« 今後の鮮魚部門 | トップページ | 全て良きこと »

2019年3月 7日 (木)

労をねぎらう

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は「今後の鮮魚部門」を書いた。

  今日は「労をねぎらう」。

配属された部門で一流を目指し努力していく。

  目指せば目指すほど職人気質が染み付いていく。

気がつけば、相変わらず部門担当のまま、魚を切ったり肉を切ったりし続けていく。

  部門主任として実質の利益貢献度は高い。

しかし、自らの職位と給与は一定のまま。

  こんな実態を見せられたら新入社員は逃げ出すだろう。

一生、安心してここで修行しようとする安心感と安定感。

  “将来的にも安定した収入が約束されている”

それが職人として一つの部門で技術を習得し能力を発揮できる力を習得して安定した業績を発揮し続けられる職人に対する給与形態と評価ができる企業であれば、それら部門で安定した就業をしようとする従業員が途中で退職することは無いだろう。

  職位と給与体系。

一般的には職位を上げなねれば給与は上がらない。

  そこに職位職能給制度が導入されているのだ。

職位は上がらないな職能の高さを評価されれば、職能を給与体系としていく制度。

  実質具体的に利益を創出しているのは部門担当者。

利益を創出できる現場での能力発揮者をもっと給与的に評価してあげる。

  労をねぎらうとはそういう意味である。

給与だけではなく、それを表彰したり、成功事例として全店への波及による貢献度を更に引き上げていく制度があれば、本人のモチベーションもまた違った形で維持されていくであろう。

  なかなかマニュアル化できない生鮮部門の販売技術。

それは、グロサリー部門を基準にしたマニュアルによる標準化が定着してきた結果であろう。

  しかしそれは瞬間瞬間での対応力が技術の生鮮部門には適さない。

だから色々な成功事例をその都度その都度改めて店舗に流し続けることが、生鮮部門の現場強化であり店舗の競争力となるのである。

  その技術の保有者に対する評価制度。

労をねぎらうとは、その評価制度の中の職能という側面を如何に個別的に評価していくかである。

  企業の優先順位が標準化から専門化へ変わろうとしている昨今。

技術職の位置付けを見直して、生鮮部門の次へのステージへ登るための標準化へ梶を切る必要があるのではないだろうか。






|

« 今後の鮮魚部門 | トップページ | 全て良きこと »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

sakaeさん、コメントありがとうございます。
企業や経営者との一体感とは、自分の業績に対しての評価が確実に給与なり職位なりに連動し、または年間業績への表彰等にて、トップが確実にチェックしているということをダイレクトに通知することだと思うのです。時にマイナス評価もあるでしょう。しかしプラスマイナスによって部下は思考回路が養われ進化成長していくのも事実。そんな関係を構築したいものですね。

投稿: てっちゃん | 2019年3月 9日 (土) 23時50分

これは私も同感です。
年数を経て腕を上げれば上げるほど売り上げや利益に貢献しているにも関わらず給料は変わらない。給料だけが仕事のモチベーションではありませんが、1年を通して売り上げや利益を改善してもそれが全く給料に反映されないと自分の頑張りは何だったのかと考えてしまいます。そんな時に隣の芝生は青く見えるで他社への転職が頭をよぎります。こんなふうに悩まなくていいように労をねぎらってほしいですね。

投稿: sakae | 2019年3月 9日 (土) 18時37分

ナリアキさん、コメントありがとうございます。
生鮮の販売技術、調理技術等はこれからの時代では他社との差別化として有効に活用しなければ生鮮スーパー特有の存在価値を活かせない時代となるでしょうから、自社の技術は自社で守るという発想が必要でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2019年3月 9日 (土) 07時11分

技術部門はそれなりのコストがかかります。
マニュアル化して効率を上げていこうとする事も重要ですが、そここそが差別化になる技術。

調理技術や管理技術などは、門外不出の重要なものとし社として守るべきところだと思います。

投稿: ナリアキ | 2019年3月 8日 (金) 23時36分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
調理法や食べ方が面倒という素材から、ヘルシー、健康、長生きといったパラダイムの復活によって必ず戻ってくる素材だと思います。その時の為に今からどう準備をしてその流れに乗れるか。
都内のMR店舗を見るとその流れを引き起そうとしているようにも思うのです。

投稿: てっちゃん | 2019年3月 8日 (金) 00時39分

k.kさん、コメントありがとうございます。
費用対効果を考えた場合には所詮スーパーの鮮魚部門ですから一般社員と同等の標準的な給与体系しか制度化できないのも事実なのでしょうね。
売上が高い時代であれば利益頭として給与体系も高められたのでしょうが、現代では厳しい現実なのだろうと思いますが、このままジリ貧させていいのかというジレンマに悩まされます。

投稿: てっちゃん | 2019年3月 8日 (金) 00時36分

標準化を推進した結果各社押しなべて同じような販売手法になった弊害が出てきたのでしょうね。魚類は健康的な食生活や医食同源から必ず脚光を浴びると思うのです。現実魚類缶詰が大ブレイクしている。生活者は魚を食べたがっているのですからそのニーズを掘り起こすプロの感性を企業として是とし評価する時が来ていると思うのです。標準化から専門化へ。時代は常に止まりませんね。

投稿: dadama | 2019年3月 7日 (木) 10時57分

今日のテーマは思い切りましたね、私以外に共感する読者さんいらっしゃいますかね(笑)鮮魚極めて行くとバイヤーかアドバイザー、エリアマネージャなどにいきますね。部門にずっと残ってる凄腕職人さんは結局数字出来ないから、癖持ちだからとの事で馬鹿にされてます。給料上げるには渡るしかないんです。事実店長並の給料貰ってる知人もおります。更に50歳を廻っても現状がくだらないからと新たに居場所探し(笑)転職しようとしている輩もおります。事実腕は一流です。私も指導受けました。やはり多少なりとも動かないと井の中の蛙です。てっちゃん会の様に交流出来る中に鮮魚部会あればいいのかもしれませんね。そしてソレを評価する人が誰か。会社が大きくなればなるほど出来なくなると思います。メリットはあるのか?他に使いみちあるんじゃないのかと。同族経営ワンマン会社の方が制度作ってくれるかもしれませんね。現状では専門店並の職人はスーパーでは活躍しても凄いねで終わり。やはり世渡り上手じゃないとやっていけません。

投稿: k,k | 2019年3月 7日 (木) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労をねぎらう:

« 今後の鮮魚部門 | トップページ | 全て良きこと »