« 変化と基本 | トップページ | 秋バテ? »

2019年9月19日 (木)

新入社員への対応

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、コメントネーム「やくた」さんからこんなコメントが入った。

  「新入社員に対してどんな指導をしているのか?」

意外にもこの課題に対してお悩みの店長は多いのではないだろうか。

  世代間のギャップ。

一言で言ってしまえばそうなのだろうが、その一言では片付けられない現実がそこにはある。

  一度入社した新入社員は絶対に辞めさせない。

おそらく、そんな通達が人事やトップから発せられているのではないだろうか。
このご時世で当社に入社してくれるまでに、人事担当者はどれほどの苦労を配してきたか。

  それは人事担当者になってみなければわからない。

そして同時に店舗のパートさんの採用と配属に関しても同様のことが言えるであろう。

  “どれだけ苦労して採用したと思っているんだ!”

採用者からすれば、せっかく採用したのに現場で簡単にやめさせやがって、という想いはあるだろう。
しかし現実には、自社の店舗での仕事のマニュアル通りに指導しようとすれば、受け止める新入社員にとっては入社前の研修やトップ、人事の説明とは裏腹に非常に決め事が多く働きづらい環境に思えてしまうのものであろう。

  その狭間に立つ現場の店長の苦労も計り知れない。

それでは、現場の店長として新入社員をどう受け止め、どう付き合い、どう指導していけば良いのであろうか。

  とは言っても、店長としての立場、部門としての立場も異なるものだ。

店長という組織のトップとしての新入社員の受け入れ方も以前とは大きく異なってきているであろう。
それは、店長やチーフ達の意識の部分で大きく異なってきているのではないだろうか。

  一度入社した新入社員は絶対に辞めさせない。

そんな不文律がトップや人事との間で交わされているからであろうか。
しかし私は新入社員の受け入れに関しては、トップ、人事、店長、部門チーフでそれぞれに異なるべきであろうと思っている。

  トップの考え方に共感して入社を検討する。
  人事の熱意とコンタクトに惚れて入社する。
  店長の現場での環境作りに信頼関係を得る。
  チーフの働く姿勢に自分の未来を想像する。

新入社員が自社を入社し、就業を維持するまでには上記の流れがあるように思われる。

  そこで現場の店長の役割とは新入社員の環境作りとなる。

要は、新入社員の居場所を作ってやることだ。
おそらく新入社員は店舗に配属されるや否や、部門にどっぷりと浸かってしまい、店舗内での自分の存在や周囲との人間関係も希薄なまま店舗内の放り込まれることになる。

  かってはそれでも店休を利用して合同のリクレーションがあった。

バスハイクで仕事を離れて店舗内の従業員と酒を飲みながら出掛けては、そこでバーベキューをやったり運動会をやったりというイベントが多かった。

  そこで部門を飛び出した店舗のつながりを持つことが出来た。

しかし店休のない現代ではそのような店舗内でのつながりも皆無であろう。
そしてむしろ新入社員ほどそのような業務を離れたつながりを遠ざける気質がある。

  とは言っても部門内の閉じ込めておくと孤独感が自分を襲ってくるもの。

私が以前、新入社員が多く配属される店舗にいたときは、新入社員だけを集めて抽選会の準備と実行をさせたり、遊びの企画を建てさせたりと新入社員だけで自分達で話し合って色々なイベントを運営させることによって、新入社員同士の連帯感を持たせるような環境を作ってやったりもした。

  縦割りの部門から横割りの同期の桜同士のつながりの強化。

このようなつながりを持つことによって、仕事上の悩みや恋の悩み等のプラベートな話の出来る仲間を持てる環境を積極的に作ってやったが、このような同期の桜を持つと、意外に退職率は減少するのではないだろうか。

  同期の新入社員が少なければ同年代同士の組織を立ち上げるのも良いだろう。

そんな環境に置かれると、自然に仕事以外のプライベートな関係も構築でき、組織内での自分の存在意義が高まり、今の環境から如何に改善して明るい未来を構築してみようとする意欲が湧いてくるものである。

  店長とはそんな環境作りの構築が店舗内で必要なのではないだろうか。






|

« 変化と基本 | トップページ | 秋バテ? »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

k.kさん、コメントありがとうございます。
かってはこぞって数十人〜数百人レベルで新入社員が入社してので仲間づくりは比較的楽でしたが、現代では数十人レベルの入試者でしょうから新入社員同士の仲間作りも確率的には非常に難しいレベルになったのでは無いでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2019年9月20日 (金) 22時50分

言葉は悪いですが新人とっても定着するか否かで歩留まり?含みで採用してるんでしょうか。20年前位はそうだったと思います。
あくまで推測ですが。 確かに個性的っというか自分中心君が最近は多い気がします。 
先輩の仕事(雑用)も自らかってでる子もいませんねー 空気読むどころか逆に俺、私の空気(オーラ)を読め!って言いそうですね(笑)
運動部出身でそこそこ厳しく躾られた子たち等は、やはり違います。学校教育が、また現代の家庭環境がそうしてしまったような気もします。
初期の金八先生のような教えをしても響かないでしょうね。「なんか語ってるぞ、くそじじい」っといわれそうな。
新人の居場所をつくりクリエイティブに今後のスーパーを語り合えれば最高ですね、期待します 

投稿: k,k | 2019年9月20日 (金) 21時17分

第01肉屋さん、コメントありがとうございます。
まさに負の連鎖ですね。
早々に解消されることをお祈りしております。

投稿: てっちゃん | 2019年9月20日 (金) 06時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
当たり前ですが、年数を重ねるごとに変化対応力は勝手に身につくものですね。
逆に言うと、入社以来ようやくこの業界でやっていこうと思えるようになったのは3年が経過した頃でしょうか。仕事に対する慣れと自信によってようやく覚悟ができたような気がしますね。

投稿: てっちゃん | 2019年9月20日 (金) 06時33分

すんません。
居場所がない、ふざけたほど糞真面目な仕事馬鹿です。
仕事が楽し過ぎてソロで溜まりません。
パートが次々とダウンして、ついにはパートが1日1人以下の体制で回してます。
新入生入ってほしいです。
このままじゃ休みがなくなる。
俺主任じゃないのに

投稿: 第01肉屋 | 2019年9月19日 (木) 21時44分

私も色々とあったもののこの業界で入社し定年を迎えました。バブル時代やリーマンショック資本提携、吸収合併と色々な経験をさせて頂きましたが(笑)。食を通してお客様と繋がっている事は時代が変わろうと普遍ですから。
人間の基本的欲求である「食欲」を如何に満足させるのか?このテーマを追求するだけでもスーパーはとても奥深い業種であると感じています。人材不足等何かと厳しい業界であるのも事実。しかしながら人間味溢れるのがこの業界の素晴らしい所じゃないでしょうか。
パソコンに浪花節や融通はありませんから(笑)。

投稿: dadama | 2019年9月19日 (木) 18時27分

やくたさん、コメントありがとうございます。
昨今は働き方改革と称して、無駄話をせずに淡々と業務をこなし、定時で帰るとい風潮が蔓延しているようですが、それでは益々殺伐とした仕事場となり、人材が定着しない環境に悪化していくように思えるのです。そしてこのように書くと時代が違うという方も必ずおられるのですが、時代を問わず組織とは人間関係という普遍の道理の上に存在する社会であると思っています。そしてそれを踏まえた上での働き方の改革にしていかねば、本当に脆い組織で成り立つ企業であり組織になってしまうと思うのです。
よって、現場ではもっと固い組織を目指していかねばならないのではないかと思っているのです。
我々ベテラン社員は新たな赴任先でも自分の居場所を早々に作れるのですが、新人や若手ほど自分の居場所を見つけにくいもの。そこに是非着目してほしいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: てっちゃん | 2019年9月19日 (木) 10時03分

読ませて頂きました!
ありがとうございます!

私は今30才農産課チーフです。
20代前半の人達との世代間ギャップはかなり感じるようになりました。
私もゆとり世代と言われ、上司によくいじられるのですが(汗)
私の時とはまた違った感性を持っているようです。

私はあまり褒められる事が無く(自分が悪いのですが)、結構な勢いで説教をして頂きながら、仕事への取り組み、社会の厳しさ、自分の考えの甘さ、などを気付かされ、その中で一番下にはいたくないと思い、また、上司の姿を目指してやってきました。
なので、新入生には将来必ずしんどい時が来るから、最初から楽をさせてはためにならないと考え、理由を話しながら(私の時は理由を言われた事があまり無いですが)指導しているのですが、新入生に理由を説明している時には頭の中が怒られる!でいっぱいになり、肝心の理由が入っていかず、また同じ失敗をしてしまう…(汗)という状態です…(汗)
新入生全員が同じでは無いと思いますが、2年連続で同じタイプが来たという事は、増えてきているのかな?と感じます(汗)
だからと言って見捨てる訳にもいかず、周りに相談すると決まって、あまり詰め込まず楽しく仕事させてあげれば?と言われますが、そのさじ加減が難しいです(汗)
ですが、てっちゃんさんの言う通り、私は仕事を出来る様にする事だけに注力し、居場所を作る事は全く考えていませんでした…(汗)
もしかしたら私自身も気付かない内に、まわりの人に居場所を作って貰っていたから今があるのかもしれません(汗)
今後は居場所、横の繋がりも導いてやれる様に、視野を広げていきたいと思います!

わざわざ書いて頂きありがとうございました!

投稿: やくた | 2019年9月19日 (木) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変化と基本 | トップページ | 秋バテ? »