« 数値との因果関係 | トップページ | 初めてのマネジメント »

2020年4月12日 (日)

春ドラの延期

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーて店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

先週のdadamaさんのコメントから、なんとしても死守しなければならない日曜日のこのネタ。

  しかしコロナショックによりこのテーマも一時休業の危機。

何せ、各局のドラマ放映がコロナショックによる撮影延期によって、放送延期の憂き目を見始めているからだ。

  TBSとテレビ東京は全番組収録延期。

よって、このブログで記した春の新番組も一部延期となっている。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-21d4de.html

ここで紹介したドラマの中では、

  「半沢直樹」「私の家政夫ナギサさん」「ハケンの品格2」

  「アンサングシンデレラ」等が初回放送延期となっている。

これまでのコロナ感染の元になっている環境として「密集」「密閉」「密接」が挙げられているが、ドラマの撮影現場のその権化と言える環境なのだそうだ。

  更に追い討ちをかけるように緊急事態宣言。

テレビ局も苦渋の選択であったろうが、その決断が今となっては的確な判断であったことを裏付ける結果となってしまった。

  そしてその間の時間帯はどうなるのであろうか?。

なんでも、従来放映したドラマを再放送したりリメイクしたり。

  「8時だよ全員集合」「逃げ恥」「半沢直樹」「水戸黄門」「ザ・ベストテン」

上記の懐かしいドラマや歌番、コメディ等が視聴者の要望に上がっているという。

  とは言っても延期期間との兼ね合いもある。

新たなドラマを放映したら、それこそ今期の全時間を奪ってしまう。
よって、半沢直樹のリメイク版であれば、全編を短縮して数回に分けての放映が可能であるから、そんな手法で延期期間を凌ぐのではないだろうか。

そんな中で先日のブログの推薦番組で唯一放映されたドラマがあった。

  「いいね! 光源氏くん」

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjOkLPSqNjoAhXDaN4KHSASCJwQFjAAegQIAxAB&url=https%3A%2F%2Fwww.nhk.or.jp%2Fdrama%2Fyoru%2Fhikarugenji%2F&usg=AOvVaw2LiK8wFPcpueFCs97fn-lm

  なんとこのようなコメディードラマがNHKとは。

そう、このドラマはNHKでの放映で、30分の短時間の放映である。
先日第一話を見たが、やはりNHKらしからぬ、見ていて飽きないどこか癒されるストーリーである。

  まずはあり得ないドラマの導入シーン。

本物の光源氏が、なんと現代に紛れ込むという迷走シーンから始まるのである。
そんなスタートシーンであるから、このドラマの方向性もわかるというものだ。

  何の気兼ねもなく見れるドラマ。

しかし30分の計8回だから、ストーリーの回転も早いであろうと思われる。

  そしてkazuさんも関心を持っておられるドラマ。

是非、ご視聴を(笑)。









|

« 数値との因果関係 | トップページ | 初めてのマネジメント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。
コロナに関しては週を追うごとに巣篭もり需要が高まってきているように思いますし、相対的な感染リスクは我々業界は今後高まっていくことでしょうが、万全の対応にてこの使命を全うしたいものですね。
そして麒麟が来る。
この前半の山場が「桶狭間の戦い」。
その放送が6月中旬ごろと言うことで、ここまでの収録は終了していると言うことですので、それまでにしっかりと麒麟が来るのストーリーを把握しておきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2020年4月13日 (月) 00時02分

kazuです

最近のNHKコメディーは面白いですよね。
sakaeさんも大好きとおっしゃっていました「トクサツ ガガガ」も楽しく視聴しておりました。
「いいね。光源氏君」も楽しみにしております。
今の私は大河「麒麟が来る」を大本命にドラマを見ております。

全国的にコロナが猛威を奮っておりますが、私達は地域のライフラインとして頑張って乗り越えていきましょう!
会長もご覧の皆様も感染しない様にお祈りいたします。

投稿: kazu | 2020年4月12日 (日) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数値との因果関係 | トップページ | 初めてのマネジメント »