« 基本は嘘をつかない | トップページ | ピンチはチャンス »

2018年5月20日 (日)

仕事の流儀から

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

しかし、今週はネタ切れ。

よって先日のNHK仕事の流儀。

  本田圭佑の特集だった。

長年、日本のエースとして日本サッカー界に君臨してきた日本の顔である。

  その本田がレギュラー落ちの危機。

それが今回のテーマであり、その心境と彼の信念、そして今後の生き方を主に特集したものであった。

  更に、ハリルリッチ監督の解任。

そんな時期であるから、本田圭佑という人物は、今の日本サッカー界でも話題の存在でもある。

  監督の解任に関しての話題は少なかった。

しかし、彼と監督との戦術の考え方の違いや、彼のプレースタイルが相変わらず監督に支持されていない現状での、彼のサッカーに対する姿勢が放映されていた。

  監督の戦術に対する不信感。

それは戦術そのものに対する不信感というよりも、戦術を実行し成果を出せずにいる日本チームに対する限界感と、勝つためには何を選択すべきかという葛藤、そして自らのプレースタイルとのギャップ。

  本田圭佑はこの閉塞感を打破したかった。

よって、監督の戦術に反して、自らのプレーにて結果を出そうと行動した。

  監督の戦術だけでは今の日本チームでは結果は出せない。

その危機感から、監督の期待に応えるプレーをすることではなく、自らの意思で今のチームに最適な戦術で行動することによって結果を自らの行動で導き出そうとする行動が今回の放映の主たるテーマであったように思える。

  本田圭佑のこの姿勢が自分の仕事観とダブって見えたのだ。

仕事でも同様の環境はたくさんあろう。

  本部主導だけで結果が出せるのか?。
  俺の店は本部提案では競合に負ける。
  このやり方の方が結果が出せるはず。

そう考えて行動している店長や担当者も多いはず。

  そして「てっちゃん会」に集う仲間もそんな連中ばかり(笑)。

てっちゃん会というコミュニティーの仲間達と本田圭佑という人間が重なって見えてのも事実である。

  企業を超えて集うその根底。

そこには、自ら考える店舗運営や仕事への仕方と微妙に違和感のある本部や商品部との確執から、自らの手法で結果を導き出そうとする人間集団。

  その人間集団と本田圭佑の行動。

その姿が、今回の放映を通して重なって見えたのは、私だけでは無い筈だ。

  アウトロー。

ハリルリッチ監督から見れば、本田圭佑は完全はアウトロー。

  しかし本田圭佑には彼なりに日本チームの現状と未来を杞憂している。

その結果としてのアウトロー的な行動。

  ここには必ず結果を出すという強い意志が伴う。

その意志がなければ、アウトロー的な行動は出来ない。

  アウトローにはアウトローなりのプライドがある。

それは、どこまでも結果を出すというプライド。
そのプライドがあるから、自信を持ってアウトローになれる。

  そんな姿が本田圭佑からダブって見えたのである。







|

« 基本は嘘をつかない | トップページ | ピンチはチャンス »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
個店の店長とは個店の立地環境を考慮しながら、現存する自社の商品やサービス、そして従業員を武器として競合店と闘う。
よって店長とは、自企業の強み・弱みを考慮しながら方向性を模索し計画立案し、そして組織的にチームを行動させて効果を集中させる。
そこにおける店長の仕事の楽しさとは、組織力を駆使しての業績達成。
やはり、個店の課題解決は店長の手腕にかかっているということですね。

投稿: てっちゃん | 2018年5月20日 (日) 23時33分

1会社、1組織の中での個店主義 自分の考えるストアコンセプトの実現 実現とはお客様に支持されて結果を出すことです 本部主導の店舗運営ではお客様に支持されないのは結果をみても明白な事実 さりとて個店だけでも無理な訳でいかに本部を利用しながら実現させるか?が店長の力量だと思います また店長自身の意識が重要で常に自分を磨きこれで良いのか?と自分に問い続ける事ができなければなりません 残念ながらそんな店長ばかりではないのも事実
監督が本部なら本田選手を含む各選手は各店舗の店長でしょうか? それは店長とチーフの関係のように徐々に降りてくのでしょうね 同じ目的と目標を共有し自由裁量を与えながらもメンバーと一緒にストアコンセプトを実現させる事が発展の鍵と思います

投稿: dondon-ki | 2018年5月20日 (日) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の流儀から:

« 基本は嘘をつかない | トップページ | ピンチはチャンス »