« 仕事観を受け継ぐ者 | トップページ | 人時を金に変える »

2018年1月18日 (木)

アウトプットの為のインプット

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長している「てっちゃん」です。


インプットとアウトプット。

  直訳すると「取りいれて、吐き出す」

言葉は汚いが、外部から自分に吸収したものを、別の外部の為に与えるという意味である。

よく、インプットとアウトプットという言葉を我々は使うが、間違ってはいけないのは、インプットばかりに勤しんではいけないということだ。

  アウトプットとは他社の役立つ情報を提供すること。

よって、自分がアウトプットすることによって、周囲の人達の利益になる情報を提供できなければ、それは単なる情報の吐き出しでしかない。

  情報の吐き出しは情報の氾濫を招く。

情報が氾濫すると、組織を的確に誘導することができなくなる。

  組織に混乱を招くということになってしまう。

よって、的確なアウトプットを実現する為に正しいインプットをしなければならない。

  正しいインプット。

それは、的確なアウトプットに必要な情報を取り入れるということである。

  この時期のインプットとアウトプット。

そろそろ、新年度の企業方針、店舗方針を固める時期であろうか。

  店舗方針をアウトプットする。

そう考えると、我々は常にお客様に近い存在である。

  最先端のお客様情報をインプットできる。

これが、現場の強み。

  お客様の今を有効にインプットすること。

これが、企業人としての現場の最大の強みであり、使命でもある。
これら、常に日頃からのお客様情報のインプットこそが、現場の店舗の使命であり、このインプットを店舗方針として有効にアウトプットしてこそ、次年度の効果的な店舗運営に結びつき、店舗への利益貢献度を高めるのだろう。

  企業方針は変えられない。

しかしその方針を受けて、店舗方針をアレンジすることは出来る。

  お客様からのインプットを店舗方針へ盛り込む。

昨年一年間で得た、お客様からのインプット。

  特に、変化に対応できずに失敗した事例。

そこから学んだ最先端の法則を、企業利益にどう結びつけられるか。

  成功事例は更に深化させていく。
  失敗事例は大胆に変えていく。

それを店舗方針に具体化された文言として盛り込み、個店の部下達が行動しやすいフレーズとして表現する。

  それがこの時期のアウトプット。

企業の業績は個店古典の積み重ね。

  個店が強くなれる店舗方針。

個店の店長がこの時期の最大のインプットとアウトプットであろうか。








  

|

« 仕事観を受け継ぐ者 | トップページ | 人時を金に変える »

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

dadamdaさん、コメントありがとうございます。
失礼しました。こちがら怒涛の7連続コメントの最後でしたね(笑)。
店舗の存在はあくまでも基礎商圏内でのお客様の来店頻度によって左右されるもの。
その基礎商圏内のお客様の来店頻度を左右するものは「近い」と「安心」。
それは商売の基本と位置付けられる部分。セブンイレブンが定価でもあれだけ支持が高いという理由を考慮すると、近いと安心は小売業の絶対的要素だと思いますね。
そして残り数パーセントの取り合いに対して、何を武器に従業員をまとめていくか。
そこに色々な手法があり販売技術があるのだと思います。
そう考えると、やはり基本を磨いていくマネジメントという原点に帰らなければならないのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2018年1月18日 (木) 20時10分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
店長としては、どんなフレーズがこのお店を一つにまとめられるかが問われるのだろうと思います。
端的に、そしてタイムリーに的確に、従業員の心を掴むフレーズ。
それで一年間進化できるかがアウトプットの重要性かと。

投稿: てっちゃん | 2018年1月18日 (木) 18時37分

企業の存在価値。競合が現れてもこの根底を見失ってはいけないと思うのです。ここに興味を持つ方々は価格軸より価値軸に企業の存在価値を見出してる方が多いのではないでしょうか。もちろん対抗策としての価格の打ち出しは大切ではありますがこれはマスメリットを活かした本部に任せるべきで店舗は如何にお客様にお買い物を楽しんで頂くか。そこにはまず、見やすさ・選びやすさ・買いやすさの基本の徹底が大切であると今頃になって痛感しています(笑)。

投稿: dadama | 2018年1月18日 (木) 17時36分

お客様、本部、従業員それぞれから良い面悪い面の情報を整理しながら取り入れ自分の中で変換し、毎年メンバーとくにパートさんにわかりやすい言葉で発信しているつもりです。当店の場合テクニックや効率を追求し過ぎて 基本 が疎かになっていますので 基本のき の徹底を訴えています 店舗の環境によって変わるコンセプト 何を大事にしなければいけないのか?店長として見抜く力を試されるという事ですね

投稿: dondon-ki | 2018年1月18日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウトプットの為のインプット:

« 仕事観を受け継ぐ者 | トップページ | 人時を金に変える »