« センター化 | トップページ | アニサキスの季節 »

2018年4月17日 (火)

定年延長の時代

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、ある懇親会に参加した時のこと。

  「うちは今年から定年65歳になりましたよ。」

従来の定年は60歳。
そして、それ以降は個人の能力や希望を取り入れて、現在の職位をそのまま延長したり新たな職位に変更したり。

しかし、今年から全面的に定年を60歳から65歳に引き上げたという。

  それによって、給与も職位も現状を守られるという。

それは当然、能力の世界であるから、その職位が保証されるということではないが、能力次第では現状の職位のままで給与も現状維持でき、それが65歳まで続くということだ。

  定年延長。

時代はそうなっていくだろう。

  それを早々に打ち出すことによって安心して働ける。

また、定年間際になり、変に手を抜かずに65歳程度まで現状の仕事を継続してほしいという企業側の意図もあるのだろう。

  65歳まで現状の給与を維持できる。

企業としては大きな経費増なのだろうが、それでも人材不足には背に腹を変えられない。

  また人数的に多い店長職に60歳以降のベテラン陣は欠かせない。

60歳以降もまだまだ元気な体。
そして、年金問題もあろう。
そこに人材不足が重なってきた。

  更に店舗数を増加させ企業規模を拡大させるには?。

60歳以降のベテラン店長の存在は欠かせないという判断。

  その流れはこの業界でも急速に進んでいくだろう。

そうしなければ、店舗数は拡大出来ない。
正社員の定年が65歳に延長されたと言っても、パートさん達の定年があって無いのに等しい状態でもある。

  鮮魚のパートさんの平均年齢は?。

そんな問いに、60歳の定年年齢を超える数値を返答する店舗が続出するのではないだろうか。

  それだけ年齢的には高齢になっているということだろう。

しかし、仕事ぶりにおいては、下手な若手パートよりも熟練しているし、刺身を切らせたら右に出るものがないほどの達者ぶり。

  だからなかなか離せない(笑)。

逆に言うと、その熟練度がお局化させて新規パートの定着を拒んでいる現実でもあるのだが。

なんだかんだと言っても、大手がいよいよ定年を65歳に引き上げてきた。

  その流れは中小にも当然流れてこよう。

逆に言うと、中小スーパーの方がその問題は深刻であるはず。
企業からしてみれば、できれば新規従業員に早々に店長を任せておきたい。
そして店長経験を多く積ませ、熟練店長を多く抱えて競合関係を優位に進めたいところであろう。

  しかし何れにしても背に腹は変えられない。

65歳定年が定着してくれば、年金支給年齢が更に引き上げられる可能性も高くなってくる。

  そのイタチごっこが当面続くのであろう。

それは、政府も望むところであろうか。
年金支給年齢が引き上げられ、その補填として企業側が定年延長で雇用を継続するシステム。

  年金を捻出する労働力を自ら捻出する自助努力。

何れにしても、定年延長は今後とも広がりを見せていくことであろう。








|

« センター化 | トップページ | アニサキスの季節 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
各社各様の定年事情。
しかし人材不足と年金問題から、企業も定年を延長して65歳、70歳と延長して行かざるを得ないのだろうと思うのです。
特に生鮮や惣菜といった現場で製造部門に携わる人材に関しては働けるうちは何歳でも働いて欲しいのが現場の事情。
いずれ御社も嘱託店長が誕生するのでは?。チャンスですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年4月18日 (水) 09時34分

当社は60歳定年後嘱託社員に移行しますが嘱託社員の店舗管理職は流石におりませんがバイヤー等専門職では給料は下がりますが(笑)職位は変わらない方も出てきております。給料と働き甲斐のバランスの違和感はあるでしょうがそのまま移行する方が多いですよ。私も残りが一年少々とゴールが見えてきたので今後を考える時期が来たのですが会社の状況が見えにくい今、将来は見い出せていませんね(笑)。

投稿: dadama | 2018年4月18日 (水) 09時22分

KODOさん、コメントありがとうございます。
→最近、思うこと私利私欲ない後任の店長育成。
それは店長としての余裕の現れではないでしょうか(笑)。
そして、自分が育成した店長仲間がいずれ自分を盛り上げてくれる存在となって自分にとってかけがえのない企業内での存在となっていく。
その時になって「俺の青春」の後悔が消えていくのだろうと思いますよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年4月18日 (水) 09時20分

自分自身、27歳で店長になりはや17年……
経験値ではベテラン店長(まだまだ気分は新任です(笑))、酸いも甘いも経験してきました。
あと、20年店長かぁ~とか思っています。私生活を顧みず会社に尽くしてきた日々、俺の青春を返せ!!とか頭をよぎることがたま~にありますが、いまのポジションに居られるのも若くして店長になったからと感じています。
最近、思うこと私利私欲ない後任の店長育成。副店長は今まで年上ばかりですがそんな事を考えられるようになりました。少しずつベテラン店長枠に入ってきたからでしょうか?

投稿: KODO | 2018年4月18日 (水) 07時58分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
組織に人材が枯渇していく未来。
定年延長は当然の時代の流れではないでしょうか。
若年層だって、安定して65歳まで働ける自分の未来を早々に描くことができれば、自社で働く選択をするのかと思います。但し、それと人材の刷新とはまた別問題。
私はバイヤーはどんどん若手に切り替えて、そこで修行を積むことが大切かと思いますが、店長は逆に経験を積んだ人材がその全てを賭けて個店を切り盛りする方が業績的にはいいのかと思っております。シニアバイヤーがバイヤーを教育するバイヤーならば、店長を教育するマスター店長がいてもおかしくないですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年4月18日 (水) 07時08分

定年の延長は会社にとっても悩むところでしょうね 若い世代にしてみれば色々と店長として学ぶ機会もあるでしょうが なかなか次の店長の椅子がまわってこないなんて事も思ってるのかもしれません ですのでそんな後ろ指を刺されないように 経験値をもとに常に自分に磨きをかけ 新しい事にチャレンジし 常識にとらわれない若い発想をしなければならないと思います
店長は孤独 店長を教える店長も必要なんだと最近思います

投稿: dondon-ki | 2018年4月17日 (火) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定年延長の時代:

« センター化 | トップページ | アニサキスの季節 »