« 新たな52週MD | トップページ | 楽しくなければ・・・ »

2020年3月 4日 (水)

副店長という存在

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


副店長という存在。

  高い地位だが存在感は薄い。

私も副店長の経験を持つが、自分が何物なのかという自問自答を繰り返しながら日々を過ごしていたという思い出がある。
それだけ副店長という存在は、店舗内でも中途半端な存在であると言えるであろう。

  副店長の役割。

その役割が組織として店舗内として明確になっていれば問題ないのだが、意外に副店長という職位だけはあるがその役割が不明確な企業や店舗が多いのではないだろうか。

  副店長という存在価値。

店長から見れば、店舗の決定権は自分が握り、部門の決定権は部門チーフが握る。

  どうしても副店長という存在は何の決定権も無い存在になりがちである。

しかし、これから店長へと昇格していって欲しい存在でもある。

  ここでモチベーションを下げられては困るのである。

そこで、副店長としての使命を明確にしておく必要はあろう。
それは、副店長を企業としてどう位置付けているかにかかってくるのだろうと思う。

  副店長を雑用係としてのみ位置付けているのか。
  副店長を次期店長候補として位置付けているのか。
  副店長を定年後の管理職として位置付けているのか。

その役割期待によって副店長の位置付けは大きく変わってくるであろう。
しかしここは副店長を次期店長として位置付けておくのが最も店舗内の活性化にはなるであろうか。

  副店長がしっかりと機能するから店長の店舗運営が活きるのである。

私は、店長と副店長がお互いに役割期待を分かち合うからこそ、クルマの両輪としてバランスよく走れるのだと思っている。

それでは店長と副店長の役割期待とは。

  店長は「仕事の楽しさ」を推進する役割。
  副店長は「基本の徹底」を推進する役割。

上記に関しては、その逆でも良いとは思うのだが、店長の存在はどうしても全部門に波及しなければならない。
そして、仕事の楽しさを追求する根幹にあるのが店長としての使命と位置付けておくのが、店舗が一個の商品として競争力を高めるのには有効であろうか。

  よって副店長が「基本の徹底」の部分で大きな役割を担う方が適していると思うのだ。

店舗が「仕事の楽しさ」を追求しながら活気ある売り場を展開する為には、その裏側で「基本の徹底」が実行されているという前提が必要となる。

  「基本の徹底」という土台の上に「仕事の楽しさ」が躍動できるのである。

そのクルマの両輪を店長と副店長がお互いに一台のクルマの車輪として相乗効果を上げなけれならないのである。
よって、「仕事の楽しさ」だけの追求でも「基本の徹底」がブレーキとなり、「基本の徹底」だけでは「仕事の楽しさ」がブレーキとなる。

  「仕事の楽しさ」と「基本の徹底」とは同じスピードで走行して初めて効果が出るのである。

その一翼を担うのが副店長という存在ではないだろか。

  そしてそこから次期店長という世界が見えてくるのだろうと思うのだ。






|

« 新たな52週MD | トップページ | 楽しくなければ・・・ »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

ただのバイトさん、コメントありがとうございます。
上に行けば行くほど人から褒められなくなっていく。
そう考えると組織のトップとなると相当孤独感を感じるのでしょうか。
まだまだ私などは褒めていただける部分が多少なりとも残っているのかもしれません。
やはり人は褒められて育っていくもの。
そして褒めて育った部下たちに支えられていつしか自分の地位も上がっていくもの。そこをしっかり認識しながら組織を振り返っていきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 8日 (日) 06時47分

怒涛のコメントラッシュになって申し訳ありません…
ここではなるべく簡潔に…

◎伸びる組織と伸びない組織の違い

伸びる組織は

「社員が一つ上の立場の視点をもつ」

伸びない組織は逆に

「社員が下の立場の仕事をやる」

バイトだったら社員の立場で、担当社員ならチーフの立場で、といった具合にメンバーが自分の1つ上の役職の視点で考えて行動できているのか、
それとも社員が陳列や商品化やレジ応援に追われているのか。

あと、ちょっと辛いなと思うのは上の役職になればなるほど、人から褒められる機会がなくなることですね。逆にそこを察している部下は滅茶苦茶可愛がられますね、笑

投稿: ただのバイト | 2020年3月 8日 (日) 02時09分

まっちゃんさん、コメントありがとうございます。
皆さん副店長時代に楽しさを満喫していたんですね。その時代に自分が店長だったらという未来への創造力を養った方が店長として未知の世界を切り開いていくのでしょうか。
そして従来のパラダイムが変わるという経験。それも自分の懐を深めていって欲しいものです。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 6日 (金) 06時28分

私は副店長の時の方が暴れてました(笑)もう、むちゃくちゃなこと実施してました。水槽5つ自分の持ってきて海水入れて、魚入れて水族館企画、レモンの木を切ってレモンのもぎ立て販売。名付けて、幸せの黄色いレモン(笑)実際お客様が捥いでいかれてました(笑)。その他にも多数。それで、異端児と(笑)でも、どの地位でも、スーパーの現場職は楽しいですね(^^)

投稿: まっちゃん | 2020年3月 5日 (木) 20時34分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
楽しかったという思い出。
それは上司と部下が同じ想いで目の前の仕事ができる喜びなのだと思います。
そんな存在は現場にとっては宝ではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 5日 (木) 10時51分

k,kさん、コメントありがとうございます。
職位ではなく存在価値にこだわることが大切でしょうか。
その人間の存在価値。
それは部下が上司をどう見るか、どう認めるか。
そして、自分にとってその人物がどのような存在価値があるのだろうか、という存在にこだわるべきかと思うのです。
そして自分にとってその人が重要な位置を占めていることが上司にとっての存在価値のなのだと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 5日 (木) 10時49分

私は副店長職は楽しめましたね。尤もそれを認める上司と部下に恵まれたからこそ。自分が店長職になった時は副店長に色々な事を経験させポケットを増やしてあげる事を考えていたとは思っています。とんでもない事を言い出す店長で副店長やメンバーは大変だったと思いますが再会すると「あの時が一番楽しかったし勉強になりました!」の言葉が嬉しいですね。店長として一番気を使うべきは預かったメンバーの将来ですから。会社が変わり新たな人生を進めど私と関わった方々には自分の納得のいく人生を歩んでほしいですね。

投稿: dadama | 2020年3月 5日 (木) 09時00分

副店長。なりたくても声が掛からず、どんどん追い抜かれて、もうこのままでいいかなと思い始めたのが1年前。商品部にも当然いけずですが実積だけは残ってます。素行不良もない筈ですがこれも運のなさ。
運も実力のうちと諦めてます。新天地になり部下が代わり人時生産性と教育、粗利を追及していこうと思ってます。入った会社が悪かったのか、自分に素質がないのか。多分後者でしょうか(笑) あちらの会にどれだけ救われてるか。 ありがとうございます。m(__)m

投稿: k,k | 2020年3月 4日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな52週MD | トップページ | 楽しくなければ・・・ »