« 利益管理表 | トップページ | 競合対策の具体化 »

2018年5月27日 (日)

久しぶりの「まゆゆ」

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のミュージックフェア。

  久しぶりに元AKBの渡辺麻友を見た。

ミュージカルに出演中とのこと。
https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=25&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiKq47-3ZrbAhXKVLwKHbOmBKs4ChAWCF0wDg&url=http%3A%2F%2Fmusical-amelie2018.com%2F&usg=AOvVaw08S9-SaBhwcQgE9DlvZ8qb

  ミュージカル「アメリ」。

想像力は豊かだが、周囲とのコミュニケーションが苦手な少女・アメリは “妄想の世界”が一番の遊び場だった。22歳になり、モンマルトルのカフェで働いている今でも、周りの人々を観察しては日々想像力を膨らませて楽しんでいたが、ある出来事をきっかけに、他人を幸せにすることに喜びを見出し始める。

  そんなストーリーのミュージカルらしい(笑)。

そして、ミュージックフェアで歌う彼女の歌声と声の艶は、AKB時代では考えられないほどの声量で山崎育三郎等と共演していた。

  “これがまゆゆの声?”

かってのAKB時代は、どちかかといえば喉で可愛らしいが潰れるような細い声で歌っていたのだが、先日見たまゆゆはしっかりお腹の中から充実した声を発していた。

  “ミュージカルのためにトレーニングを重ねたな”

それが歌い方や声にはっきりと現れていた。

  “本気だな”

他のAKBの卒業生達は、その後どこで何をやっているのかもあまり聞こえてこないが、まゆゆははっきりとAKB時代から生まれ変わった姿を早々に披露してくれた。

  嬉しい限りである。

おそらく、まゆゆファンは皆心配していただろう。

  “このまま消えていくのではないか”

それは、他の卒業生を見る限り思えてしまう当然の感想であろう。

  それだけメディアに戻ってくる卒業生は皆無。

前田敦子でさえ、先日の月9のコンフィデンスマンJPにほんのチョイ役で出演していたのを見る限りである。

  大島優子、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美等。

かっての神セブンで現在もそれなりにメディアに顔を出す卒業生は本当に皆無となった。

  AKBの主軸だった子達がみんな地名度を失っていく。

一番の勝ち組は川栄李奈。

  意外なものである。

そんな状況の中でも、まゆゆの進化。

  インタビューを聞いていてもまだまだ肩に力が入っている。

それは、ミュージカルの主役を任されているわけだから当然だろうが、まゆゆらしさ、純粋さを表に出して行って欲しいものだ。

  ミュージカルの監督も言っていた。

彼女の進化が彼女の演技を大きく変えていく、その変化する姿が楽しみだという。

  全くその通りだと思う。

これからのまゆゆから目を離せない。




|

« 利益管理表 | トップページ | 競合対策の具体化 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kazuさん、コメントありがとうございます。
流石に、まゆゆネタへの反応は超速ですね(笑)。
しかし、娘さんのまゆゆへの傾倒もますます本格化してきていますね。
その娘さんとのコミュニケーションの軸となるまゆゆの存在。
kazuさんも今後もまゆゆの活躍には目が離せませんね。

投稿: てっちゃん | 2018年5月28日 (月) 06時37分

kazuです。

まゆゆさんに対する 暖かく今後への期待高まるコメント有難うございます。
娘に代わって御礼致します。

娘もまゆゆさんのミュージカル初日に行ったそうです。感動したと言っていました。
その前はAKBで出演する最後のミュージックステーションのスタジオ観戦に行ったらしく AKB卒業後も全力でまゆゆさんを応援しているようです。

投稿: kazu | 2018年5月27日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66750443

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「まゆゆ」:

« 利益管理表 | トップページ | 競合対策の具体化 »