« 嫌味 | トップページ | 最終コーナー »

2019年6月27日 (木)

成功したいなら

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


成功と失敗。

  一回勝負で捉えればどちらかに評価されるのであろう。

しかし、長い人生、長い商売、長い一年という見方をするならば、失敗は成功の素であるしその場の成功が永遠の成功かといえばそんなことは全く無い。

  成功失敗を繰り返しながら長い人生を歩んでいくのである。

そして、そう考えるのであれば成功も失敗もないし、やった回数が多ければ多いほど成功への道を確立していける可能性が高まるというものであろう。

  だから、成功や失敗で一喜一憂しても対して意味は無いのである。

意味が無いというよりも、失敗は次へのステップであるし、成功も次へのステップでもある。

  そう考えて成功への道筋を色々と経験すべきなのであろう。

そう考える、長い人生において結果的に成功と言えるようになるには、これはもう失敗の数であると断言できるであろう。

  人生の成功は数をこなすということに尽きる。

よって、長い目で見た場合の成功を目指すならば、数をこなして結果的に失敗だろうが成功だろうが関係なく、ひたすら数をこなすという人間として非常に原始的な一歩一歩の地道な歩みこそが成功の根源と言えるのであろう。

  しかしやはり人間どこかで躊躇してしまうもの。

“これをやったらきっと誰かに言われるだろう”
“流石にそれは恥ずかしてくて出来ないだろう”
“ブログにコメント書くなんてとても無理だろ”

  どしても自分の行動をどこかで規制してしまうもの。

その規制が数をこなすという行動から遠ざけ、自分を客観視してしまうようになっていく。

  そしてその選択は自分にとっても楽なのだ(笑)。

勇気を持って壁にぶつかっていくという行為。

  ある意味、その勇気が人間を成長させていくのでもあるが。

そして、数をこなすということは、この勇気を持って行動するということに対しても、違和感なく自分の心の葛藤を制することができるようになっていくのである。

  数をこなすことによる精神の進化。

この心の成長は自分にとって大きな宝になっていくのではないだろうか。

  そんな勇気ある行動が自分に新たな世界をもたらしてくれるもの。

そんな成功体験を繰り返していくと、自分の行動への自信が付き、新たなステージを切り開く目が養われていく。

  ここぞという場面での行動力が付いてくる。

ここで一歩踏み込む。
このチャンスを掴みとる。
ここが押さえどころ。

  そんな人生の肝を掴みとる勘どころ。

そんなものが見えてくるようになるものだ。

  何れにしても数をこなすことで全てを手に入れられるようになる。

数とは、必ずその延長線上に「失敗」が付きまとうもの。
しかし、敢えてその失敗というリスク背中に背負いながらも、行動し失敗し、その失敗から多くを学び次回への成功の道筋を体得し、新たなステージを切り開く行動力を身につけていく。

  人生とは全てがこのような因果応報の上に成り立っているのではないだろうか。








|

« 嫌味 | トップページ | 最終コーナー »

生き方」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
人間に必ず訪れる還暦という時期。
私も来年の4月にその経験をするわけですが、一年先輩の姿を見て今から気持ちの切り替えと行動を起こしていこうかと思っております。
dadamaさんの場合は否が応でも店長職を解放(剥奪?)されての現在ですから、その現実には大きな精神的なギャップを感じているのだろう思います。私もその時になって初めていろいろなギャップと違和感を感じるのだろうと思います。
とは言いながら、このブログから広がる繋がりは捨てようにも捨てられない運命的な繋がりとなってしまったようですね。

投稿: てっちゃん | 2019年6月30日 (日) 00時13分

ブログとは全く関係のないコメント失礼致します。ここ数日コメントをサボり申し訳けありません。このブログの日を以って還暦を迎えました。還暦の節目にと東北地方に旅行して参りました。私の姓は東北の地にゆかりがあり、人生の節目にその地を訪れてみたくなったのです。
還暦とか定年なんてひとごとと思っておりましたがいざ迎えてみると大きな節目であると言わざるを得ません。家庭と仕事のバランス、逆説的には家庭と仕事を切磋琢磨して収入や生活の豊かさを糧に日々走ってこれたのだと思います。両輪あっての人生の張り、定年を控え仕事観の変化、更には子供達の成長、自立。これからは自らの人生の豊かさを如何に高められていくのか。と言っても収入は大きく減りますから分相応の生活の中からの自己成長を何処に求めていくのか。いずれにしても仕事の質は変われど自らを高めこのブログやあちらの会でも末永く付き合って参りたいと思います。

投稿: dadama | 2019年6月29日 (土) 23時25分

k.kさん、コメントありがとうございます。
この場がきっかけとなって広がっていく自分の人生。
それは何もこの場だけのことではなく、全ての自分の身の周りとの関係全てにおいて言えることではないでしょうか。
そしてそれと同様のことを今度は自分を中心にして回していく。
これが学びと実践の関係だと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2019年6月28日 (金) 23時54分

失敗、挫折、周り道の私です、数をこなさないと新たな発見はないですね(笑)歳を重ねると過去の栄光にしがみつくばかりになりますが、頭を柔らかくして打破していきます!趣味の料理が良い例です。どれだけ失敗したかわかりません。でもやらなけりゃコツも新たな段取りも湧いてきません。発想は無限です、やれる範囲で魚の売り方、粗利のとり方考えて部下を巻き込みたいと思います。学び場はアチラの会です。コメントだして良かった(*^^*)

投稿: k,k | 2019年6月28日 (金) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嫌味 | トップページ | 最終コーナー »