« 原点 | トップページ | 天候を味方に付ける »

2018年2月16日 (金)

引き継ぎ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人事異動。

  大切なのは引き継ぎ。

店長は店長同士の引き継ぎ。

先日競合店の店長が人事異動で入れ替わるために、新任の店長と当店に来店した。

  店長同士の引き継ぎの実施。

店長同士の引き継ぎの場合、何をどのように引き継ぐかといえば、なんのことはないが書類のありかぐらいだろうか(笑)。

それは極端だが、それ以外では、内部の情報としての各従業員の中で情報として入れておかねばならない事項の引き継ぎと競合店との関係であろう。

  その一環として競合店の店長も二人で来店された。

競合店の店長との顔合わせ。
それは、意外に後々大切なことだと思う。

  そしてチーフもチーフ同士で引き継ぎを行う。

この場合は綿密な引き継ぎもあれば、大雑把な引き継ぎもある。

  しかしどんなに綿密な引き継ぎを行なっても限界はある。

そこから先は、仕事を通じて自分で馴染んで行くしかない。

  店長同士の引き継ぎ、チーフ同士の引き継ぎ。

しかし本当に大切なのは、在来店長と新任チーフの引き継ぎであろうか。
または、新任店長と在来チーフの引き継ぎであろう。

チーフ同士でどのような引き継ぎを行なったかは店長にとってはあまり考えなくてもいいとは思うが、自分と新任のチーフとの引き継ぎは人事異動時から綿密に店長イズムを語って行く必要があろう。

  新店の場合は開店する前から綿密に情報を共有してきた。

そうやって教育、開店、競合対策等を共に歩んできたチーフが入れ替わるということは、それだけ費やした時間を短時間で新任チーフと共有しなければならない。

  今回は3名のチーフが入れ替わった。

日々の中で3名の新任チーフとの引き継ぎを売場にて時間帯別に都度都度行なっているのが現状。

しかし、私と新任チーフとの引き継ぎは妥協せずに時間を掛けて行なっていかなければならない。

  初めが肝心。

そこをいい加減に進めてしまうと、後々新任チーフが頭を切り替えられずに現状に馴染んでしまうからだ。

  いい加減に馴染まれては困るのだ。

現状や部下の現実に馴染んでしまう前に、あるべき姿を店長と部下が共有していなければならない。

そこで失敗るとそれ以降で修正しようとしても膨大な時間がかかるからだ。
逆にそこが上手く引き継がれると、そこから後任者の強みが加わり好結果を生むことになる。

  店長としては後任者の強みをなんとか発揮させたいと願う。

その強みを発揮させる以前に、この店舗の強みを維持してもらわねばならない。

  引き継ぎとは従来の強みを継続させること。

その引き継ぎに、自らの強みを付け加える。

  人事異動の本来の目的はそこにある。

いくら綿密なチーフ同士の引き継ぎとはいっても、数日間を共に過ごす引き継ぎはない。

  店長とチーフの二人三脚での引き継ぎ。

そこに、従来の強みと個人の強みの融合が発揮できるか否かの秘密が隠されているのだろう。











|

« 原点 | トップページ | 天候を味方に付ける »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

雪ッキママさん、コメントありがとうございます。
人事異動。
良くも悪くも環境の変化は大きいもの。
しかしそれもお互いの認識のズレからくることが多いものです。
そしてあるべき売場の共通認識をお互いに詰めていく必要はありますね。
これはもうお互いの会話の数に比例するものですよ。

投稿: てっちゃん | 2018年2月17日 (土) 23時50分

私の職場でも移動があり、今までは活気があったのですが
活気がないんです😭上司が変わるとやり方も変わる
穏やかな友がむかつくた顔をみせる…
これからどう変わってしまうのだろうか

投稿: 雪ッキママ | 2018年2月17日 (土) 08時36分

dadadmaさん、コメントありがとうございます。
結局店舗の店長の1番の醍醐味は部下の成長とそこから現れる業績という見返りではないでしょうか。その因果関係を信じて部下を育成する。それは結局自分の未来を育成することにつながることにも繋がりますからね。

投稿: てっちゃん | 2018年2月17日 (土) 06時35分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
どこまで腹に落ちているか。
そこが重要だと思います。
その為には、腹に落ちる為に相手が自分の話を素直に聞く環境つくりを異動直後から作っていくことが先決かと思います。その為には異動者を異動まえの評判を捨てて目の前の姿をよく観察することだろうと思います。そこに本人の強みが必ず現れる。その強みに注目して素直に評価することから始まるのだと思っています。

投稿: てっちゃん | 2018年2月17日 (土) 06時32分

天塩を掛けて育てた人材が巣立つのは正直寂しいですよね。しかしながらてっちゃんの厳しい?指導を耐え抜いたメンバーが次のステップに立ち会社を成長させていくのですかすら。そして新たなメンバーがより高いステップを目指してっちゃんと切磋琢磨していく。店長職を離れて改めて人材育成の醍醐味をして感じています。

投稿: dadama | 2018年2月16日 (金) 20時37分

この時期悩ましい時期ですね 不安と期待 異動する してきた当人達が一番不安でしょうが (笑)お店の長として異動者にはストアコンセプトを受け継いでもらうことが言われる通り肝心なところだと私も思います 商売のやり方は各担当者により異なりそれが個性であり結果が出れば評価に繋がると思います ですが目指す方向は同じでなくてはならない 新任者は馴染むまでは孤独になりがちなので声をできるだけかけてあげ その折々に店への考え方と現状の方向性を話しています
問題は どこまで腹に落ちているか?ですがね(笑)

投稿: dondon-ki | 2018年2月16日 (金) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き継ぎ:

« 原点 | トップページ | 天候を味方に付ける »