« 口コミの重要性 | トップページ | 再び切り身魚へ »

2018年5月24日 (木)

スポーツマンシップ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


一昨日のアメフト選手の記者会見。

  涙しながら生放送を見た方も多いだろう。

録画や後日の放映を見ていても、この若者がスポーツマンシップに則り自ら起こした行動に対して真摯に謝罪会見を行ったことに対して、逆に感動すら覚えるのである。

  私も体育会系運動部に身を置いた経験がある。

よって、監督や先輩の絶対性も理解できるし、それを体験してきた経験が今の自分を形作っているのも事実。

  “あの時代の経験があるからどんなことにも耐えられる”

そんな自信が、今までの困難な環境をも乗り越えてこられたとも思っている。

  「今、なぜ横っ飛びでボールを追わなかった!」

そう言われて、高校時代の野球部の練習中に監督からビンタを食らったこともある。
ノックのボールがあまりにも遠くに飛んだので、簡単に諦めてその場を動かなかった私に対して、野球部の監督は即私をノックする監督の下に呼び、そう言って手首の付け根でビンタ。

  ほとんどげんこつに近い硬い部分でのビンタ。

要は、私に対してもっとボールに食らいつく気持ちを表に表せということ。

  確かに私の気持ちを高ぶらせるための行為。

今でもあの時の自分の甘い気持ちを戒めてくれた監督の行為が、今の私の精神面を鍛えてくれたきっかけだとも思っている。

  体育会系運動部出身ならわかる監督の絶対性。

監督の言葉や先輩の言葉は絶対である。

  しかしそこには選手に対する人間教育という根底がある。

そしてその根底にはスポーツマンシップという潔さという共通項がある。

  競技を離れたら一人の人間として戦った相手を尊重する。

そして、その競技のルールを絶対として厳守し、ルール内で最大の努力と工夫をしながら相手と競技するのがスポーツマンシップ。

  この若者にもスポーツマンシップを持ち合わせていた。

だから試合後に、そのスポーツマンシップに照らした自分の行動に疑念を抱き、自ら謝罪の為にカメラの前に立ったのだと思う。

  この精神が人を人として律してくれるのだろう。

この若者は見事にそのスポーツマンシップに則った行動を取るだけの健全な精神をアメフトから学んだということだ。

  今回の件を我々の世界に置き換えてみた。

店長として、業績達成の為にいかに行動すべきか。

  その為の部下への言動。

正しいルールでありモラルを履行しながら、正しい手順で業績を達成する。

  ある意味遠回りな時もある業績達成の手法。

よって、もっと手っ取り早く業績を改善する為に、在庫報告を改ざんしたり日付を改ざんしたり。

  かってはそのような手法がまかり通った。

しかし、それは長続きしないし、企業の実力が積み上げられないことに気づいた。

  そしてそんな組織はいずれ崩壊していく。

これも歴史が教えてくた。

  そしてそこには必ず上司の存在が影響していた。

店長や上司が、自分の部下に与える影響。

  今回の件で改めて上司の存在を思い知らされたのである。


|

« 口コミの重要性 | トップページ | 再び切り身魚へ »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
やはりどこかのタイミングで外部監査のチェックは必要でしょうか。
現金を扱う仕事ですから、相互チェック体制は小売業の当然の仕組みですね。
ただし、この部分でも店長の存在が大きく影響してくるのだろうと思いますね。

投稿: てっちゃん | 2018年5月24日 (木) 20時09分

てっちゃん師匠は私の行動が見えてるのでしょうか?ここのところタイムリーな話題ばかりです(笑)
本日と明日は内部監査 営業はもちろん労務管理、防災まで全ての項目をチェックされA評価でないと再監査となり大変になります 今更遅いのですがルールに従った運営ができているか?を確認されます アメフトもそうですがどうかするとSMも勝つ事や営業至上主義に陥りやすい環境にあると思います ルールを逸脱した行為 お客様の為 会社の為 というのはもう許されない時代です ましてや管理監督する立場の人が指示をするなんてありえません ルールは数多ありますから店長1人が覚えきれるものではありませんが 最後は これ大丈夫か? と立ち止まる 気づき と 勇気 が店長に備わっているか?が鍵なんだと思います
だから自分を磨き続けなければいけないのでしょうね

投稿: dondon-ki | 2018年5月24日 (木) 13時26分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
青年の会見時の潔さと詳細な具体性。
それと真逆な昨日の曖昧な逃げの会見。
部下の人生を背負うのが上司の最大の使命。
そういう意味では、選手の学生の人生を背負う姿勢に欠けた今回の会見。
この会見から組織のリーダーの覚悟を逆に学生から教わったような気がしてなりませんね。

投稿: てっちゃん | 2018年5月24日 (木) 09時57分

純粋過ぎるほど監督やコーチを信じ起こした行動。反面、相手を傷付けた時に無意識に浮かび上がったと思われる後悔の涙。対照的に監督の保身答弁とコーチのしどろもどろ会見。どこかの怪しい企業会見そのものでスポーツマンらしい潔きさが全く感じられませんでした。被害者側も勿論ですが一番あの会見を見て悔しかったのは
当事者の選手じゃないでしょうか。
あんな上司にはなりたくないですね。

投稿: dadama | 2018年5月24日 (木) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツマンシップ:

« 口コミの重要性 | トップページ | 再び切り身魚へ »