« 自分の引き出し | トップページ | 伝える覚悟 »

2019年6月12日 (水)

組織をコントロールする

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



組織のリーダーとして。

  如何に組織運営をしていくか?。

これは、リーダーの最大の命題ではないだろうか。

  組織として如何に業績を最大化させられるか。

その為には、いろいろな業績拡大の要素があるだろう。

  その要素の組み合わせによって業績が左右されていくことになる。

よって、リーダーは組織全体に対しての最大効果を発揮させる為に、カテゴリー別への対応や個への対応を密に実践していくことになる。

  それがストアコンセプトとそこから派生する部門コンセプト。

いくらストアコンセプトを作成したからといって、そこから具体的に個々の部門がそのストアコンセプトを受けて部門コンセプトを立案して、確実に実行することが前提となる。

  部門コンセプトを実行するのは部門のスタッフ。

部門スタッフがコンセプトを実現できなければ、それは絵に描いた餅になってしまう。

  リーダーがすべきは血の通う生身の人間に対しての行動の喚起となる。

そこには、考え方の解説から具体策の提案、そしてスタッフの頭数の獲得等があろう。

  コンセプトの実現可能なスタッフが揃っているか否か。

このスタッフが揃わない限り、部門コンセプトも絵に描いた餅に戻ってしまう。
そう考えると、店舗コンセプトや部門コンセプトが絵に描いた餅にならないように、確実に具体的行動に促すことがリーダーの仕事となろうか。

  スタッフの頭数が揃い個々が力を発揮できる環境。

そんな環境を整え、部門の責任者やスタッフが個々に自らの仕事に対して高いモチベーションを保ち、活き活きと行動できる環境作り。

  そこにリーダーの最大の命題が隠されているのだ。

立派な絵に描いた餅を掲げることではない。
いや、それも大切であろう。

  コンセプト作りは大切である。

理想のあるべき姿を描き、その実現の結果として競合店からお客様を吸引し自店の業績を拡大させていく。

  そのコンセプト実現への道筋も含めてリーダーの使命ではある。

しかし、問題は、そこから先にどのボタンを押して具体的な行動を起こし、具体的にリーダー以下の部下たちが確実な行動を伴って店舗が進化しお客様を取り込んでいけるか。

  ここから先は生身のリアルな人間たちとの格闘となるのである。

絵に描いた餅を生身のリアルな人間たちが理解し、共感して行動し、絵に描いた餅がリアルな売場に反映させられるかが最大の課題。
そこには、一人一人の従業員への関わりが重要になってくる。

  それを一言で言えば「信頼関係」と言うことであろう。

“あのリーダーが言うなら”

  そんな関係がリーダーと部下との間にあるかどうか。

そして、部門がそのコンセプトに取り掛かり、行動を起こし、その進捗状況をリーダーとしてどう個人のモチベーションに再びつなげていくか。

  その連続であり継続がその後の進化を加速させていくのであろう。

絵に描いた餅を掲げたならば、その後はどこまでも生身のリアルな人間のモチベーションであり気持ちでありを如何に喚起させていけるか。

  ここにリーダーの隠された要因があるのではないだろうか。










|

« 自分の引き出し | トップページ | 伝える覚悟 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
若いリーダーがまず獲得したいのが、部下との信頼関係。
それには、リーダー自らがリスクを取って、上を見るのであはなく下を見て下からの信頼を如何に得られるか。
そこに今回の若きリーダー達の報告があったような気がしますね。

投稿: てっちゃん | 2019年6月15日 (土) 00時26分

今回の遠征の発表でも若き店長の自信に満ちた発表が印象的でしたね。
謙虚さとチャレンジ精神。
我身の引退を控え、逆に勇気とまだまだ負けられねーなの元気を貰いましたよ。パソコン相手に心折れそうでしたから(笑)。

投稿: dadama | 2019年6月14日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の引き出し | トップページ | 伝える覚悟 »