« 定年延長との競争 | トップページ | 半年が過ぎて »

2018年6月30日 (土)

休憩時間

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


休憩時間の過ごし方。

  要は、昼食の採り方。

皆さんはどこで昼食を摂っているのでしょうか?。

  お店の従業員休憩室。
  外出して店外の食堂。
  自分のクルマの中で。

色々な場所でお昼の休憩を摂られているだろう。

特に店舗周辺に食べるところが少ない店舗では自分の車で食事と休憩を取る方が多いのは地方の店舗の特徴だろうか。

  女性従業員はお店の従業員休憩室。
  男性従業員は自分のクルマの中で。

なぜ、自分のクルマで休憩を取るのか。

  それはゆったりと寝れるから(笑)。

食事の後に、そのままシートを倒して30分ほど寝たい。

  それには、クルマで休憩するのがベター。

また、自分の休憩時間を誰にも邪魔されずに静かに過ごしたい。
更に、自分の弁当を他人に見られたくないというプライバシーの部分もあるだろう。

男性社員で従業員休憩室で過ごすのは車の無いアルバイトと私ぐらい(笑)。

  なぜか?。

クルマでは快適な空調状態を維持できないから。

  特に夏場の車内は最悪の環境。

下手すれば熱中症になってしまうだろう。
更に、自分のクルマを汚したく無いという意図もある。

  特に、弁当の匂いがつくのが嫌なのだ。

ということで、私は昼食はゆったりと従業員休憩室で摂ることにしている。

  弁当の中身を見られたくないの?。

逆に、惣菜のパートさん達と弁当の議論が出来るのである。

  盛り付けは?。
  味は?。
  価格は?。
  売れ筋は?。

等々、自分で実際に購入した弁当だから、食べながら自社の弁当の品揃えを検討することが出来る。

  自店で販売する商品を実際に食べてみる。

弁当に果実に味噌汁にカップ麺に・・・・・。

  休憩室で調理して食べるときもある。

調理と言っても、購入した商品をまな板の上で包丁で切った貼った程度のことではあるが、そうすることによって購入して昼食で食べる食材のレパートリーは格段に広がるのである。

  自社の食材を実際に食べてみる。

直接自分で発注する商品ではないが、自店で販売されている商品の味を知ることは大切なこと。

  でもやっぱり一人で休憩するのが一番嫌なこと。

店長というもともと孤独な存在なのだから、休憩するときぐらいはせめて無駄話に混ざりたいという寂しさがあるのだろう。

  自分の食事姿を見られる。

従業員により近い存在でいる。

  それは自分の仕事以外の姿を見せることであるのではないか。











  

|

« 定年延長との競争 | トップページ | 半年が過ぎて »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
いざという時に一つになれる。その為には休憩時間もそのヒントを出し合う時間に仕上げるのか否か。
そこにも店長の個性が加味されるようですね。
お昼時の従業員休憩室。
ここにも店長の個性が色濃く染まるものですね。

投稿: てっちゃん | 2018年7月 1日 (日) 00時27分

松岡さん、コメントありがとうございます。
やはり我々は商品を軸にした商売の話の方ががより積極的になれますよね。
そこからその商品にまつわる再度的な話題も盛り上がりそうですね。

投稿: てっちゃん | 2018年7月 1日 (日) 00時18分

良くも悪くも孤独感は感じた事は無かったですね(笑)。休憩ぐらいはゆっくりさせてがメンバーの本音だったような(笑)。一歩間違えば公私混同ともとられてしまうでしょうが仕事ばかりの話をしてても私も息苦しくなってしまい(笑)。勤務時間でも和気あいあいとしてましたね。その雰囲気があってこそ仕事の堅い話も柔軟的に受け取ってくれていたのだと思います。結果、営業成績は伸びてましたから良かったのでしょう。今でもfbで残党がお世話になっております(笑)。

投稿: dadama | 2018年6月30日 (土) 18時11分

私も休憩室でパートさん達とワイワイ言いながら食べてます。時には新商品や気になる商品を買い、自分が料理してみんなに食べさせたりもしています。そこで美味しいからこの商品、異常値挑戦したい!とか言われると嬉しくてたまりません(笑)

投稿: 松岡 | 2018年6月30日 (土) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66874818

この記事へのトラックバック一覧です: 休憩時間:

« 定年延長との競争 | トップページ | 半年が過ぎて »