« 利益の根源2 | トップページ | 総選挙 »

2017年10月14日 (土)

利き腕の美味しさ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人間の利き腕。

  右利きか左利きか。

物心着いた時から、箸を持つ手や野球のボールを投げる手、鉛筆を持つ手で右利きから左利きかが分かれていた。

  私は右利き。

左利きの場合は小さい頃に矯正される割合が多いと聞くが、幸いに私はそのままの右利きで育ってきた。

野球をする場合は利き腕で投げるのはわかるが、バッティングの場合も右打ち、左打ちで利き腕と同様に自然に振り分けられるのも面白い。

右利きの人間が右バッターボックスに入ってで打撃をする。
そして左利きの人間は誰に何を言われるまでもなく、左バッターボックスに入る。

  右利きの人間が左バッターボックスに入ることは無い。

政策的に(?)、左バッターに鞍替えさせられることはあるが、それでも左バッターに適応できた人間だけが左バッターとして自分の足の速さを活かして、セーフティバントで出塁すると言う最大の目的を与えられる。

しかし、それ以外の人間は右利きの場合は右バッターボックスに入り打撃をする。

  なぜか。

こちら側に立った方が、自分のストライクゾーンが感覚として掴みやすいと言う理由と、やはりバッティングの振りが鋭くなると言う理由だろう。

  右利きと左利き。

最近感じ始めているのは、ものを食べたり飲んだりするときも、利き腕で食事いした方が、より美味しく感じると思えることだ。

  ものを美味しく頂く。

そもそも我々の仕事は食材を売ること。

  如何に新鮮なものを適値で販売してお客様に喜んでもらえるか。

しかし、自分で食材を販売しているから、如何に美味しく食材を食べるか否かの興味は高い。

そして最近気づいたことは、利き腕で飲むお酒の味はまた格別だと言うことだ。

  “何を今更?”

そう思われる方も多いだろう(笑)。
しかし、実際に右手と左手で美味しいお酒を飲んで欲しい。

  利き腕飲むお酒とそうでない手で飲むお酒の味。

例えば、私が左手でお酒を飲んだとしよう。

  全くお酒の美味しさを舌で感じることは出来ない。

体内に入ったアルコールで体が酔うことは感じるが、美味しいと感じながら飲むことは無い。

  なぜだろうか?。

左手でコップを持つと、どうも神経が集中しないのである。

  “美味しく食べようとする神経が集中しない”

神経が集中せずに、分散してしまう。
これは全ての利き腕以外の手や足でコトをしようとすると、神経が集中せずに正確性やスピードが落ちてしまうのと同様に、利き腕以外でお酒を飲もうとすると、神経が分散した味わうという神経に集中できない環境になってしまうのだろう。

そう考えると、もともと利き腕が左であった方が、小さい頃に矯正して右腕を利き腕に変えた方は、食事の際に右手で食べたり飲んだりする場合の「美味しさ感」はどうなのだろうか。

  十分に慣れてきて味わえる感覚になっているのだろうか。

そんなことまで心配してしまう、利き腕での食事。
ほとんど利き腕以外では何もしない私の感覚とはまた違う感覚なのであろうか。






|

« 利益の根源2 | トップページ | 総選挙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
左利きでしたか。
ミッション車(マニュアル車)の使い勝手。やはり慣れの問題でしょうか。クルマに触れた時から左手でシフト操作をしていたことから、やはりシフト操作は左手が自然に動いてしまいますね(笑)。
まさか左ハンドルのマニュアル車を模索しているでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年10月15日 (日) 06時01分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
そのパートさんは普段の仕事から知識以上の知恵を持ってらっしゃるのでしょうね。マニュアルでは左右同数で前出しすることになっていますが、右側に集中して陳列前出しした方が後からの前出しがラク。そのような知恵は現場にたくさん存在します。現場の知恵がマニュアルになれば強いと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2017年10月15日 (日) 05時55分

私は左利きでして(笑)。親の矯正もあったのか箸と筆記は右手ですがナイフとフォークは持ち替えますね。左利きが右手でフォークで食べるのも笑えますがナイフは力が要るので右なのでしょうね。筆記は右ですが定規で線を引くときは筆記具は左手で持ったり我ながら変な所は器用に使い分けてます。ふと思ったのですがミッション車は右利きと左利きどちらが使いやすいのでしょうか(笑)。

投稿: dadama | 2017年10月14日 (土) 22時26分

言われるとおり何に集中するかが大切で選択と集中が肝心ですよね あれもこれもは絶対にうまくいかないし中途半端でしか終わらない 味も仕事も同じですか?(笑)
集中はできても その前の選択がなかなかできない時間がかかってしまうのは私だけでしょうか?(>_<) スピードやタイミングも同様に大事ですよね 抽象的な話でごめんなさい
ちなみに陳列してる時にパートさんから教わったこと お客様は右利きが多いから同じ棚でも右の方を奥まで積めたほうだいいですよ 確かにそうでした

投稿: dondon-ki | 2017年10月14日 (土) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利き腕の美味しさ:

« 利益の根源2 | トップページ | 総選挙 »