« 都市部と地方 | トップページ | 敵の得意分野 »

2019年4月 7日 (日)

遠回り

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。



今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

イチローの現役引退。

  いろいろな番組で特集を組んでいた。

今回取り上げたいのは、NHKスペシャル。

  以前からイチローを取り上げていたスタッフ達。

彼らの今までの取材と、直近のインタビューから構成されていた。

  やはりNHKである(笑)。

このタイミングでの報道であるから、他局であれば緊急特番というネーミングを使用するであろう。
それを、サラッと「NHKスペシャル」という普段のテーマで押すところもNHKらしいところだ。

しかし流石はNHKである。

  イチローへの入り込みが他局は断然に違う。

密着取材とはこのことを言うのであろう。

  一弓(18歳の芝犬)と戯れる姿。
  自宅の居間でトレーニングする姿。
  自主トレ仲間達と飲み屋で寛ぐ姿。

他局では張り込めないイチローの裏側まで密着してのイチローの人間的な姿を取材しているのだ。

  イチローには名言が多い。

幾度となくそれらに触れてはきたが、この放映でも心に刻みたいイチローの真髄を見た。

  「はっきり言えることは近道は無い」
  「遠回りが、結果的には一番の近道」

イチローは日本での成功を背にメジャーリーグに挑戦した。

  しかし日本とはあまりにも違いすぎる環境。

まず、ピッチャーの速度が違う。

  その為に日本で完成させた打撃フォームを変えた。

そしてメジャーに行っての大活躍。

  しかしイチローは自らの打撃フォームを変えることに躊躇しなかった。

そんな話題から、イチローが言った一言である。

  「自分の打撃フォームに最終形は無いと言うこと。」

それを残酷な話であると言う前提のもとに言い放った(笑)。
多少、アルコールの入ったような赤みがかった表情で、自ら歩んだ道のりを振り返ってインタビューに応じた時の映像である。

  最終形を追うのではなく常に最善を求めて進化させる努力。

それをイチローは「遠回り」と表現した。

  その遠回りこそが進化しようとする意欲に繋がるのだ、とも言った。

心情的には、最終形を求めた結果として、それを維持したいとも語ったが、結局それは後退につながることでもあると言う。

  だから自分の理想に近ずく為には遠回りしかない。

それは、今だからこと、ハッキリと言えることだと言い切った。
それはメジャーリーグという野球の最先端で10年連続200本ヒットを続けたからこそ言える言葉であろう。

単発で一発屋としての活躍はデビュー初年度であれば可能である。
しかし、大好きな野球を続けたいという願望が、遠回りの進化を選択したのであろう。

  そして自分同様にメジャーリーグリーガー達も進化している。

その進化以上に自らを進化させなければならない。
その結果としての上記のイチローの言葉は重い。

  しかし、それはどの世界にも言えることではある。

そしてイチローはようやく現役を引退した。

  現役引退という時期。

プロの世界はそれを自分で見極めることである。

  自分の現役引退も自分で見極められたら(笑)。

自分で見極めるのか、組織から言い渡されるのか。

  自分で見極められるほどの人間になりたいものである。







|

« 都市部と地方 | トップページ | 敵の得意分野 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

てつろうさん、コメントありがとうございます。
まだ、トラブルが続いているようですね。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 8日 (月) 06時35分

度々すいません。送られていました。

投稿: てつろう | 2019年4月 7日 (日) 23時07分

コメントを送りましたが送信完了をお知らせするものが表示されないので慌てて画面を戻すと送信がキャンセルみたいな?

投稿: てつろう | 2019年4月 7日 (日) 23時04分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
その通り、その現場には誰が買い物に来店するのか。そのお客様は同じ企業でも微妙に異なり、周囲の競合店からの影響も多大に受けますから、どうしても個店の人材に頼らざるを得なくなるもの。
そんな期待に如何に応えていけるのか?
その部分では他のだれにも遠慮することはないと思います。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 7日 (日) 22時19分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
イチロー命のてつろうさんには当然灌漑深いものがあるでしょうね。
数々の名言を残し、平成の時代を突っ走った日本の誇りだと思います。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 7日 (日) 22時16分

kazuさん、コメントありがとうございます。
NHKスペシャル。
再放送に期待ですね。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 7日 (日) 22時13分

常に最善を求めて進化させる努力はどの世界でも必要だと思います。昨日のブログにも通じますが、何が最善かはそれぞれで違うもの。売場もやはり地域地域で違うので、その地域で最善の売場をつくることが私達の使命だと思います。

投稿: sakae | 2019年4月 7日 (日) 19時50分

イチローは自分の好きな野球をやり抜いたと思います。イチローだけが特別ではなく人間は誰でも引退や卒業の「時」が来ます。ただ、イチローは名前や記録、言葉を残しただけです。これが影響力と思います。私もいろんな会社を渡り歩きましたが中には「自分がいなくなると会社が終わる」とか言う人がおられました、それは自分が判断するのではなくて会社が判断することであって会社がいらないと言われたら愚痴言ってないで次の行動をしてほしい。最後にイチローにはさらに飛躍してもらい私達をもっと驚かせてほしい。そう願っております。

投稿: てつろう | 2019年4月 7日 (日) 19時13分

kazuです

この番組見ていません。
超絶残念です。

しかしイチロー かっこいいですね。

それしかコメントできません。

投稿: kazu | 2019年4月 7日 (日) 14時55分

k.kさん、コメントありがとうございます。
結果的に遠回りである場合もあろうし、意図的に遠回りをする場合もあるかと思いますが、試行錯誤しながら目的を追求しようとする意志が強ければ、結果的だとしてもそれは自分では遠回りではなく「貴重な経験」として刻まれるのではないでしょうか。
そして後15年の現役ですか。
生きていく上では働かざるを得ませんが、ありがたいお言葉として受け止めておきます(笑)。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 7日 (日) 06時06分

イチローの名言。遠回りが一番の近道。これに癒やされました。レベルや重さが雲泥の差ですが、思うところあり、感動してしまいます。皆人生色々ですので自分に都合よく当てはめます。常に進化して最善、最新のやり方、仕組みで立ち向かいたいものですね。人の評価云々ではなく自分がどう思うか。 是非てっちゃん店長さん、dadamaさんはあと15年は現役で背中魅せて頂きたいと思います。道標示してください。

投稿: k,k | 2019年4月 7日 (日) 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都市部と地方 | トップページ | 敵の得意分野 »