« 乃木坂からの卒業 | トップページ | 健全な組織 »

2019年4月 1日 (月)

説得効果

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人の行動を変える一言。

  そんな魔法の言葉を発せられる人間になりたいとは思う。

しかし、悲しいかな、なかなかそんな言葉には巡り会えないし、発することも出来ない自分がいる。

  “部下に魔法この言葉を発せられたら”

そんな夢を抱きながら部下を説得しようとして七転八倒しているのだが、なかなか部下はその意図を汲んでくれないの現実であろうか(笑)。
しかし、確実に人の行動を変えることができる説得手法がある。

  それは、二人以上の人間から同じことを言われた時だ。

ある上司から自分に対して、言葉を発せられる。

  その時はその言葉を真摯に受け止めるはするのだが。

しかし、その上司からの言葉だけでは、どうしても一時の言葉として流されてしまうことも多々あるもの。
その時は、その言葉が胸を打ち、自分の行動を変えてみようと思うのだが、上司一人からの言葉であるとどうしてもやれない理由を見つけ出して後回しにしている自分が多いことに気づくのではないだろうか(笑)。

  しかし同じ言葉を他の人間からも発せられたら。

要は、同じことを二人から同時に言われたら、俄然その言葉の重みが増してくるということだ。

  同じことを同時に二人の人間から言われた時の言葉の重み。

これはもう半端ではない。
多くの人間が自分に対して同じことを感じている、抱いている、そしてそうあって欲しいと思われている。

  その瞬間にその言葉は非常に重く自分にのしかかってくるものだ。

逆に言うと、人を説得する時は、その人間に自分と同じことを他の誰かにお願いして言ってもらうことで、その説得効果は倍増することを理解するべきであるということだ。

  この真実を理解することは大きい。

人に影響を与える言葉。

  それは質もあろうが数もある。

それも同じ事を数人から同時に言われる事。
同じ人間から何度も言われる事以上に、同じ事を数人から言われることの方が数倍効果があるという事。

  そしてそれを利用して他者を説得することの効果は絶大だということ。

だから、時として恩師にお願いして教え子を説得したりもするという歴史を踏んできたのであろう。
そして、それと同様の説得術としては、相手が経験した痛い思い出を利用して、同じ内容の言葉を上司が発することによって、同じ痛い経験を持つ部下は、以前の自分の苦い過去を振り返って同じ事を繰り返さないと強く思い込み、上司の言葉を素直に聞く耳を持つことになるであろう。

  上司としてはそのような過去の歴史を利用した説得術を理解すべきであろう。











|

« 乃木坂からの卒業 | トップページ | 健全な組織 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
今日も、イチロー最後の闘いというNHKスペシャルを見ていて思うのは「継続力」。それは自他共に認める普段の継続力がイチローの大記録を支えてきたという事実。それは如何に継続することが偉大であり、そして言うは易しであるかと言うこと。一年やり続けることでの大きな自信。是非どうぞ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 1日 (月) 23時54分

たった一言で気づくか、気づかないか。
そして行動に移すか、否か。
さらに継続してやり続けられるか、どうか。

各人の明確な青写真があるかどうかで
響き方も違うと感じてしまうのは
私だけでしょうか。

継続性に欠ける私に説得力はございませんが(笑)

投稿: 神出鬼没 | 2019年4月 1日 (月) 23時29分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
部下が上司を評価する制度。
一歩間違えれば上司が部下に媚を売る関係に陥ってしまいますね(笑)。
しかし店長としても今の自分が部下からどんな風に思われているのかを知るということはある意味残酷なことかもしれませんね。そんな残酷な関係を一度は味わうのが新たな経験となって自ら進化していければいいのですが。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 1日 (月) 22時29分

k.kさん、コメントありがとうございます。
私は部下を褒めることはあっても叱ることはないでしょう。そして下手したら教えもしない時もある(笑)。
教えるというよりも気づかせるという言葉の方がしっくりくるでしょうか。
自分で気づくという流れが一番本人の成長に繋がるとすれば、上司は進んでその道を選択すべきではないかと思うのです。それが自らの組織における完成度は高まるでしょう。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 1日 (月) 22時23分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
言葉の裏側に横たわる人間対人間の信頼関係。
同じ言葉でも信頼を寄せる人から受ける言葉とそうでない人から聞く同じ言葉。
なぜこうも同じ言葉なのに心に響く度合いが違うのだろうか。
そこに、説得という本質が隠されているような気がしますね。
説得とは結局のところ故意による意図的な言葉ではなく、お互いの信頼から生まれる熱意なのだと思うのです。

投稿: てっちゃん | 2019年4月 1日 (月) 22時19分

当社の人事評価にも部下が上司を評価するルールがありまして複数の部下から指摘されると納得や反省させられますね。と言って今更自分のキャラクターを変えようと思いませんし出来ませんが(笑)。部下に不愉快な思いをさせたくないとはいつも肝には命じてましたかね・・・過去形ですみません(笑)。

投稿: dadama | 2019年4月 1日 (月) 22時07分

よく上司一人が他部門の担当者を力強く説教してるのをきいてると逃げ道なく追い込んでいるのを当社はよくみます。だから終わったあとにお茶に誘って噛み砕いて言葉は強かったが悪気はない事をフォローしてます。仲が良い奴に限ってですが。二人以上に諭される。納得せざるを得ないですね、やり方変えて人を変えて。因みに逃げ道は残しますか? それとも追い込みかける勢いまで行きますか?(笑)

投稿: k,k | 2019年4月 1日 (月) 20時27分

人の行動を変える一言、私も言ってみたいです。てっちゃんさんはこのブログで多くの人の行動を変えてきたのではないでしょうか。私はてっちゃんさんの言葉で自分の行動が変わった一人です。
ありきたりですが、人の上に立つ身としては信頼関係が大事だと思っています。嫌な人から言われたことはやらされ感が強くあまり進んで行動に移せませんが、信頼している人から言われたことは進んで行動に移せます。信頼関係ができていると何気ない言葉でも印象に残り行動に反映されると思っています。

投稿: sakae | 2019年4月 1日 (月) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乃木坂からの卒業 | トップページ | 健全な組織 »