« 人たらし | トップページ | 突然のお客様 »

2019年11月 4日 (月)

禁句

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



ロス対策。

  重要ではある。

この業界では、最終的には売上よりも荒利額。

  売ってナンボの前に儲けてナンボ。

その儲けから自分の給与が与えられるわけであるから、最後は儲けてナンボの世界ではある。

  しかし、それと同時にこの業界は日々生きているのも事実。

生きているということは、日々製造される商品群に日々来店されるお客様が購入するという行為が、その日の売場の状態で刻一刻と変化していくということである。

  一度確立したお客様の信頼などすぐ吹っ飛んでしまうということだ。

よって、過去の売上などなんの保証も無く、いつ何時お客様がぱったりと来店しなくなり、いつ何時売上がバッサリ落ちていくかもしれないということである。

  売場も売上も生き物と同じ。

だから、気を抜くことは出来ないし、気を抜けば客数も売上も落ち込み、気を抜かずにコツコツと維持継続していけば必ずお客様も売上もついてきてくれるものである。

  そこで需要になってくるのは強気な売場を維持し続けるということ。

決して弱気になってはいけない。

  弱気になるということはロスを最重要課題とすること。

売上よりもロスを最重要課題として捉えてしまうと、それは毎日来店されるお客様に必ず見透かされてしまうもの。

  見透かされたら最後お客様はいつの間にか現象していくもの。

これが、売場は生き物という意味である。

  日々、刻一刻と売場は生き物のように変化していくものだ。

だから、ロスを最大の課題として行動してしまえば、必ずそれは客数に連動し買い上げ点数に連動し、結果として売上に必ず連動して減少していくものである。

  「ロスを口に出すのは禁句」

私はそう思っている。

  口に出さざるを得ない場面もあるだろう。

しかしそれは最優先でロス対策をするということではなく、本当に無駄なロスを詰めるという意味で部下に話をするようにしている。

  そこを捉え違えると売場は死に体となっていく。

そしてロスという言葉ではなく、単品でロスを語らなければならない。
単品でロスの改善という話には、具体性があり、対策が絞られるから大きなダメージには至らない。

  しかし単にロスを減らせというと売上減に直結する場合が多い。

それは、ロス対策が最優先の解決事項になってしまうからである。

  ロスを減らせ。

これは禁句であると捉えるべきであろう。







|

« 人たらし | トップページ | 突然のお客様 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
ロスはロスでもチャンスロスは口を酸っぱくしてでも言い続けるべきでしょう。
そしてその延長線上に過剰在庫というステージが待っているというもの。その段階になって初めて売り切る努力という凄まじい知恵の絞り込みが始まり、そこからが本当の成長になっていくのでしょうか。そう考えると、商売とはやはり勢いと言い換えることができるのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2019年11月 5日 (火) 00時09分

りっちゃんさん、コメントありがとうございます。
来週は久しぶりに楽しいお酒が飲めますね。お互いの近況を語り合いましょう。
但しりっちゃんさんと飲みながらの解決策は期待しておりませんので悪しからず。
お互いに酔い潰れぬよう、願うばかりです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2019年11月 5日 (火) 00時05分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ロスは結果であって初めからの目的ではないということですよね。
まずは売ること、そして売り切ること。
それ以前にチャレンジする目標を持つこと。そしてそれを継続していくと当初のロスが売り切ることでロスが減少していくというストーリー。
よって無駄な発注をなくすことよりも、発注してしまった数量を売り切る技術を身につけていくことによっていつしかロスが減少していくという筋道が大切でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2019年11月 5日 (火) 00時01分

うわ。。
俺結構頻繁にチャンスロス、チャンスロスしてるって発言してるよ。
今回のは私にも耳が痛い話題だ。
バイヤーからは「強気な売場を維持し続ける」
これをよく言われますが、毎度のこと鮮魚が防衛に回って、あえて作らない売場をするので集客は減る一方で精肉に人が溜まるから、補充が手一杯、プラス人手不足で、瀕死状態です。

ロス対策よりも、売上対策と単価の高い商品300円~500円ランクを1点でも多く売れですす。

投稿: 第01肉屋 | 2019年11月 4日 (月) 22時58分

お久しぶりです(笑)
今回耳の痛い話題です
役20年振りの売場でロスばかり目につきます、パートさんに加工品の発生を任せているのですが、人により発生品の好き好き?
があるみたいで何アイテムかがいつも過剰発注、ロスの繰り返しで
個々に注意すると差別といわれかねず
悩んでいます、来週飲みながら解決策をと

投稿: りっちやん | 2019年11月 4日 (月) 20時58分

ロスは商品に対する思い入れ具合によって大きく変わりますね。
自分で仕入れた商品は必至にお金に換える。本部商品は他人事(笑)。
ロスは結果としての数値ですから結果に至る過程にメスを入れる事が
大切でしょうか。単にロス額を減らせだけだと売上と利益額も減ってしまいますら。

投稿: dadama | 2019年11月 4日 (月) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人たらし | トップページ | 突然のお客様 »