« 再び精肉 | トップページ | 全社1位を目指す »

2019年10月27日 (日)

新ドラマから

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


10月の新ドラマが続々とスタートを切っている。

  9月に記載した10月ドラマの案内。

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-f987ef.html


  ここで記載した「ハル〜総合商社の女」が面白い。

主演は中谷美紀と藤木直人。

  かって「私結婚できないんじゃなくてしないんです」で共演した二人。

その時は、アラフォーの中谷美紀が料理人の藤木直人から恋愛指南を受けるという展開であったが、今回はかっての夫婦が再び出会って、総合商社で上司と部下としてそれぞれの役を演じるという設定のようだ。

9月のブログの記事でも、爽快な中谷美紀の役所が面白そうと記したがどうなのだろうかという期待の下に見てみた。

  ドラマは総合商社の説明から入っていた。

日本の総合商社とはエネルギー業界から飲食業界、そしてエンタメ産業やアパレル産業などなど、様々な事業を手掛ける大規模な総合商社である五木産業が舞台。

  日本の商社で言えば「三井物産」とか「三菱商事」といったところであろうか。

日本の総合商社の知られざる実態も見えてきそうなドラマ設定ではある。

  そして第一話。

海外で働いていた中谷美紀(ハル)がヘッドハンティングで五木商事に入社。

  最初の仕事はラーメンチェーンの立て直し。

立て直しというより経営企画部では、副社長(奥田瑛二)の意向もありラーメンチェーンからの撤退を余儀なくされていたが、一人中谷美紀だけが異議ありの挙手をして、現状把握に乗り出す。

  半ばダレかけていた経営企画部の雰囲気を一掃するようなハルの行動。

そして、言った。

  「仕事を楽しまなくちゃダメでしょ!。」

利益重視で、現場の数値だけで経営判断する経営企画部の仕事への取り組み方や姿勢に対して、もっと仕事を楽しくワクワクドキドキなチャレンジが大切と自ら行動するハルの姿勢にはある意味爽快感と、我々業界の現場の空気とが重なって見えたのである。

  「楽しくなければスーパーじゃない」

このブログのサブタイトルにもあるように、仕事とはまさに働く人間たちと来店するお客様が楽しむ場であると思っている。

  それを地でいくような台詞と内容であった。

“このドラマは気分爽快になるに違いない”

  そう確信できるドラマのような気がしたのである。

更に来週からが楽しみである。







|

« 再び精肉 | トップページ | 全社1位を目指す »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。
当社も11月にストレスチェックを予定しておりますが、管理者(店長)は対象外なので自分のストレス度がどの程度なのかも不明です。
但しkazuさん同様にストレス度はゼロでしょうね(笑)。
問題は自分の部下のストレス度がどうなのかをチェックしてみたいですね。

投稿: てっちゃん | 2019年10月27日 (日) 22時07分

kazuです

「ハル〜総合商社の女」は見ていませんでした。
会長の紹介文を拝見しているだけでも「見たい」と思ってしまいました。
我々サラリーマンにとって企業系のドラマは癒しになりますよね。
上司にさからって、会社と逆行して成功をして行き、後に評価される。
なかなか怖くて行動できないことがドラマでは叶えてくれますもんね。

でも「仕事は楽しく」だけは心がけています。

ちなみにですが、先日弊社で実施された「ストレスチェック」ですが私の結果はストレス0でした。
なんだかサラリーマンとしてちょっと恥ずかしいかも・・・

投稿: kazu | 2019年10月27日 (日) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び精肉 | トップページ | 全社1位を目指す »