« 進む内食化 | トップページ | 真犯人? »

2020年2月29日 (土)

サジ加減

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のブログ。

  ミディアムという評価。

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-d1bd1d.html

  そこでの「k,k」さんからのコメント。

「スーパーに勤めていてミディアムを極めるのは目標だと思います、上も下も必要ですが、ど真ん中の値ごろ。中途半端加減を極めるのは一番共感を得る事だと」。

  私は応えた。

「サジ加減」というやつですね。

  サジ加減。

元々は料理において、鍋とか煮物とかの砂糖やだしを加えるときの「大さじ〜杯」とかの言葉から来ているのであろう。

  女房の料理のサジ加減は抜群だ。

更に言うと、私を料理する時のサジ加減は天才的だ(笑)。

料理の世界から生まれた言葉であるが、いつしか、何かを行うときのバランスや加減、配慮といった意味で使われるようになってきたのであろうか。

  サジ加減 = 匙加減

と書くらしい。

本来は料理の味付けの段階で、「ちょうど良いサジ加減」と言う使用法だったのが、
いつしか人間関係やマネジメントにおいて、「上司のサジ加減一つでどうにでもなる」と言うような使用法になり、人間の感情の機微を操るような人間の操作法のような使用法に進化?してきたのであろう。

  サジ加減とは人生そのもののようだ。

組織をマネジメントするリーダーが、その組織内のバランスを考慮し、誰もが納得するところで判断決断し着地点を探り、組織をマネジメントしていくと言う意味合いや、その場の状況を踏まえて今後の未来を予想し、最良の行動が取れると言う意味合いを指すのであろう。

  このサジ加減を習得する為に人生を歩むのではないだろうか。

そう思ってしまうほどに人生は難しいものである。

  若い時のサジ加減ほど失敗しやすいものである。

経験の無さがそうさせるのであるが、やはり加減と言う言葉に騙されてはいけないのだと思う。

  加減 = 手加減

そう受け止めたら、意図的にと故意にとかのように、相手を追い込んでやろうとか落とし入れてやろうと言う悪意的に受け止められがちである。
しかし、そこに無私無欲な姿勢が大切なのである。

  組織や相手の為に自分を投げ出すと言う姿勢。

そこに、組織の人間が寄ってくる根拠があるのである。

  サジ加減。

最後はそこに行き着きたいものである。







|

« 進む内食化 | トップページ | 真犯人? »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

ただのバイトさん、コメントありがとうございます。
欧米では狩猟が食材を獲得するメインであり、日本では農耕がメイン。よって欧米では肉を味付けする「塩」が生きていく上での重要な食材になり、日本ではコメの取れ高によって武士が格付けされてきたという歴史。
そして昨今のウィルス禍。
今再び、生きるための食材を扱う使命を再確認しております。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 8日 (日) 06時16分

類似した言葉に「塩梅」と言う言葉がありますね。当て字で「案配」とも書くようになりました。
昔は味の決め手が塩と梅酢だったからということですが、塩と言うのは本当に一振りでいい味にもなれば、ただ塩辛いだけにもなりますよね。

塩と言うのは古今東西、重要な食材で、中国の漢王朝は塩を酒や鉄と並んで専売制にしていますし、現在でもつかわれる色々な言葉の語源になっています。
塩はラテン語でサラ(sala)、英語のソルト(salt)の語源でもあります。サラダは塩味のあるもの、という意味です。
仕事をして得られらる対価、つまり給料を英語でサラリー(salary)と言いますが、これは古代ローマの兵士の給料が塩だったという説と、兵士たちが給料で塩を買っていたという説があります。
塩と給料って昔から密接な関係があるのですね!

投稿: ただのバイト | 2020年3月 8日 (日) 01時40分

k,kさん、コメントありがとうございます。
→少し足りないくらい、ぬけてるくらいが丁度いい
まさにその通りだと思います。
完璧な上司より普段は多少抜け気味の方がチームがまとまるものですね。
但し、今回のようにここぞの場面でのリーダーシップは重要でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2020年2月29日 (土) 06時33分

料理の中の匙加減。煮物などでピッタリの匙加減で最後の醤油を足すと冷めた時に濃すぎて辛かったり、鍋などで野菜や豆腐の水分計算しなくて薄くなったり匙加減は経験が必要ですね、現場でここまで出せば、切ればバッチリと思っても翌朝みると半分しか売れてなかったり指示の匙加減。ここまで指導すればピッタリと思っても周りは言い過ぎで引いて見られていたり(笑) 昔よく先輩方が(少し足りないくらい、ぬけてるくらいが丁度いい) その通りだと思います、若い頃はわかりませんでした。尖ってるのも程々にしないと。サジ加減は人生ですね。今日は小さじ1杯だけ抜いて仕事してきますよー

投稿: k,k | 2020年2月29日 (土) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進む内食化 | トップページ | 真犯人? »