« 方向性と機動力 | トップページ | 褒めて叱って »

2018年10月16日 (火)

通年採用の時代

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


経団連が9日に発表した「就活ルールの廃止」。

  2021年春入社者から施行されるという。

その対象となるのは、現在の大学2年生以降。

  就活ルール?。

我々が就活をしていた当時からルールは存在していた、ように思う。

  10月1日から一斉に就職活動が解禁。

当時の就活ルールである。
しかし、10月1日は内定式の日でもあった。

  要は10月1日で就職先を確定する日。

それ以前に個々人が各々の行動により夏休みから就職活動を始め、内定を数社から頂き、その結果として自分が就職する企業を選択し、その結果として10月1日に訪れた企業先が自分が就職する第一希望の企業であることを企業訪問することによって確定するという日である。

  要は当時からあって無いようなルールではあった。

それは脈々と現代に引き継がれているようだ。
多少の日程の変更はあるにしても、ある程度のルールのようなものがあり、全国各地で一斉に就職活動がスタートし、企業側の就職説明会に個人が参加してその後に個々に企業と協議していくスタイルは当時とかわりはない。

  しかし、その暗黙の了解的なものが撤廃されるという。

これは大きな変化である。
よって、学校側の対応にも大きな変化をもたらすであろう。

  流石に学校側は学生に丸投げするわけにはいかない。

学生難の時代にますます不利な要因を作ってしまいかねない案件であるからだ。

  そして、企業側にも大きな負担を負わせることになるだろう。

採用コストの増大。

  一括しての説明会や入社式とその後の教育スケジュール。

それらが従来は集約されて行われていたが、今後は一括という言葉は使えないほど、個々への対応が求められるようになるからだ。

  よって、今後は新入社員への教育もマンツーマン方式となろう。

もしかすると、即現場に投入されて、そこで実践的な教育からスタートということになるかもしれない。

企業の人事担当者も、ある程度のスケージュールにて、期間を設定して採用計画、教育計画、2年目研修、3年目研修、10年目研修等と一括した教育スケジュールが描けたが、今後は研修を一括にて実施できる環境は整わなくなっていくだろう。

  なぜか?。

通年採用という採用思想が定着していくからである。

  通年採用。

要は、毎年一定の時期から就活がスタートし、募集する方も応募する方もヨーイ・ドンで始まった就職活動が消滅するということ。

  従来の採用スケジュールの大幅な見直しを迫られている。

そして、この通年採用という仕組みが不人気業種にどう評価されるかだろう。

  私は結果オーライだと思いたい(笑)。

就活の一括募集と応募の仕組みは就職活動の絞り込みに繋がり、人気業界と不人気業界の格差を更に広げてきた経緯があると思っている。

  通年採用方式に切り替われば選択範囲が逆に広がるのではないか。

そう思っている。

  “いろいろ活動したけど小売も良いかな”

そんな判断を最終的にしてくれれば幸いなのだが。







|

« 方向性と機動力 | トップページ | 褒めて叱って »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
エブリデイ入社&退社
初耳のキーワードですね。
これも変化対応の波でしょうか。
しかしこれだけ人材不足が叫ばれる昨今。通年採用だけではなく、退職に関しても定年という概念は無くなっていくのではないでしょうか。働きたいだけ働ける時代。ただしそこには役職という個人に付随する立場の問題も絡んできますが。

投稿: てっちゃん | 2018年10月17日 (水) 09時21分

終身雇用も含め働き方は個々の人生観に変化対応していくのですね。当社も今後はエブリデイ入社&退社良しの方向に向かっていくと思います。親鳥を見習って(笑)。

投稿: dadama | 2018年10月17日 (水) 09時13分

sakaeさん、コメントありがとうございます。
マニュアルに縛られたテキストをみっちり教育するのも大切でしょうが、仕事の楽しさややりがい、特に小売業として直接自分が仕入れて販売し結果を出せるというダイレクトな面白さをもっと初期の段階からイメージとしてアピールしていっても良いと思うのですが。

投稿: てっちゃん | 2018年10月17日 (水) 08時50分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
いい巡り合わせに出会えると良いですね。

投稿: てっちゃん | 2018年10月17日 (水) 08時47分

通年採用で入社する人が増えてくれるといいですね。私の企業でも人員不足のため通年採用を行っていますが、なかなか人材が集まらない状況です。通年採用の場合、受け入れる側の体制が整っていないと退職につながり易いように思われます。採用も大切ですが、受け入れる側の教育もこれからは大切になってくるのではないでしょうか。

投稿: sakae | 2018年10月16日 (火) 19時32分

転職説明会なるものに行ってきました。今後のことも考えてのことですが今の仕事はとりあえずやれるところまでと決めています。

投稿: てつろう | 2018年10月16日 (火) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通年採用の時代:

« 方向性と機動力 | トップページ | 褒めて叱って »