« 3連休 | トップページ | 4月のドラマ予告 »

2020年3月21日 (土)

本人の納得

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


納得するか否か。

  全てはそこに尽きるのではないだろうか。

色々な決断や判断、その前提になっているのは、本人がその事象に対してどう受け止めているのかという前提。

  それに対して肯定的に受け止めている場合。
  それに対して否定的に受け止めている場合。

それによって、本人の受け止め方は真逆となり、その結果としての自らの判断や決断に対しても、右を取るのか左を取るのかに分かれていくのであろうと思う。

  肯定的に受け止めるのであれば。

その後に起こる事象に対しても、納得性の高い予測であり結果であり、その結果に対しても好意的に受け止め自らを納得させる思考回路が働く。

  しかし否定的に受け止める場合。

その後に起こる事象に対しては、やはり結果としても納得のいかないものとして受け止められ、どこまでも自らの納得性の無い否定的な判断がなされていくのである。

  要は、納得して行動するか否か。

それによって、その後の行動とそれに伴う結果に対しても、前提としての納得という自分の気持ちが付き纏うことになる。

  そして納得して行動することによってその後の積極性も異なってくるのである。

自分のこれからの行動に対して、自分自身が納得して行動しようとするのであれば、実際に行動しその結果を得ることに対しても納得性の高い行動となる為、その結果としての自らの労働に対しても何の後悔もないし、不当感も持たない。

しかし逆に納得のいかない前提での自らの行動であるならば、そこには必ず不当感が付き纏うものである。

  “働かされている”

働かされ感のある日々の労働。

  特に現代ではそこが分かれ道になるのである。

世は働き方改革によって、労働時間の厳守のみが定着し、そこに働く従業員の納得感が置き去りにされてきた感がある。
そして、その結果働く従業員の結果へのコミットメントが薄れてきたのも事実ではないだろうか。

  要は、担当者が結果に対して無知になっているのである。

そして、更に要は担当者がどうすれば売上という結果を出せるのかという普段の訓練が為されていないのが現状となってしまったということだ。

  単に売場を埋めるというだけの単純作業。

そしてそれが完了したら、「お疲れ様」という1日の流れ。
それが毎日の日課になると、結果になど振り向きもしなくなってくる。

  要はパートさんやアルバイトと同様のワーカーに終始しているのが現実。

それを「時間が無い」」という便利が理由をつけて放置しているのが我々の行為なのかもしれない。

  仕事の楽しさとは何か?。

もう一度その楽しさを掘り起こし、そこに注目していかなければこの業界の次の世界は開けてこないのではないだろうか。

  もっと絞り込んだ部分に注目すれば「売る楽しさ」の追求である。

そしてその売る楽しさとは売れた喜びと連動して相乗効果を高めていくのではないかと思っている。

  売る楽しさと売れる喜び(感動)。

売り為にどんな計画を立て、どんな商品をどのように売りのか、そこに喜びを感じることであり、その結果として自分の計画以上に売れた時の感動が重なり、更に次回は更にその感動を得たいが為の計画となっていくのである。

  まさにこれが理想的なPDCAなのである。

そして、そのPDCAを回すことを企業として組織として定着させていくことが、従業員の流出を食い止めることであり、自社や自分の組織力を高めていくことに繋がるのであることを信じて行動したいものである。






|

« 3連休 | トップページ | 4月のドラマ予告 »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

麺類、パスタは概に品枯れでしょうか。ホットケーキ、お好み焼きの粉物や餅も厳しいですかね。
米があるなら常温で日持ちのする食材は何があるのか?乾物やふりかけ辺りの動きにも注意ですね。冷凍庫はキャパに限りがありますから常温の保存食のニーズ。台風とは違い長期戦となるのと電気、ガス、水道のインフラは安定してますから主婦をはじめお客様の購買動機はどこにあるのかを見極める事が現場に求められてますね。お客様との心理をいかに掴み限られた品揃えでお応えしていくのか。店長の勇気ある采配が必要な時期ですね。

投稿: dadama | 2020年4月 2日 (木) 21時40分

第01肉屋さん、コメントありがとございます。
上司との関係。
これも仕事を楽しく出来るか否かの分岐点ですね。
そのチーフの最大の利点をいかに自分に吸収するか。これが分岐点でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年3月22日 (日) 23時08分

花子。さん、コメントありがとうございます。
楽しいと思って仕事に取り組めば最後まで楽しみが影響を受けますし、苦手だと思って仕事をしたら、どこに行っても状況は楽しく仕事が出来る環境にはなっていはいかないということだろうと思います。
是非、納得のいく仕事の仕方で人間関係を修復していって欲しいものです。

投稿: てっちゃん | 2020年3月22日 (日) 23時02分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
なるほど、啓蟄とはそのような意味があったのですね(笑)。
是非、コロナショックからも立ち直り、啓蟄の後とくに這いずり回ってください(😀)。

投稿: てっちゃん | 2020年3月22日 (日) 22時55分

作業員の数とPOPに割ける時間があれば
まともな売場を1日前から計画して当日実施できるけど、作業員が少ない上、効率が落ちれば主任に怒られるし、「俺が時間を削ってまで頑張ってるのに、お前はデスクワークか!」って始末。
なら作業する格好をしても溜まれば全部私のせい。
売場のことを気にするのは作業が全部終わった13時頃。
その頃には、売る対象が夕方の人達に向けての半額売りであって、まともに売る商品がほとんどない。
それでも夕方の売上が昼間の時間分売れるのだからせいを出さなくて行けない。
悲しいかな。自己満足ができないっ!

投稿: 第01肉屋 | 2020年3月22日 (日) 21時01分

こんにちは、私は楽しく仕事できていない部分もあり、お休みの日でも仕事の事をかんがえているので、仕事中心の生活になっています。
別部署に移動の打診が来ましたが、どちらの職場も苦手な方とは関わらなくてはならないので考えてます。
楽しく仕事が出来たらと切に思っています。

投稿: 花子。 | 2020年3月22日 (日) 16時28分

企業人生と家庭生活。我人生どこに重きをおいて働き甲斐を見つけて行くのか。企業と家庭とは背反する事もありますから。周りにも企業のセンターに抜擢された代償?に単身赴任で家庭を離れる方々が多くいます。でも意外と家族関係は円満に見える方が殆ど。皆さん上手に使い分けておられる。家庭事情で地域限定社員を選ぶと昇進の道が狭くなり家庭への経済的な重しにもなっていく。
仕事と家庭の両立は悩ましいですね。
尤も私みたいにパートさんになってしまえば働き甲斐しかありませんから(笑)。1年は新しい環境も勉強と思い頑張って来ましたがそこには楽しさは見出せそうにありません。春の訪れと共に啓蟄如く這いずりますよ(笑)。

投稿: dadama | 2020年3月22日 (日) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3連休 | トップページ | 4月のドラマ予告 »