« トレーナーの援助 | トップページ | 他社との懇親会から »

2018年4月14日 (土)

決断する

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


Facebook仲間から案内された本。

  決断の条件

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106037300/tetu0358-22 
新潮選書からの会田雄次氏の著書である。

Facebook仲間が是非読んで欲しいとアップした本であり、1975年に出版された本であるが、彼も今だに決断しなければならない時の指針として参考にしているという。

  早速、アマゾンで注文。

そして早速読み始めたが、これが意外に難しい(笑)。

  私が15歳の頃の本である。

言い回しが古典的であり、マキャベリや韓非子等の格言を現代の表現で解説するのだが、どうも今ひとつ決断に結びつかない話題が続く。

この本はおそらく、一度通読して見て、その後じっくりと読み返して徐々に頭が理解していく本ではないかと思われる。

ようやく終盤に近づき、物事を決める時に把握して置くべき要素が明確になってくる。

  この本は人間学を学ぶ本である。

決断の条件というと、何か具体性のあるノウハウを想像してしまうが、この本は人間を奥底から捉えて学ぶ本と言える。

  それも国家元首や社長クラスが身につけるべき政治学。

そう、ある意味政治学ではないだろうか。

  政治学とは政権運営のことではなく人間心理のこと。

その人間心理を奥底まで追求し、組織内で深層心理を活かして情に左右されずに組織に最善の意思決定を決断する術を記載した本である。

  だから非常に勉強になる本だ。

この本が著されたのが、1975年。
私が15歳の頃の世情を背景に書かれた本である。
だから、学生運動の時代背景でもあり、女性の社会進出以前の時代背景もあり、その表現に違和感を抱く人も多いかもしれない。

  しかしそこには真実がある。

私はそう思う。

  組織の中でも人間の深層心理。

その深層心理をしっかりと受け止め、情に流されずにしっかりと真実を受け止め、組織を正しい方向へ導くための処世術が描かれている。

  それをマキャベリや韓非子の言葉を借りて解説している。

特に、集団心理に対して、組織の長や元首はどう判断し、どう行動すべきかという決断手法に関しては、大いに納得せざるを得ないところがある。

組織の個人に目を向けるのは重要だが、とかくあちらを立てればこちらが立たなくなるジレンマに陥ることがある。

  この状況で組織が取るべき行動とは?。

その視点から、リーダーが決断し行動し、組織をより良い方向へ導く時の、組織内の人間心理を深く洞察しながら、如何に行動すべきかが理解できるのである。

  人間学。

私は、この本をもう一度読み返して、人間学に触れていきたいと思うのである。

  
  決断の条件

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106037300/tetu0358-22 
新潮選書からの会田雄次氏の著書。

  ぜひ、共に学びましょう(笑)。








|

« トレーナーの援助 | トップページ | 他社との懇親会から »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
シニアバイヤー以前はこのようなセリフは聞けなかったような気がするのは私だけでしょうか(笑)。
やはり、店舗という現場と商品の現場を経験することによって、商売の本質、本部と店舗の本質、組織の本質が見えてくるのでしょうか。
ぜひ、もう一度店長としてその経験を発揮して欲しいものです。

投稿: てっちゃん | 2018年4月15日 (日) 00時08分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
お師匠様が「本部は利用するもの」と仰ってますが、そっくりそのままお返し出来るセリフでしょうか(笑)。
仰る通り、決断には責任が伴い、そして責任を負って結果が出るまでやり続けるという覚悟を持つことなのだと思うのです。
ぜひ、dondon-kiさんの目指す競合対策をやり続けてください。必ず結果は伴ってくると思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2018年4月15日 (日) 00時05分

舎弟よ本部に逆らってはいかんよ。上手く利用するのが店長です(笑)。
決断ですか。会社も個人も決断すべき時期は近いのかも知れません。アウトロ―ですが会社にはお世話にもなり愛着もありますから。会社が変わる時に運命を共にするのかな(笑)。と言いながら定年まであと一年余ですから会社のが生き残ってますね(笑)。

投稿: dadama | 2018年4月14日 (土) 21時29分

本部に逆らう 1組織の人間としては会社の政策でもある販促一つにしても結構な決断でした しかも他店舗も巻き込んで(汗)当然それに対しての結果責任はついてくるわけで決断をするという事は責任をとると言う事だと思います しかしながら大型SCが出店し自店を含め日々苦しむ近隣店舗 各店の店長そして そこに所属するメンバー 関わる商品部が動いてくれて初日はまずまずのスタートでした 3日間のチラシですのでまだ最終結果は出でいませんが本部作成より良かったと言われれば最高です
また 月曜の本部の朝会で何を言われるやらしれませんが(笑)

投稿: dondon-ki | 2018年4月14日 (土) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決断する:

« トレーナーの援助 | トップページ | 他社との懇親会から »