« 売場の役割 | トップページ | 居心地 »

2020年2月20日 (木)

新米チーフの課題

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


担当者として一定の期間の基礎を積み上げていく。

  そして数年経つといよいよチーフ候補として名乗りを上げていく。

それは、担当者としてその部門の一連の仕事を一通りこなすことができ、人間的にも一つの部門の責任者としてふさわしい人格を備えているという判断の下に評価されていくのである。

  “あの人間ならチーフとして相応しいだろう”

そのような判断の下に人事異動が発令されチーフとしてあるお店に赴任していくのである。

  いわゆる新人チーフという位置づけである。

本人は当然のことながら希望を胸に赴任してくることになる。
能力的にも十分にチーフとしての資質を有しているのであるから、新任地に赴任しても十分に能力を発揮できるであろう。

  しかし、・・・ 。

チーフと担当者の決定的な違いとは?。

  所詮は担当者はワーカーとしての評価なのである。

よって、チーフという部門責任者ともなると、売場全般に関わらなければならないし、売場を管理する部下全員を把握しなければならないし、本部バイヤーとも直接に関わらなければならない。

  更には直属の上司である店長との関係も緊密となる。

特に人間関係の複雑化と綿密化は担当者の比ではないであろう。

  ここに担当者と部門責任者とのギャップが大きく感じられるところであろうか。

よって、従来であれば自部門の業績が悪化した場合でも、直接に自分が関わって業績改善を図ったという経験は皆無かもしれないが、チーフという立場はそれを許してはくれない。

  ストレートに業績改善を要求されるのである。

よって、ここからが本当のチーフ業のスタートと言えるのではないだろうか。

  自分の業績を改善させる仕事。

言い換えれば、このことが仕事の醍醐味とも言えるのである。
そして、新人チーフが一番大切にしなえければならないこと。

  それは「問題発見能力」である。

問題解決能力を問う前に、問題発見能力に注目すべきであろうか。

  そもそも問題を発見できなければ解決さえも無理な話が。

よって、正しい問題発見能力を身につけることから始めるべきであろう。

  正しい問題発見が出来たなら、あとはその問題を解決していくだけである。

それは、実際に実行を重ねていくしかない。
しかしそれも正しく問題を発見できなければ、無駄な実行のみを重ねることになり、正しい問題解決に至らない場合が多い。

  そこが新人のチーフに課せられる課題であろうか。







|

« 売場の役割 | トップページ | 居心地 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

ただのバイトさん、コメントありがとうございます。
特に昇格という場面での自分の場合を振り返っても同様のことが言えますね。
どうしても昇格ということから「評価」されたという自負と「その評価に応えたい」という前のめりの意欲がそうさせるのでしょうか。
しかし、ただのバイトさんがおっしゃる通り、特に新米チーフ時代や新人店長時代に必ず挫折するもの。そこで組織の定理を知るか知らないか、自分の懐を広げられるかられないか。そこで一皮剥け流ことが次へのステップになっていくのでしょうが、そこへは更にその上司のアドバイスやフォローが必要なのかもしれませんね。そしてそこに上司の後ろ姿が重要になっていくのだろうと思います。

投稿: てっちゃん | 2020年3月 8日 (日) 06時08分

僕が何人か見てきた新人チーフ(マネージャーとか主任とか言ったりします)の失敗談です。

彼らは初めての責任者として、むしろ情熱があり熱血漢で、何より結果を求めていました。
こんな売り場にしたい、もっと売りたい、と。
前任者ができなかったことをやりたい、自分の色を出したいという欲がありありと伝わってきました。自分なら会社に、業績に貢献できるという自信も持ち合わせていました。

ところが、とても大事なことを見落としていました。

彼らがパートさんたちに投げかける言葉は
「なんでできないんだ!」
「何度言えばわかるんだ!」
「いつまでやってるんだ、早くしろ!」
と言った批判と否定の数々でした。

次第にパートさんたちの心は離れて行きました。
「なんでこんな若造のいうことを聞かなきゃいけないの!」と、口を利かなくなり、挨拶すらしなくなりました。誰も指示に従いません。
結果的にチーフの方が孤立していき、退職や休職など、精神的に追い詰められて行くのは彼らの方でした。
あんなにやる気があって、会社にも貢献したいと燃えていたのに、最後は出勤するのも、お店の看板を見るのも嫌になるくらいになっていました。

「心が先、出来事は後」

人間関係とオペレーションは切っても切れません。この仕事はお互いに関係性を持ちながら一つのサービスを提供するので、絶対に分断することはできないのです。
人間関係(信頼)があってオペレーションがある、逆ではありません。順番を間違えると辛くなる。「理想を追求する」ことや「正しいことを指摘する」前に、一人一人の話を聞いて働く目的を共有することから始めなければならないのでしょう。
心の状態がよければ仕事のパフォーマンスが上がり、お客様からの信頼も積み上がり、結果的に売上と利益という数字が出て来る。
これがわからなくなると仕事は苦しくなります。
つまり楽しくなくなるのです。

投稿: ただのバイト | 2020年3月 8日 (日) 01時21分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
何事も逃げないということは重要なことなのでしょうね。
そしてその姿勢と行動が問題解決力を高めていくのでしょう。
そしてsakaeさんのチーフ昇格。
時間の問題とは思いますが、早くなれればいいということでもないと思いますよ。いずれそのチャンスは来るでしょうが、かっての企業以上にチーフに対する要求の高さは桁違いでしょうからそのギャップを体感した後でも十分かと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2020年2月20日 (木) 22時08分

私はただの担当者なので、偉そうなことは言えませんが、私が新米チーフに伝えたいことは、何か問題が起こった際に逃げるなということです。問題が起こった時にしっかりと問題と向き合い、解決に向けて動けるチーフになってほしいですね。
この意味はチーフにならないと分からないと思います。
蛇足ですが、私も早くチーフになりたいです。チーフの職位が羨ましいです。担当者は気楽ですが、負荷がなく張り合いがありません。

投稿: sakae | 2020年2月20日 (木) 20時00分

花子。さん、コメントありがとうございます。
チーフになると店長や本部のトレーナーからの仕事の要求、部下育成の要求が担当者とは比較にならないほど出てくるものです。但し、それらを含めても言い方や整理の仕方で、下に丸投げの人もいるでしょうしそこでしっかり整理をして更に部下が納得のいく指示の出し方をするチーフもいます。上司それぞれですね。

投稿: てっちゃん | 2020年2月20日 (木) 16時33分

こんにちは、チーフも色々と大変なんですね。
それなのにチーフにイライラときつく当たられても、チーフの大変さを思えばと少し思いました。

投稿: 花子。 | 2020年2月20日 (木) 15時36分

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
まだ見ぬ自分の未来像。
但し、チーフになってしまうと見えなくなるものもあります。だからこそ末端で働くところから従業員教育は始まっているのではないでしょうか。
よって今現場で現実に見えているものをしっかりと心に留めながら、チーフという地位になったときに見えるもの、逆に見えなくなるものを比較できることも重要だと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2020年2月20日 (木) 11時52分

k,kさん、コメントありがとうございます。
発注ミスをして大量に入荷した時ほど、販売技術を身に着けるチャンスでしょうか。但しそれも実際に自分なりの責任感を持ってなんとかしようとする意識の問題でもありますが、まずはそれは上司が示すことで部下も徐々に理解していくのだろうと思います。私もそうやって育ってきたしそうやって教えていったりもしました。
但しやはりそのことで業績に影響するという自らの責任感を如何に自分に受け止め行動するか、そこだけは本人の資質の問題が大きいかもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2020年2月20日 (木) 11時39分

k,kさんの内容はごもっともです。
誤発注。期限の長いものなら、いいけど、短いものだと、苦しくなります。
試食をすればある程度は気が紛れても、実際、試食を行えるほど容量が良くありません。いいわけですが、生肉を売れないといけないのに、加工肉の試食を行うのは、なかなかしません。「フライパンで焼くだけで簡単とは思うなら、今すぐやるべきだ」と、内容を書きながら頭からそう指令がきちゃっています。明日にでもしようと思います。
新米チーフにまだなってないので、今回のてっちゃんさんのメッセージをしかと心に刻み、
活かそうと心がける所存です。

投稿: 第01肉屋 | 2020年2月20日 (木) 10時05分

現在の部下は、可もなく不可もなくですが真面目で責任感もそれなりにあるので早くチーフにすべく色々と仕込みの最中ですが大事な事が欠けてるのです。商品は会社のお金で仕入れて
少し失敗しても自分の腹は傷みません。ですが単純なダブり発注をしたとき等に自己責任で工夫して捌く姿勢が無いのです。以前私が1と9を間違えて入力した時は青くなって必死に試食、売込み等をしてある程度捌きました。その姿を見せたからやってくれる? やりませんね(笑) 連休明けに生牡蠣のダブりがケースを埋め尽くしてました。2月に入って売れ数が減ってきたところに。それは誰もやってしまうことがありますがピンチを販売のチャンス!チーフが休みの日に異常値だしてびっくりさせて発注ミスを帳消ししてしまおうっとの考えはないようです。連絡くれれば、もしくは同期や自分の最初の上司に連絡して相談等すればいいのですが、そのまま100パックちかく消費期限も今日の商品。自分のミス、何とかしようという感覚も育てないといけませんね

投稿: k,k | 2020年2月20日 (木) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売場の役割 | トップページ | 居心地 »