« オープニングスタッフ | トップページ | 焼きを入れる »

2018年6月 1日 (金)

第1四半期を終えて

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日から6月。

  早くも、第1四半期が経過した。

本当に早いものである(笑)。
つい先日、新年度をスタートしたと思ったら、いつの間にか3ヶ月が経過。

  先日の店長会でも第1四半期の反省があった。

自ら立てた店舗方針に対して、どの程度の進捗状況なのか。

  チーム同士で意見交換して他者から学ぶ。

そんなテーマで3つのグループに分かれて意見交換会を行った。
  
  結果を出すためにどんなプロセスを踏むのか。

毎年、同様の考え方によって、年度初めは大きな視点から課題を絞り計画を絞り、そして基本の部分を積み重ねながら少し遠回りをして結果に到達しようとするもの。

  その遠回りが売場との距離感を感じさせる部分がある。

しかし、これも毎年そうだが期間途中での業績とのギャップが生まれていく。

  結果が結びついていない。

概ね、このような事実から、当初練られた店舗方針が徐々に揺らいでいく。

  “これで本当に結果が出るのか?”

そんな疑念が本部やら店舗から、空気感として流れてくるのである。

  “店舗方針以上に売場が大事”

そんな動向から、いつしか年度初めに決めた店舗方針が形だけのものとなっていく。

  それが毎年のパターンであろうか。

特に今年は、全国的に4月以降5月にかけても業績不振。

  尚更、年度始めの店舗方針やコンセプトへの余裕はない。

各企業の特売チラシを見ても、“ちょっと業績厳しいのかな”、というようなチラシ内容に切り替わって来ているようだ。

  特に5月後半は価格インパクトが強くなった。

更には、チラシの様式も、単色や2色の、従来のテーマ性のあるチラシから単色や2色刷りでの安さ感のあるチラシに切り替わって来ているのだ。

  “業績対策のようなチラシだな”

はっきりとわかるほどに、チラシ内容が変更されて来ているのである。
当社でも明暗がはっきりと出ている状況。

  競合店環境に左右される業績。

ますます、その傾向が強くなって来ているようだ。

  特にドラッグ出店の影響が無視できない。

業績好調店舗は、競合店が閉店した店舗。
業績不振店舗は、ドラッグ出店した店舗。

  上記のような状況に分類される。

そして、ドラッグ影響店舗が構成的に多くなって来ているという状況。

  競合対策 = ドラッグ対策。

ますます、そんな構造となっていくだろう。
かっては、ドラッグ出店でも大きな影響が出なかったし、出てもドラッグ出店当初だけ。

  生鮮主体のお店とドラッグでは接点が少なかったため。

しかし、今やドラッグも生鮮を扱う時代。

  ガチンコ勝負の構造。

生鮮強化がますます叫ばれる時代になっていくのだろう。





|

« オープニングスタッフ | トップページ | 焼きを入れる »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
私も一部見ていました。
ドラッグとは思えない品揃えになってきていますね。
もはやコンビニ以上に魅力ある品揃えと価格、そして店舗数も増加。侮れませんね。
しかし、ドラッグという本来は健康志向のコンセプトを貫かなくてはならない企業が品揃えをすべき商品以外のものが販売されているという現実に疑問を持っているのは私だけでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年6月 2日 (土) 06時03分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
Facebookにもありましたが、生鮮が強くなる過程の中で、お客様の支持を得ていく条件としての専門性。
競合他社が多岐に渡っていく中で、再度見直すべきは生鮮の専門性ではないかと思っています。そこが今年の私の課題だとも思っております。

投稿: てっちゃん | 2018年6月 2日 (土) 05時58分

確かに価格志向の高いチラシが多くなりましたね。逆説的にはまだまだ価格意外に確固たる差別化を見出せない企業が多いという事でしょうか。
先日のテレビでドラックストアーの特集をしていましたがドラックストア間の競争も激しくドラックストアーも進化をし結果スーパーを脅かす。同業態に加え異業態との競争、否が応でも土俵に乗って戦わなければ生き残れない時代ですね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/smp/backnumber/2018/0531/

投稿: dadama | 2018年6月 1日 (金) 14時57分

第一四半期の見通しをして5月の半ばにストアコンセプトを見直しましたが自店も数値的には下方修正です 当然販促計画も安売りメインに(涙)大型モールに対応しての足元商圏こ徹底した地盤固め ここが一番のコンセプトになります
昨日もテレビでやってめしてがウエルシアの様なドラックが
出店したらと思うとゾッとしました

投稿: dondon-ki | 2018年6月 1日 (金) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66775005

この記事へのトラックバック一覧です: 第1四半期を終えて:

« オープニングスタッフ | トップページ | 焼きを入れる »