« 今年のクリスマス商戦 | トップページ | マスク問題 »

2019年12月27日 (金)

覚悟の時

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



さて、いよいよクリスマスも終わった。

  今年のラストスパートがやってきた。

毎年恒例のクリスマスから年末売場への大どんでん返しも終わった。
今日からは心置きなく年末商戦のスタートである。

  とは言ってもまだ27日。

年末商戦への盛り上がりの中では谷間と言えよう。

  しかし売場作りは着実に進行させなければならない。

まずは青果部門であろうか。

  当然入口はみかんの箱売りが壁となるほどの展開。

みかん箱売りは店舗によっては正面ではなく入口周辺の空きスペースでの展開の店舗もあるだろう。

  そして煮物、雑煮、おせちの材料の展開。

それら際物が動き始めるのも青果部門とグロサリー部門からであろうか。
そして、これからの日々が各部門事に主役を変えながら刻一刻と変化していくのである。

  まさに覚悟の時を迎えたわけだ。

それは、日々やることを妥協せずに徹底してやり尽くしていくことを求められる日々が続くからである。
そう覚悟しなければ、店長としても部門担当者としてもモチベーションを高め、そのモチベーションを大晦日の31日まで維持できないであろう。

  それだけ今日から31日までは日々が戦い。

27日という今日の段階はクリスマスと大晦日の谷間には当たるが、売場作りとい視点でみるとこの谷間に如何に準備を完了できるか、在庫管理を計画通りに進行できているかが問われる時。

  当然、生花の展開もスタートしよう。

そう考えると、年末商戦の序盤戦は青果部門とグロサリー部門が主役となるところからスタートする。

  クリスマスイブの24日。

日配の平台は夜に毎年恒例の大どんでん返しを行った。

  クリスマス商材からおせち商材への大転換。

更にはクリスマスの空気漂う店舗全般を、一気に年末バージョンに切り替えていく。
私はこの段階から「覚悟」という言葉が頭をもたげてくる。

  その言葉を念頭に置かねば乗り切れないから(笑)。

今まで飾りに飾ったクリスマスの媒体関連。
その媒体は11月から飾り始めたところもあるだろう。

  それら渾身の作を覚悟を持って取り払う。

そしてたかだか一週間程度の年末媒体に一気に切り替えていく。

  それらの行為も覚悟が必要であろうか(笑)。

いろいろな意味合いを持つこの時期。

  感情に振り回されずに淡々とこなしていくこの時期であろうか。







|

« 今年のクリスマス商戦 | トップページ | マスク問題 »

商売」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
そちらは煮豚用の豚ブロック肉がメインなのですね。やはり地域によって大きく異なるのが年末商戦。
そして苦しみ楽しみながらのレイアウトに知恵を注いで結果を待つ。
痺れるこの時期。頑張ってください。

投稿: てっちゃん | 2019年12月28日 (土) 06時10分

k,kさん、コメントありがとうございます。
生鮮各部もチーフ1名体制のお店が増えてきましたね。
それでも年末商戦は戦わなければならない。そのためのバックアップを本部では用意してくれているのでしょうか。普段はルーティンとしてやれていることが年末商戦ともなるとルーティン以外の作業ばかりになってくるのでやれる範囲が限定されてしまいますから、後はマンパワーの世界でしょうか。
何れにしても徐々に鮮魚部門の売上が急速に高まるタイミング。頑張ってください。

投稿: てっちゃん | 2019年12月28日 (土) 06時07分

どこのお店も入口入ってすぐのところは青果の縄があってミカンがあってあとは全体を見渡せる高さに調整されたフラット空間が広がっています。
そこから、鮮魚なり、寿司なり、総菜なりが広がり中間に精肉があって、飲料が回ってきます。
今のところまだ完全お正月売場にしている感じは青果のみで、鮮魚、精肉は少し迎春POPが売場に付いている感じです。
明日からトップで煮豚を展開する予定なので、少しでも他社と比較し、どういう感じにするか見てきましたが、生ブロックにネットをして販売したり、生ブロックに草リリーフを付けて販売したり、単価を落として販売したりが目立ちました。
煮豚のブロック肉で販売は国産は使わず、外国産を使い、味のわかりやすいものをしゃぶに回す予定です。煮豚になったものをその場で食べれる出来立て煮豚も同時に販売し、試食も実施し売る予定で考えていますが、それでも弱い感じが思え、SKUを絞ってトップは煮豚用の生ブロックと煮豚の2展開で行くか、上段に加工肉980円台を一緒に展開して売るか悩みます。
レイアウトを考えるのが悩みならも、楽しいです。

投稿: 第01肉屋 | 2019年12月27日 (金) 19時48分

今年最後の休みを頂いております。

今年は本当に覚悟の年末です。

諸事情あって年末の数値計画が適当になったこと。

熟練から3年目の若手がサブについた事もあり正に覚悟が必要です。

っとはいえ昨年の細かく記載した日記のような日別の反省を読んで、最近の肌で感じた売れ筋の差を感じて五感を働かせて数値計画しました。

それと人員が2名少ない。 

対策で前日にインストア以外は出していく。自分でまな板につく。それでギリギリです。 何とか乗り切っていきたいものです。

投稿: k,k | 2019年12月27日 (金) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のクリスマス商戦 | トップページ | マスク問題 »