« 秋の新番組Part2 | トップページ | 攻めに転じる »

2018年10月22日 (月)

花に魅了される

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


スーパーの花売場。

  自営で生花を持つ企業。
  外部に委託してる企業。
  テナント展開する企業。

それぞれのスタイルで生花を展開していると思う。

  生花の花道は「お盆商戦」。

更には「春彼岸」、「秋彼岸」、そして「年末年始商戦」。
間に入っては、「母の日商戦」、「クリスマス商戦」等々であろうか。

  しかし普段は一気に落ち着いた需要が続く。

よって、花屋さんは一年での稼ぎ時にしっかり売上と利益をあげて、結果として年間の利益をここでしっかり稼がなければ成り立たない。

  花屋という商売をそのように認識していた。

しかし、当店に入店して無人販売している花屋さんの売り方や商売を見ていると、上記のイメージを覆されてしまうのだ。

  なぜか?。

普段を大切にしているから。

  イベント時(お盆、彼岸)は当然圧倒的な売場のボリューム。

だから、花束一つ一つに目を通すことは出来ない。
しかし、普段に戻れば、そう多くない物量により、花束一つ一つに目を通すことができる。

  その花束に心を惹かれるのだ。

心を持っていかれるとでも表現できようか。

  二日に一回の売場補充。

1日平均約2万であるから、だいたい二日に一度の頻度での補充回数。

  しかし毎回の花束の色合いを変えてくるのだ。

よって、毎回その売場を観ると、全くの別物の売場に見えてします。

  “今日はどんな花束だろう”

そんな興味が自然に湧いてくる。

  そしてその説明POPが好奇心を掻き立てる。

是非、ご覧ください。
Img_0794

Img_0798

Img_0795

Img_0797

Img_0719

Img_0720

Img_0793_1


如何でしたでしょうか。







|

« 秋の新番組Part2 | トップページ | 攻めに転じる »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。
花柄のネクタイ。
当然、女性はお会いした瞬間から気づいていたのではないかと思います。
女性が男性を見るポイントとしてネクタイと靴は定番らしいですよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年10月23日 (火) 23時56分

かおるです。
私もかつて花の担当をしていたことがありました。
定期的に商談し、POPなどもお願いしていた花屋さんがありまして、打ち合わせの時はいつも花柄のネクタイを締めて行きました。
部門移動となり最後の打ち合わせの帰り際、女性のオーナーさんが「かおるさん ウチに来る時はいつも花柄のネクタイしてきてくれてましたよね〜。」と言ってくれました。
気付いてくれてたんだなぁ、と少し嬉しかったのを思い出します。
思うに花は食べるものでもなく、身を飾るものでもなく、日持ちもしない。
ある意味なくても困らないもの。しかしあると素晴らしく生活を彩り、演出してくれるものですね。
そんな花のある暮らしをうまく提案してくれる店っていいですよね〜。

投稿: かおる | 2018年10月23日 (火) 08時26分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
まだまだお見せしたいのですが、紙面上の都合もあり上記7枚にさせていただきました。
いずれも全体の売場、単品の花束とも魅了される売場であると思います。

投稿: てっちゃん | 2018年10月22日 (月) 22時36分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
自営で生花をやれないのであれば、組むべきはやはり強い花屋さんでしょうか。
お盆、彼岸といったお墓周りや仏壇周りの需要拡大期には花の強みは集客の強みになりますから。
しかし、仏花の強みは普段の提案に起因するもの。
やはり普段からのお客様の支持をどう得て行くかが課題なのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2018年10月22日 (月) 22時33分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
お互いの相乗効果は自分以外の力の波を利用してビッグウェイブの乗ると、想像もつかない効果をもたらすものですね。
自分の力、周囲の力、そしてその相乗効果。その力を信じるという信念が人間を更に強くしていくのだと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2018年10月22日 (月) 22時29分

色合いが綺麗で目の保養になりますね。
恐らくですが、この花売場を観賞することが目的で来店されるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。お客様を楽しませようとする意識がとても伝わってくる売場だと思います。ほんの僅かなスペースでもお客様を魅了できる売場は作れるんですね。その意識が私にはまだまだ足りないです。またひとつ勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: sakae | 2018年10月22日 (月) 20時50分

当社の花担当者もオシャレ感が無く仏花しか花と思っていませんから(笑)。てっちゃんのお店の花売場から本日もある店舗の改装案が通りました。多分年間で数百万の利益改善になると思います・・・詳しい話は18幕で(笑)。

投稿: dadama | 2018年10月22日 (月) 15時21分

人間とは調子に乗ると怖いもの知らずとはこういうことか。お店もブログもFBも元気ですね。

投稿: てつろう | 2018年10月22日 (月) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花に魅了される:

« 秋の新番組Part2 | トップページ | 攻めに転じる »