« 上野樹里の演技力 | トップページ | 見えない恐怖 »

2020年2月24日 (月)

通勤途中の景色

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


自宅から職場までクルマで約50分。

  結構な距離である(笑)。

そして当地は関東平野の北端でもあり、この時期の晴天率は全国でも有数の立地となる。

  よってこの時期の天候は今が最高かもしれない。

特に今年は例年にない暖冬であり、積雪も無く、2月に入ってからの冬晴れは乾燥度合いも高いが、遠くには日本一の富士の姿もくっきりと映し出されるのである。

  “えっ!、富士山が見えるの?”

北関東から富士山が見えるのか?。

  はい、それもこの時期だけですが。

そう、乾燥度合いの高いこの時期だけは、遠く南南西の方向に綺麗な三角屋根の、それも裾野に沿ってなだらかに水平を描くような輪郭の富士山が、上部4割程度雪に覆われた頭部から下部6割の裾野までくっきりと映っているのである。

  よってこの時期は早朝の通勤は楽しみでもある。

今日は綺麗な富士山が見えるだろうか。
大抵は、雲ひとつない快晴の日には概ね富士山は見えるのであるが、時折南南西方向に雲が掛かっていたり、富士山周辺の雲行きが悪いとこちらまで見えない状況の日もある。

  しかしこちらが快晴の日には概ね上記のような富士山が見えるのである。

但し、この冬晴れの時期だけだ。

  そして最近気がついたことがある。

それは、その富士山からその立ち位置で方向を西北西に視点を変えると、なんとそこには栃木の名峰である男体山がこれまた鬼の爪痕のような積雪を被って綺麗に映し出されているのである。

  いつもは綺麗な富士山に視点が集中していて気づかなかった。

しかし、ちょっとした気まぐれで体を回転させた折に見えた男体山もまた雄大であった。

  そこに純白の雪景色が重なれば最高であろう。

しかし今年はそのような雪景色は全く見られない。
それはそれで、当地としては幸せなことなのかもしれないが。

それでは当地から見える富士の姿をご覧ください。
7234cc707f234e4bb9a016b9587ce00f  

更に、西北西に見える男体山。
10c5a6234dde436ab4abe8615e55ff1f 

まさに、当地ならではなの冬の景色であろう。

  そしてまさに関東平野である。

特に、南方方面に関しては遮るものが何もないから、200km以上離れた富士山も上記のようにくっきりと見えるのであろう。

  しかしこの景色も3月に入ると徐々に霞に消えていくのである。

この時期ならではの冬景色。
満喫したいものである。






|

« 上野樹里の演技力 | トップページ | 見えない恐怖 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
富士山を間近に見るメンバーの方と同じ視点で富士山を見る機会がありましたが、全くあの画像と同じで見事な勇姿を店舗から見ることが出来ました。
あんな環境で暮らせるなんて羨ましいですね。

投稿: てっちゃん | 2020年2月25日 (火) 22時12分

スマホからの手振れで失礼致しました。
富士山には人を惹きつける魅力がありますね。
でした(笑)。

投稿: dadama | 2020年2月25日 (火) 19時56分

思わず地図を見てしまいました(笑)。
確かに関東平野の外輪部内でみ通しは効きますね。あちらの会では毎日直近で見るチャンスのある羨ましいメンバーもおりますがやはりふさ

投稿: dadama | 2020年2月25日 (火) 19時55分

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
人それぞれに思い出のある心の故郷と自然。
その景色は一生忘れないで心の中に生き続けるのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2020年2月24日 (月) 16時00分

写真が見たいなって思ったら最後に写真が出てきて、わかってるやん!って思いました。
男体山が綺麗だあ。

こっちは富士山は見えないけど大山なら見ます。

投稿: 第01肉屋 | 2020年2月24日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野樹里の演技力 | トップページ | 見えない恐怖 »