« イベントへの偏り | トップページ | 新たな年度のスタート »

2018年2月28日 (水)

52週を終えて

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


当社の年度末は本日。

  3月から新たな年度のスタートとなる。

52週のMDと反省を継続して何年になるだろうか。

  パソコンには平成10年からの記録が残っている。

平成10年から、1週〜52週の名目で毎週の売場写真と簡単なコメントでの反省が部門毎にExcelで記録されて保存されている。

  52週に取り組んで早8年が経過したことになる。

当初はとにかくやってみて、写真に残して、まとめて一枚の用紙に残して積み重ねていこうと考え、紆余曲折はあったもののなんとか1年継続してみた。

  この一年間の継続が大いなる自信に繋がった。

1年は52週の流れで経過し、そして2年目からは前年の繰り返しで再び52週が巡ってくる。

  それが本当に理解できたのは、最初の1年の継続があったからだ。

そして2年目に突入して、1週目のひな祭りを再び繰り返してMDに取り組んで見ると、これがよく見えてくるのである。

  “一年間の経験と継続は大きいなぁ〜”

そう思えたのは、52週の売り場つくりと反省、そして途中でくじけそうになりながらも一年間継続した後の53週目からであった。

  そして2年目からは52週の繰り返しを実体験する。

人間、一度経験するとその効果は絶大なものである。

  羽生結弦が「私はオリンピックを知っている」

と豪語して再びオリンピックチャンピオンになったのは記憶に新しい。
まさにその通り、一度経験した52週への取り組みと経験は、大いなる自信と反省からの新たな一手を自分に授けてくれるものだと知ったのである。

  それから早8年が経過した。

当初の52週販売計画と実践では、きっちり本部提案通りの展開に徹した。

  更に強調してやりすぎの展開であったかもしれない(笑)。

ただ、それが許された売上規模の高い店舗であったが故に、大きな痛手にもならずに数値のブレもなく経過できたのであるが、ここ数年の所属店舗ではやりすぎのきらいがあり、そのことによって大いに数値のブレを発生させてしまっていた。

  その反省から店舗の役割に応じた展開へトーンダウン。

そして、それがお客様にとっても良いことであることを知るようになった。

  そう、考え方が変わってきたのかもしれない。

お店の役割にあった52週の展開にフィットさせて実行することが、如何に大切かを知るようになる。

  それも継続してきたから見えてくるもの。

普段の暮らしとそれに対応する基本的な考え方と52週という大きな流れに対応する売場作り。

  この両面をどうお店にマッチさせるか。

そのことが業績面に大きく寄与することも理解できてきた。

  52週に対応するということはリスクを負うことでもある。

そのリスクをチャンスに変えられるか否かは、お客様の動向に従うしかないのである。

  52週の継続でお客様を変えていく。

それも必要であろうし、逆にお客様に従い追随していくことも必要である。

  そのバランスをどう次に活かすか。

これが、52週を継続して実施しながら、お客様の支持を高めていく要因なのだと思うのだ。

そして、新たな52週が幕を開けたのである。

  さて、今年は何を省いて何を付け加えていくか。

これがあるから、商売は辞められない(笑)。






|

« イベントへの偏り | トップページ | 新たな年度のスタート »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
組織運営で一番難しいのは、個店が本部情報を参考にしながらもその情報を捨てて自ら信じるMDに修正した実現できるかどうか。
これもやはり訓練しかないのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2018年2月28日 (水) 23時03分

dadamdaさん、コメントありがとうございます。
個店個店の意思が入っての金太郎飴ならいいのですが、金太郎飴になることに意思を置いたらそれ以上の発展性はないですね。
本部としては結果としての金太郎飴が理想なのでしょうが、結局金太郎飴に成るべくしてなってしまう現実。そこには個店の意思など全くなくなってしまった物置場の様相ですからその後の個店の成長は見込めないですね。

投稿: てっちゃん | 2018年2月28日 (水) 22時34分

弊社においては完全本部主導の52MDです これは基本であって店舗の環境 競合の状況により個店々によって違うものというのはここに集う皆様は知っての通りと思います しかしながら残念な事に弊社の体質でそれを理解できず真面目なメンバーが多い中 本部と言う先生が言う事だけを一生懸命にやろうとします
それが前年モタレのMD 変化も進化もなく売上前年割れの日々がやってくる やがてそれにも慣れてしまう 前年のMDを見て今年もこれをやればいいんだでなく 今年はどう変化させ更に進化深化新化させるかが大事な事なんだ!と鬱陶しがられながら説教する日々です(涙)

投稿: dondon-ki | 2018年2月28日 (水) 21時21分

基本を理解しての仕掛け。52週MDはチェーンストアとして企業イメージや統一感を打ち出すのに不可欠ですね。52週を熟知してるからこそ事前の仕掛けや準備も出来る。52週MDを含め店舗運営は店長の経験や資質の差をリスクと捉え金太郎飴型が理想なのでしょうが、現実的には競合環境や社会の変化に会社が追い付いていけない現実もあり、経験と感が再評価される時代にないてなってきたのではないでしょうか。

投稿: dadama | 2018年2月28日 (水) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 52週を終えて:

« イベントへの偏り | トップページ | 新たな年度のスタート »