« 与えられた器 | トップページ | アンテナを張る »

2019年12月10日 (火)

振り回されない

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、朝のラジオを聞いていた。

  そこで意味深い話が聞こえてきた。

人間の性格にはいろいろなタイプがあろう。

  その中で「怒りっぽい人間」とは。

そんなテーマでの話が続いた。

最近は少なくなったとは言え、やはり感情的で直ぐに起こりだす人間がいないでもない。

  そんな怒りっぽい人間とはどんな人間なのか?。

それに対して、そのパーソナリティの方は明快に答えていた。

  怒りやすい人は「場当たり的に生きている人間」。

しっかりとして自分の人生観を持たずに、その場その場の流れに流されながら生きている人間であるという。

  場当たり的に生きているということは。

それは、その場その場で振り回されながら生きているということである。

  その場その場に振り回される人生。

だから、自らが主導権を持たずに他人に振り回されながら生きているということでもある。
よって、常に自分の人生は他人に振り回されながら生きているということになる。

  俺は不幸な人間だ。

それも自分が主導権を持たずに、常に周囲に振り回されて生きているから、周囲で起こる出来事に常に振り回されることになり、よって全ての事象は自分に対して迷惑な状況であるように受け取ってしまう。

  全ては自らの人生に対しての一貫した姿勢が不在であることからくる弊害である。

自分の人生を一貫して人生観を持って他人に振り回されずに、自らのペースで生きている人。

  そんな人は周りに振り回されない。

よって、他人はどうあろうと自分がその状況に直面した時に自らの信念で行動できるのである。

  そこにあくまでも他人は登場ない。

登場しないから他人に振り回されることなく自らの信念だけで行動できるのである。
但し、他人との協力関係の上にこの人間関係は成り立っているのも事実。

  それも自らの人生観の中で構築しているのである。

だから、自分の存在は他人を通して認知されていることも人生観に組み込まれているから、他者との人間関係も良好に、そしてそこからの協力関係も引き出されながら世の中で活かされていくのである。

  自分の人生である。

他人に振り回されてどうする。

  自らの目標に向かって邁進したいものである。










|

« 与えられた器 | トップページ | アンテナを張る »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そうですね、皆さん達と接する中で時系列的に皆さんの姿や姿勢をトレンド的に見続けることが出来ましたが、そのほとんどの方はメンバー同士の交流の中で前向きに変わっていく姿を目にすることができました。
人は人によって変わっていくということなのですね。

投稿: てっちゃん | 2019年12月11日 (水) 10時03分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
同じ鮮魚出身者として、k,kさんが仕事上で厳しく接する姿は容易に想像がつきますよ(笑)。
おそらく追い求める理想の姿が詳細に見えるから、そこから導き出される部下への要求もより詳細なものなのだろうなぁ〜と想像できます。

投稿: てっちゃん | 2019年12月11日 (水) 09時55分

感情をあらわにする歳でも無くなりましたが最近イラッとくる事が増えましたかね。人生幾つになっても山あり谷あり。てっちゃん屋さん会のお陰でポジティブに考えるようになれましたよ(笑)。今の環境をバネにして最終章まで自分らしさを失わず暴れたいですね・・.周りは大迷惑でしょうが(笑)。

投稿: dadama | 2019年12月10日 (火) 20時57分

初めてチーフになって赴任した店舗の上司が怒りっぽい人でした。私の目にはいつも余裕がなく、自分のイライラを他人にぶつけているように映りました。その店長の異動が発表された時に喜んでいる人が多数いました(私もその中の一人でした)。
理由があって怒られるなら分かりますが、場当たり的に怒ってその後のフォローもなければ嫌がられるは当然だと思います。場当たり的に怒鳴り散らすほど、簡単なことはありません。そこで自分を律せるか否かがその人の器の大きさだと思います。
蛇足ですが、k,kさんが怒る姿を想像できないのは私だけでしょうか?

投稿: sakae | 2019年12月10日 (火) 19時10分

k.kさん、コメントありがとうございます。
k.kさんや元店長の場合は大義というか意図があっての叱りであり提案であると思われます。それと場当たり的に振り回されて怒りがこみ上げてくるのとは全く異なる性質なのだろうと思います。
そして元部下からの喜びの電話。
ようやく当時の厳しさが報われましたね。
「今の私がいるのはk.kさんのお陰」
それが一番嬉しい部下からの言葉ですね。

投稿: てっちゃん | 2019年12月10日 (火) 08時44分

前任店の店長はいつも怒ってましたね、周りに振りまされる?っというより自分の理想に100%近ずけたい為に毎日バックルームでは怒号が飛んでいました。ですがパートさん方は慣れたものでサラッとかわして普段の作業をしてました、不思議とよくある休みの人間の悪口は店長に向けて限定でした(笑) 童話のコートを脱がすために強風を送って飛ばすような上司。今思い出してもぞっとする方。まあ、当社はそういう店長クラスが過半数ですが(笑)
先日、元部下のS君から連絡があり4年かかって、やっと転勤でサブチーフになれると喜びながら電話がありました。彼が新入社員の時に預かりましたが仕事が全く出来ず、毎日叱ってました。ですがそれはワザと演技で叱ったつもりです。他人からは解らないだろうと思いますが間違えた作業に対して3回連続でやらかした時は腹から声を出して一発怒鳴りました。そのあとに説明をいれて今後どうしたら直るかを考えたりしてました。当時の部下も中途で他社から入ってきた元店長経験者ですごくフォローしてくれたので助かってました。S君も転勤を何度もして解ったことは私が最初に教えた魚に対する気持ち、想いがやっとわかったようです。(笑)他のチーフからも勿論教わって勉強になったとはいってましたが主婦感覚で自分で買い物してみて初めてお得、お美味しそう、作業の上手、下手を教えた私の気持ちが伝わったようです。お互い高校卒で当社では大卒には適わない。追従していくには武器が必要だからと言ったのも理解したようです。火が付くのが遅すぎですが最初に電話を私にしてくれたようで嬉しいです。 叱るのは成長を願って演技で一発。それ以外は穏便に暮らしたいですねー

投稿: k,k | 2019年12月10日 (火) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 与えられた器 | トップページ | アンテナを張る »