム手袋を着用することによって初めてわかる紙幣から出る汚れの量。

  そう考えると手洗いの徹底はやはり必須項目なのだというのがわかる。

また、ネットでの情報等を見ると、このような状況の中でも理不尽なお客のクレームが相次いでいるらしい。

  特に除菌殺菌への要求が相次いでいるという。

私から言わせれば、「だったらあなたが気の済むようにやってくれる店へ行け」と思うのだが(笑)。
幸いにも当店にはそのような方はまだ来店はされていないが、いつ何時そのようなクレームを頂くかも分からない。

  お客様の意見は参考にはさせていただくが。

ただ、店内で大声で喚き散らすような事態にでもなれば、こちらにもそれ相応の対応はすべきであろうか。

  このような状況で店内でどのように行動すべきか。

現場の店長は従来にないこの状況において、更に毅然とした態度がお客様に対して必要となり、マニュアルに無い毅然とした行動を従業員が店長から学ぶ最高の舞台なのかもしれない。






|

« コロナ後の世界 | トップページ | 還暦 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
今や精肉部門が最大の伸長部門となっていますから、第01肉屋さんの奮闘ぶりも想像できますね。
是非この最大のチャンスを自らの成長に活かしてください。

投稿: てっちゃん | 2020年4月18日 (土) 00時21分

サンドラックが隣接してあるお店なので、朝から人がめちゃくちゃ並んでいました。オープン30分前に関わらず 20人~30人は並んでいてビックリしました。
マスク買いにきたのか、はたまたトイレットペーパーなのか。サンドラはさらに1時間しないと開店しないのに本当に1時間前から並ぶんだコロナすげーって思った。
 売上はかなり良いです。総理の緊急事態宣言が出てからますます、うなぎ登り。
天候に関わらず、朝に集中されている傾向があります。2時、3時は閑古鳥な感じですがそれでも店全体では1時間20万は最低でも売れてます。
お客さんが混んでない時間帯に来られるお客さんも少なくなく、夜遅くまでそこそこ売上があり、作り手としては遣り甲斐を感じますが、埋める側としては、綺麗に陳列して写メ取りしないといけないので、やっぱり13時回ってからようやくPOP付けたり夕方の準備に追われるです。

投稿: 第01肉屋 | 2020年4月17日 (金) 18時02分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そう簡単には終息には至らないでしょうが、だからこそこの混乱の継続からこの業界のあるべき姿がこの混乱の中から生まれていくのではないでしょうか。
レジセルフ化、電子マネー化はもちろん、至る所で接触の除去化が図られるような方向に向かうでしょう。
更には食品スーパーの主力商品や重点部門も大きく変化していくでしょうし、その為に人材の投入部門も大きく変化していくでしょうか。それが急速にではなく徐々に時代の流れに沿ってというスピードに合わせた変化が次から次へと我々を襲ってくると思います。

投稿: てっちゃん | 2020年4月16日 (木) 13時33分

自粛要請もあり営業店舗が限られてますからこの業界にお客様が期待するのは当然ですが緊急事態の非日常である現実。当たり前とか平凡のありがたみを感じるこの頃ですね。非日常の売上は必ず反動が来ますから。流されていくのか?先を読んで事態の収束までに如何に店舗力を上げていくのか?非常時こそ店長の冷静な判断が求められるのでしょうね。
金銭授受の認識もウィルスの功罪からセルフ化、電子マネー化が推進してくのでしょうか。

投稿: dadama | 2020年4月16日 (木) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ後の世界 | トップページ | 還暦 »