« 競合対策プロジェクト | トップページ | 基本は嘘をつかない »

2018年5月18日 (金)

今年の母の日商戦

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


ゴールデンウィークが終わり、母の日を迎える。

  食品スーパーにとっての母の日。

ゴールデンウィークはどちらかといえば、食品スーパーにとっては盛り上がりに欠ける日々が続く。

  避暑地等ではバーベキュー商材等が爆発。

しかし、普段使いのお店に関しては、逆に低調な日々が続く。
多少、焼肉商材の動きはあるものの、最近では子供の日とは言え、家で子供の成長を願っての催しというよりも、連休の一環としての行楽や子供の好きな行楽地やディズニーランドで子供の楽しむ姿を見ることの方が、子供と大人の過ごし方になってきているようだ。

  逆に母の日は盛り上がる。

ゴールデンウィークを散々外で過ごした経緯もあろう。
逆に、母の日は家で手作りの晩餐という暮らしなのであろう。

  ゴールデンウィーク以上に母の日は極端に盛り上がる。

しかし、今年の母の日は雨だった。
午前中はなんとか雨足も弱かったが、午後に入るとその雨も本降りとなってきた。

  これだけ降られれば外出は控えたいという心情。

結果としては、夕方以降のお客様の引きが昨年との大きな差となって売上に反映された。

  しかし母の日に提案した商品の動向は良好だった。

特に、ステーキに関しては最近流行しつつある極厚ステーキが人気。

  赤みのモモやヒレの小振りの厚切り。

普段から品揃えを強化してきたが、ここぞの母の日で爆発。

  やはり普段から食べて見たいという欲求があったのだろう。

母の日当日になると、この商品化が精肉の売上を底上げした。

  更には寿司も母の日バージョンの生寿司が人気。

こちらは作っても作っても品切れとなる始末。

  そして、生花。

カーネーションに代表される生花の動き。
当店の生花はお店の強みとしてお客様に評価されているため、お盆や彼岸と同様に母の日でも入口正面の最高の場所を提案し、花屋さんが力を発揮して売り場を作った。

  当然に昨年以上の売上を記録。

生花の売上げといえば、お盆や彼岸であるが、母の日の売上げもバカにはならない。
当店は仏花には強みを発揮するが、洋花は決して強くない。

  しかし母の日の売上はお盆商戦とどっこいというのが通常らしい。

先日、花屋さんと会話したときには、大型店の店舗の売り上げは、お盆商戦と同等の売上を記録するらしい。

  当店の10倍もの売り上げを今回も記録。

特に、大型店になればなるほど、このようなイベントでの花の強みが大いに発揮されるらしい。

また、別の花屋さんから聞いた話では、花屋の人事異動は母の日が終わってからというのが通説らしい。

  我々は年末商戦後に一気に人事異動に話題が移っていく。

同様に、花屋さん達は母の日のイベントが終わると、人事異動が始まるという。

  それだけ、花屋にとっての母の日というのは一大イベントなのだ。

そして5月も後半に向かっていく。

  季節的には一年で一番爽やかな季節。

朝晩は涼しく、日中は暑くなる。

  刺身、生食の季節が到来する。








|

« 競合対策プロジェクト | トップページ | 基本は嘘をつかない »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
競合対策チームに乞願してみてください。
現場復帰が叶うかも(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年5月20日 (日) 06時35分

舎弟も申しておりますが母の日も含めハレの日は日頃のお客様の期待値の積み重ねがあっての成功ですね。お花屋さんも日頃の仕掛けによる期待値の結果であると思うのです。
現場を離れて2年余り・・・今日のような記事を見ると現場は生物であり毎日接点を持てる店長って良いなーお思ってしまいます(笑)。

投稿: dadama | 2018年5月19日 (土) 21時50分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
我々が作る売場はそのほとんどがいくつ売れるかわからない状態から数量を決めて製造し、製造した商品がある程度予測されたお客様の購買動機を促して売れていく。
その為には事前に顔見せをしておいて、母の日にも品揃えされているだろうと思わせといて大胆な売り場と数量計画を組むと。そして、その仕掛け次第で当日の売上がガラッと変わってしますこと。
その予測を実現できるかどうかに担当者の力量が問われるものなのです。

投稿: てっちゃん | 2018年5月18日 (金) 22時22分

ハレの日の売り込みも普段から、せめて数週間前から見せて仕掛けをしないと当日の爆発には繋がらないですね もちろん当日の仕掛けでも良いのですが お客様は家を出る瞬間から店の選択に入ってますので その選択肢に入らなければなりません
どこで買おう?なんて会話が家族であると思います そういやあそこのスーパーに厚いステーキあったね なんて気づいてくれたらしめたもの。しかし担当者はロスを気にしてその商品を起きたがらない それはリスクだと思いますが それを恐れては当日の跳ね上がりには繋がらないと思います 予告は大事ですね

投稿: dondon-ki | 2018年5月18日 (金) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66723062

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の母の日商戦:

« 競合対策プロジェクト | トップページ | 基本は嘘をつかない »