« パシュート | トップページ | イベントへの偏り »

2018年2月26日 (月)

異なるマネジメント

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


他企業同士の集まり。

  それがてっちゃん会の醍醐味。

そこで一番感じるのは、企業毎のマネジメントの差。

  マネジメントは内部に入り込まないとわからない。

しかし、この会は異質な他企業のマネジメントに触れることができる。

それは、会話を通して意見交換する都度に、その言葉尻から相手の視点と自分の視点との違いを肌で感じる程度ではあるが(笑)。

もっと奥深く相手企業の内部に入り込んで数日間研修等を行わねば具体的なマネジメントは理解できないだろう。

しかし他企業同士の意見交換からも、他企業のマネジメントで重視する部分と自社との違いは明確に把握することができる。

今回のてっちゃん会でも、翌日に都内の店舗を数店舗見学したが、そこでもメンバー同士の会話や雑談から自社の目線と他社の目線の違いは明確に見えてくるのだ。

  単品の積み込み方に厳しいルールをもつ企業。
  売場の鮮度チェックに厳しい基準をもつ企業。
  日々の清掃ルーティン化を維持継続する企業。
  販売計画案を店長主導で綿密に計画する企業。

自分の企業では当然と思っている部分が他企業ではあまり重視していないところや、逆に自社では重視していない分野を徹底して強化している企業。

  それがメンバー同士の会話から伝わってくるのだ。

“この企業はここまで単品量販にこだわっているのか”
“この企業はここまで清掃ルーティン化しているのか”

そんなメンバー同士の会話から、自社との違いを察知し、そこからまた新たな話題が展開していく。

  自社内では暗黙の了解で進められるマネジメント。

その暗黙の了解が逆に通じない、メンバー同士の会話(笑)。

  しかし想いは同じ。

だから、如何に仕事の楽しさを追求するかと言う視点では全員が一致しているのである。

  ここがこの会の吸引力であろうか。

仕事の楽しさ、そこに惹きつけられて集まったメンバー同士であるから、マネジメントの違いはあるにしてもそんな小さな問題よりも、それを通して得られる楽しさを追求すると言う人間集団である。

  だからマネジメントの違いに左右されないのであろう。

自社のマネジメントを活かしながら、自分がリーダーとなる組織でどう仕事の楽しさを追求していけるか。

  そこに他社からのマネジメントを学びたい。

そんな強い意識を持ったメンバーの集まりともいえようか。
そしてそれは、このような場に出てきてみて初めてわかる世界でもあろう。

  皆さんもどんどん外に出て欲しいものである。

自社の束縛から離れて、他社の方と他流試合をどんどん経験してみる。

  そこに新たな気づきがたくさん生まれるだろう。

そこには、自分に対する自信につながる部分もあろうし、逆に自分の未熟さに打ちひしがれるときもあろう。

  しかし何れにしてもそれは外に出てみて初めてわかる事実。

そんなチャンスを自ら掴み取っていくことが人生ではないだろうか。






|

« パシュート | トップページ | イベントへの偏り »

「てっちゃん会」」カテゴリの記事

コメント

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
自分の本籍地と現住所。
結城先生が口にする論理。
しかし人間はやっぱり本籍地というDNAからは逃れられないのではないでしょうか。
そして現住所。
今、どこにいるのか?。
住めば都と言いますが、その都を都として尊敬しているかという問いにどう答えるかで未来が決まるのではないでしょうか。
是非、明るい未来の為にも現住所にこだわりたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2018年2月27日 (火) 00時08分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
その意地がしもつかれチップスをあそこまで売りこめた原動力だろうかと思いますね。
そしてそれは単なる一事例であり、メンバー同士の繋がりから個人個人では色々な開眼があったのではないでしょうか。
もはやそれも遠心力によってどんどん知らない世界で知らない個人個人が元気になって行く。
これもまた組織力なのだと思いますね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2018年2月27日 (火) 00時03分

極悪師匠に導かれ まずは地元からあちこち見て周ったMR そこには驚きと感動そしてそれぞれの企業様の志の高さ
そしてきたのは 己の未熟さからくる挫折感と無能感 井の中の蛙とはよく言ったもので自分がいかに会社に寄りかかった人生を送ってきたのか 学校のごとく本部主導のMDを行う事に終始してたか思い知らされました
しかしその弊社のMDは崩れ社の命運も大きく揺らいでる中 結局お客様の為に何ができるのか?が個店に問われ個店の力が問われています 多少なりとも てっちゃん会を通じて学んだことを まだまだ会社の壁が高くメンバーの意識も会社に寄りかかってる中でも実践しなくては生き残れないと思う日々です

投稿: dondon-ki | 2018年2月26日 (月) 22時49分

企業の柵を越えてまで情報共有出来る信頼と絆。単なる飲み友達でなく商売を通じてお互いに成長したい想いがあるからこそ。仲間でもあり良きライバルでもある。共有し合えた事を現場に持ち帰り具現化する。他社からの学びですから自社で実践すると驚きや抵抗にも多々巡り合い(笑)。意地でも結果を出す事がアウトローが生き残る宿命であり会のメンバーへの恩返しであると思うのです。

投稿: dadama | 2018年2月26日 (月) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異なるマネジメント:

« パシュート | トップページ | イベントへの偏り »