« 部下の名前 | トップページ | ベーカリーの異常値 »

2019年8月 8日 (木)

上司の笑顔

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



先日のブログの記事。

  「人心を掌握する」。

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-676924.html

この記事に対する「k.k」さんのコメントに触れてみたい。

  「部下だけでなく店長副店長の笑顔を増やしたい」

上司が部下の笑顔を引き出すことを目的化するのであれば分かるが、部下が上司の笑顔を引き出すという目標。

  素晴らしい部下の目標ではないか(笑)。

かって「k.k」さんは部下のやる気を引き出そうと必死であった。

  しかしなかなか空回りばかりで部下には響かない。

しかしある時、こんな記事に反応して部下との接し方を変えてみた。

  「人は体験からしか学べない」 2019年6月21日の記事

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-703f64.html

  そこで出たコメント。

「先日の話の反省から今日の刺身は若手に計画から全部やらせてみました。
天気チェックと売り場在庫等含めて。一人で十数万円切り抜きました。
朝も早めに来たし昼も早めに戻り計算しながらやり抜きました。流石に褒めました(笑)
先ずは、やらせる。彼にとっても経験値上がったと思います。勉強になりました!」

  従来のコメントとは大きく異なるものを感じた。

それまでは、どうしても自らの率先垂範はあるものの、部下がやる気を起こしてくれない、定時で帰宅する、仕事に興味を持ってくれない、等々の愚痴の多いコメントが大半を占めていたのだが、この記事からの「k.k」さん、コメントの内容が大きく変化した時であった。

そして次のコメント記事が以下の通り。

  「自然の結末」 2019年 7月3日の記事

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-81ce76.html

  そこで出たコメント。

「いちチーフでは偉そうな事は出来ませんが、部下に売りたい魚、やり方を曜日を決めてやらせる事にしました。
自企業のやり方だけでは幅がないので他企業見て良いなと思ったのはどんどん提案して行けと。
コンプラだけチェックしてやらせます。失敗したら何で取り戻すかを一緒に考えてみます。
いつまでも担当ではもったいないので。多少パワハラになるかもですが愛情持って教えます。」

  そして今回の「人心を掌握する」のコメント。

「先月は部下をのせて仕事をさせてウナギが昨対でボロボロでしたが他で仕掛けたので予算、昨対もクリア出来ました。全
店でも2割までありません。(笑)
平ケースを特定の曜日に預けました。もっと切りたい、作りたいがあってロスは多大に出ました。
自ら夕市の量を増やしたようで私の休みの日は予算はほぼ100%クリアしてくれました。
特にコンプラ絡みの失敗もなく安心ですが同時にロス対策、粗利対策に私が廻ってます。(笑)
売り上げはハレの日のみ注意して見て、あとはテーマ、ストーリーがある売り場を教えていきます。
最近部下たちの顔に笑顔が増えたかもです。
次は恐れおおいですが、店長、副店長の笑顔を増やせれば最高ですね。
水面下で動いてみます。」

  部下が確実に育ってきた証であろう。

そして同時に、部下への視点と同時に今度は自分の上司に対しても上記のように店舗を盛り上げようとする思考に進化していくのである。

  上司への思考。

これが上司だけへの思考でしかなければ、結局は部下からの信頼は得られない。

  “上司に媚びへつらう自分の上司”

そしてそれは部下をして、「組織で仕事をすることの間違った方向性」を与えてしまうことになる。
しかし、今回の「k.k」さんのように自分の部下の仕事への熱意を育てると同時に、上司の顔色を伺うことではなく、単純に上司の組織内での笑顔を引き出すことへのトライが始まろうとしているのである。

  ぜひ、成功してもらいたいものである。







|

« 部下の名前 | トップページ | ベーカリーの異常値 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

sakaeさん、コメントありがとうございます。
上司自身が仕事を楽しむ。
仕事を楽しいと思うか辛いと思うか。
この差は歴然でしょうね。
どうせなら、仕事を楽しみたいもの。
そして人生も楽しみたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2019年8月21日 (水) 08時45分

昨日、k,kさんのお店を神出鬼没してきました。
k,kさんは売場がスカスカとおっしゃっていましたが、全然スカスカではありませんでした。あちらの会のメンバーのあるべき売場のレベルは高過ぎです。
k,kさんに話を伺ったのですが、時折みせる笑顔が素敵で仕事が充実していることを物語っているように思いました。また、上司が笑顔になるためには上司自身が仕事を心から楽しむことが不可欠だと実感しました。
笑顔、大切ですね。

投稿: sakae | 2019年8月20日 (火) 19時31分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今回の会津の若者の行動力にも貪欲さを感じますね。全てのメンバーの店舗を漏れなく見て回る姿に、更に自らの知見を広げているのではないでしょうか。
そしてまた明日一献の予定のような(笑)。

投稿: てっちゃん | 2019年8月 8日 (木) 17時56分

人に影響を与えるですかわ・・・悪影響でなければ良いのですが(笑)。
話題からちょっと逸脱して昨日会津の若きメンバーと一献を交わしたのですが、彼曰く「あの会が私の人生を変えました!」と。
「そうかー、では100幕まで頑張って頂いて多分80幕前後には私は成仏してるから線香の一本でも宜しくね」と(笑)。
当事者が暗中の模索で心折れかけている中、逆にしっかりしなきゃと励まされたれましたよ。
若者の成長を見守りながら、老いても負けてはいられませんね。

投稿: dadama | 2019年8月 8日 (木) 16時15分

k.kさん、コメントありがとうございます。
数値が良いのはいろいろな要因が重なった結果ですが、売場に売れる商品がタイムリーに陳列されることが最大の要因でしょう。その要因は現場の人間達の行動からくるもの。そこに一人一人の仕事への情熱と意志が重要となってくるのではないでしょうか。それをコントロールするのがリーダーであり上司の役割。
8月は正念場の月となるでしょう。
しかし活気のある現場には無縁の世界。
ぜひk.kさんのリーダーシップで乗り切ってください。

投稿: てっちゃん | 2019年8月 8日 (木) 06時43分

ありがとうございます、お恥ずかしい限りです。多分 俺が!俺が!っとの感情だったんですね。そこから皆でどうにかしように変えたんです。肩の力抜いて見渡すと色々見えてきます。経験不足は言って聞かせるよりもやらせて小さい失敗沢山させないと実感出来ませんね。部下はどう思ってるか解りませんが。それとライバルが偶然に現れました。人事異動で多少の変化あり下剋上も始まりました(笑)出来たらおおらかに褒めて失敗は何故起こったか聞いて、私ながらの見解述べてます。私自身料理好きで買い物が好きでよくスーパーに行きます。人間ウオッチャーなので従業員も客も見てます。変なオーラも感じます。だから自分なりの説明も加えられます。もう年だし偉くはなれそうもないので、てっチャン店長さん、dadamaさんのように人に影響与えられるよう。小さな取り組みから始めてみます。あとアチラの会で相談、ボヤキから新たなヒント問題は頂いてます!特にmiyaさんのコメントは毎回ピッタリハマります。 ありがたいことです。 店長副店長の笑顔探しは媚売ることではなく自分の意見言いながらもお互い気持ちよく仕事出来るように何か行動してみる事。簡単ではないですがやり方探してます! 数字が良いのは偶然かもです、粗利は問題だらけですが(~O~;)  トレーナーも他店での不振立て直しに必死なので自店には来ないのも良いのかもですね!  特集恐縮です。ありがとうございます。

投稿: k,k | 2019年8月 8日 (木) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部下の名前 | トップページ | ベーカリーの異常値 »