« コアメンバー | トップページ | 17幕顛末記 »

2018年6月 8日 (金)

季語

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


媒体によく出てくる「季語」。

  最近はそのタイミングに迷うことが多い。

以前であれば、初夏と言えば4月後半から5月いっぱいをその時期として売場に掲示していた。

  しかし、最近は初夏のタイミングが難しくなった。

3月後半から初夏と言える天候が現れ出したからだ。

  そして、夏の味覚。

初夏が5月いっぱいだとすれば、夏は梅雨時の後半から使う季語だったのが、最近では5月前半から夏の味覚としてのスイカ等の動きが活発化していたのである。

  スイカ、メロン他。

正に、6月の初旬。

  梅雨入り前から夏という季語を使いたいほどの好天。

とは言え、朝晩の涼しさはまだまだ初夏という状況。

  年々、季語のタイミングが従来とズレ始めている。

そして、従来は春と秋が長かったイメージが強いのだが、最近は春と秋がやたら短く感じるのは私だけではないだろう。

  夏と冬の占める時期が長くなってきている。

特に、夏は長くなった。

  それは日中の暑さが増しているからなのだろう。

だから、朝晩と日中の寒暖の差も広がっているように思える。
そう感じるのは、私の年齢の問題ではなく、実際の日本の気候が変動しているからなのであろう。

  いよいよ日本も梅雨入り。

日本の初夏は過ぎた。
4月後半から梅雨入り前の季節となる。

  日本が一年で一番爽やかな季節。

それは、人によっても感じ方が違うのかもしれないが、私は初夏という響きとともにこの季節の気温や日差し、朝晩の気持ち良さは何度味わっても一年で一番の季節だと思っている。

  そして、梅雨入り。

最近は、この梅雨時期がやたらと長い。
更には、後半にはゲリラ豪雨なるものも発生する。

  シトシトとした梅雨時の長雨。

そんなイメージから、一気に土砂振りとなる後半の降雨。

  日々天気予報との睨めっこ。

そんな季節になっていくのである。

  商売に目を転じていくと、サクランボの季節到来だ。

アメリカンチェリーに佐藤錦。

  6月中旬にはアメリカンチェリーのビング種がメインとなる。

しかし、今年はサクランボも出荷が早いという。

  6月後半には最盛期。

年々出回りが早まっているサクランボ。
7月に入ってからが最盛期だった従来とは変わり、6月中に最大ピークを迎えるという今年のサクランボ商戦。

  果実に見る季語も変わりつつあるようだ(笑)。





|

« コアメンバー | トップページ | 17幕顛末記 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
旬に売り込む。
神出鬼没さんのように一途に徹底して売り込む売り場と姿勢に多くの部下が教育されて行く。その流れが脈々と続いて部門のDNAが作られて行くのでしょうね。
そのDNAがどこかで分断されてしまった。
それは、どの企業も同様の課題を抱えているのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2018年6月10日 (日) 05時57分

確かに舎弟のコメントにもうなづく現実があります。本部MDによる品揃え的な売場。便利なようで旬が見えない。フルーツも嗜好度が高い商品ですから「食いて―(笑)」と思わせるダイナミックが売場展開が肝でしょうしだからこそ店舗入口の顔となる部分にゾーニングするのですから。言われてみれば入口の顔に拘る店長が少なくなってきたかも・・・。逆転の発想?で入口で年間焼き芋を販売する企業が闊歩する時代ですから(笑)。

投稿: dadama | 2018年6月 9日 (土) 07時46分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
出荷が早まって、終盤も早まる商品に関しては最大ピークをいつに設定するかがポイントでしょうか。やはり一番の出荷ピーク時が最安値で賞から、そのピーク時をコトを起こして売り込むことが必要でしょうか。
しかし、出荷が早まっても出荷の最大ピークが不変の商品は焦ってはいけないでしょう。

  一番美味しい時期。

この枠組みで販売を集中させて、売上と荒利と評判を取る。そこを見間違うと、先行投資した分の荒利を回収できないままに単品の終盤機を迎えることになってしまうでしょう。

投稿: てっちゃん | 2018年6月 8日 (金) 14時01分

年々早くなる季節の青果物ですが、逆に年々販売期間が長くなっているような青果物もあると思います 例えば イチゴ
数こそ少ないもののお決まりの 本部投入 とやらで今だに入荷してきます もちろん味は×××ですが
本来、青果が店の顔として入口直ぐにあるのが成道だと思いますが(当店は訳あって逆回転ですが(涙))そこは季節感を出すものが当然きますよね しかしながらこう前倒しになってくると いつが美味しいピークなの?と迷ってしまいそうですが そこはキチンとコトを起こさないのいけないと思います
ランドセルのように一年前からの売込みになるのでしょうか?

投稿: dondon-ki | 2018年6月 8日 (金) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66796205

この記事へのトラックバック一覧です: 季語:

« コアメンバー | トップページ | 17幕顛末記 »