« 21幕後座からPart2 | トップページ | 競争意識 »

2019年11月21日 (木)

共有できたこと

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、こんなブログを書いた。

  「共有」。

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-b40a9c.html

  自腹で遠方から集まる要因を共有すること。

その要因を深掘りすること。

  それは非常に大切な今回の私なりの項目だった。

何故か?。

  組織力を追求することになるから。

組織力とは「求心力」とも言い換えれるのではないだろうか。

  組織の中心に纏まろうとする力。

その力が強ければ強いほど、黙っていても人が集まってくる。

  そこに組織の強さ、固さ、大きさが決定していくのではないだろうか。

当然、この会は営利を目的とした組織ではない。
個々人が無償で集まる自主的な会であり、組織としての体も成していないであろう。
Facebookとしての参加人数では200人を有するが、常にこの会の催し物に集まろうとする仲間は50人前後であろうか。

  とりわけ巨大な組織ではまったくない。

しかし、自分の都合が合えば無償で自腹で集まってくるメンバーが多い。

  そこにこの会の本質があるのだと思う。

無償で自腹であるが故に、自ら学ぼうとする姿勢はハンパではない。
そして、その本質は何に由来するのか?。

  それは自らが属する組織では得られない価値があるのだろうと思う。

自らが属する組織とは自らが所属する営利企業であり、そこにはどうしても経営理念が存在し、同じ理念に集う組織のメンバーと共に仕事をすることになる。

それはそれで、同じ想いを持つ仲間と日頃から仕事を通して同じ職場で屋根の下で働くのであるから、考え方や行動まで似たり寄ったりとなっていくのである。

  そこにはメリットもデメリットも存在するもの。

同じ理念であるから非常に効率の良い作業がとり行われ、どこの店舗でも同様の結果としての売場作りがなされていくのである。

  しかし逆を言えば殻を破れないというデメリットもあろう。

そんな時に、その組織の殻を飛び出してこの会に来ると、自分と同様の志を持つもの同士が集い、そこに自分と違う価値観やフォーマットを持つ仲間との会話の中から、自分の位置付け存在を確認でき、更に自分の立ち位置を認識し、新たな視点で物事を見る目を養うことが出来るのだろう。

  そこに気付いたメンバーが黙っていても集うのである。

それが今回、この場に身を置いた時に色々な方から放たれた言葉なのである。
そして、それがこの会の求心力であり、いつまでもそれぞれのメンバーにとってそんな存在価値を提供し続けられる組織でありたいものである。

  人は誰も自ら身を置く組織自体を離れることはできない。

しかし自らの意志でこのような外部組織に参加してみる。

  企業の意志ではなく自らの意志で参加するという前提。

そこに自らの参加意識が自らを変えてくれるのであろう。
またそこに、自分には無い気付きを得ることもでき、素直にその違う文化を受け入れ自らの懐を深めていくことが出来るのであろうと思う。




|

« 21幕後座からPart2 | トップページ | 競争意識 »

「てっちゃん会」」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
確かに一大事ですが、今の時代、自社に何が起ころうとも不思議ではありません。生鮮を主体とするスーパーが消滅することはないでしょう。合併により、より強固な企業基盤と労働環境の改善が進むと良いですね。

投稿: てっちゃん | 2019年11月22日 (金) 06時44分

一大事が起きました
会社が合併しました。

投稿: 第01肉屋 | 2019年11月21日 (木) 21時42分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
企業の枠を自らの意志で飛び出してくるわけですから、それ相応の覚悟を持って集まってくるのでしょうね。
その覚悟が企業を変えたり自らの生き方を変えたりという勇気と実行力として自らの行動を変えていく。
その勇気をどこから得るのか?。
それが今回の答えだったのかと思っています。

投稿: てっちゃん | 2019年11月21日 (木) 15時08分

会社の方針に満足出来ずに自ら飛び出たメンバーが多いのでしょうが中には会社を変える可能性が秘めるメンバーもいるし自らの人生を変えるメンバーもいる。一度の人生、なにかをやり遂げたり成し遂げたい思いが企業を垣根を越えて情報共有する原動力になっているのでしょう。
自らの利益や保身だけの集まりだったら私はもう卒業の歳ですよ(笑)
人生まだまだ半ばだし中途半端。なにがしらの答えを見つけるために幕の続く限り顔を出して元気を貰いに行きます。

投稿: dadama | 2019年11月21日 (木) 12時25分

りっちゃんさん、コメントありがとうございます。
あくまでも地下組織ですから(笑)。
そして参加団体の勉強会はある意味企業の枠を超えた意見交換ができるのがメリットですが、どうしても団体の大枠の考え方に縛られるキライはありますので全くのフリーな立場としての意見交換というわけにはいきませんね。

投稿: てっちゃん | 2019年11月21日 (木) 11時37分

九州の片田舎だとFacebookでも情報は限られます、やはり現場をみないと
この業界は縄張り意識が強く、この会の有り難みは遠くから参加する意味はあります。
しかし組織内で大っぴらには中々言えません
昨日から参加団体の勉強会に会の方が参加されていますが、弊社の人間に紹介する際は
過去の勉強会での知り合い😰
と言ってしまいました。

投稿: りっちやん | 2019年11月21日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21幕後座からPart2 | トップページ | 競争意識 »