« 年号の変更 | トップページ | 第1四半期を終えて »

2018年5月31日 (木)

オープニングスタッフ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


オープニングスタッフ。

  新店開店時からのメンバー。

それは、社員でもパートでもアルバイトでも同じこと。

  店長にとってのオープニングスタッフは思い入れが強い。

お店がゼロの状態から採用を始め、徐々にメンバーが集まりつつありながら店舗研修が始まる。

店舗研修を続けながらも、また新たなメンバーが加わっていく。

  そしてオープン。

その後はオープニングスタッフというよりも途中からの採用者というイメージであるが、上記のオープン前から採用が決まっていた従業員には「同志」という意味合いを強く持つ。

  “何もないところから参加してくれた”

そんな思い入れが強いものだ。

  今回、同志のアルバイトが退職した。

学業の為。

  その理由を聞いた時、私は即了解した。

「了解って、退職に店長の了解が必要なの?」

  そんな風に受け取られても仕方がない言い回しであった(笑)。

それには、訳がある。

  そのアルバイトが本当に申し訳なさそうに言ってきたから。

そのバイトは男性で、最寄りの大学に通う身であった。

  地元から離れてアパートに住んでいた。

だから、親への負担軽減の為に自らアルバイトをして生活費を稼ぐ目的で当社の面接を受けたという。

  採用は全て店長の仕事。

新店時からそれだけは貫いてきたから、パートだろうがアルバイトだろうが、採用時の経緯は理解している。

  彼は無口だが黙々と仕事をこなすタイプだった。

そんな彼が、退職の旨を私に報告に来た時は、本当に申し訳ないという萎縮した態度であった。

  「もっとやはくいうべきだったのですが、すみません。」

大学3年ともなると、資格取得の為に補講があるらしい。
その補講を受講する為には、アルバイトをする余裕はなくなるという。

  「週に二日でもいいから出られないか?。」

しかし、やはり難しいらしい。
よって、彼のためにも快く退職を認知し、彼を送り出してやろうと思った。

  「退職するのに遠慮をいらないよ(笑)。」

そんな経緯のあったアルバイトに声を掛けた。

  「○○君はいつが最後だ?。」

「はい、明日で最終です。」

  「そうか、学業頑張れよ(笑)。」

私がそう言った後の彼の表情がものすごく良かった。

  「ありがとうございます(笑)。

今までにない笑顔。

  そして、大学時代のアルバイト経験。

勇気を持って前に進んで欲しいものである。





|

« 年号の変更 | トップページ | 第1四半期を終えて »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
最後の夜に売場に一礼。
売場に対して、相当な思い入れがあったのでしょうね。
そんな姿を見るにつけて、人生は一期一会、どんな出会いにも必ず大きな意味があるということを学ばされますね。

投稿: てっちゃん | 2018年5月31日 (木) 23時38分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
現代は、なかなか学生アルバイトも少なくなってしまいましたね。
そんな中でも積極的に当店で私用で休むこともなく、コツコツと安定したアルバイト業務をこなしてくれました。
感謝です。

投稿: てっちゃん | 2018年5月31日 (木) 23時35分

私の印象に残るアルバイトで最終日の閉店後、暗くなった売場に向かって「お世話になりました。ありがとうございました!」と深々と一礼したアルバイトがおりました。潔き姿に私の方が彼に教わったワンシーンです。たかがアルバイト、然し乍らアルバイト時代に得た経験は彼の人生に大きな財産を残したのだと信じています。

投稿: dadama | 2018年5月31日 (木) 21時00分

きっと退職する彼は会長のところで学業だけでない社会の仕組みの多くを学び旅立つと思います 私も学生の頃はアルバイトに明け暮れてましたが そこから学んだ事は自分の土台となったような気がします 今の若い世代はアルバイトに来ても横の繋がりは薄く帰りもバラバラに帰りコミュニケーションが乏しいと思います 当店のバイトさんバイトくんも そういう所を学んで欲しく ここのバイトは良かったなぁ と思ってくれるように雇う側も精進しなくてはの思っています

投稿: dondon-ki | 2018年5月31日 (木) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/66774992

この記事へのトラックバック一覧です: オープニングスタッフ:

« 年号の変更 | トップページ | 第1四半期を終えて »