« 基本を磨く | トップページ | 乗り換え顛末記 »

2017年9月29日 (金)

久しぶりの店舗

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


てっちゃん会で3日間お店を空けた。

  店舗に3日も居ないと世の中が変わるものだ。

今回は、大きな変化が3つあった。

  一つは彼岸の花が全社一位になっていたこと。
  二つは競合店の惣菜部門が閉店していたこと。
  最後はiphonの乗り換え話決定していたこと。

今回のてっちゃん会は日曜日と秋彼岸の間のタイミングであったから、彼岸準備用品の展開が休日に進められていたことだ。

  特に生花はこのお店特有の強みを発揮する。

それはお盆でも実証済みである。
よって、今回の秋彼岸も、青果入口正面の最高の場所で売場を提供することにしていた。

  青果入口正面の最高の場所。

スーパー関係者ならわかるだろう。

  青果側の入口正面。

お客様を迎い入れる表玄関。

  まさに最高の場所である。

ここにテナントである花屋の盆花を展開する。

  “ここは自社の商品でしょう!”

ほとんどの方は、ここにテナントの花を展開するというのは勿体なさすぎると思うだろう。

  しかし、このお店は何と言っても生花が強み。

花屋のレベルも高い。
地域のお客様の需要も高い。

  そうなったら、花屋を差別化の全面に押し出すのが得策。

更に、店舗計では真ん中程度の売上であるのに、生花だけは全社でも指折りの売上を記録するのである。

  そして、今回の秋彼岸もお盆同様に正面を提供した。

その花の売上が予想を大幅に上回って全社1位を余裕で獲得していたのである。

  それも日々完全にほぼ売り切れ状態であったらしい。

花屋さんも当方も当然ここまでの売上は期待していたなかったから販売予測からの製造予測も完全に後手に回っていたらしい。

  昨年以上の最高の場所による需要の拡大。

これが我々の予測を完全に上回り、最高の場所と共にお客様の支持を完璧に得たのであろう。

次に、競合店の惣菜。

  テレビ報道を賑わせたO-157。

この影響で惣菜部門が競合店のスーパー内から完全に撤退したのである。

  これもてっちゃん会の場で関係者から教えられた。

これは先日の記事にも載せた内容の続きの話題である。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-dc05.html

しかし、その後も色々な話題を背負ってしまい、最終的にはデリカ部門のみが完全に閉鎖という意思決定を企業が選択したのである。

  スーパーの店舗から惣菜が消える。

この影響を当店も競合店も再認識させられた事件であったが、これが半永久的に続くのである。

  とは言っても、競合店も指をくわえるつもりはないだろう。

いずれ何らかの形で復活してくるに違いない。
ただ、当面は当店にフォローの風が吹くことになろう。

  特に、夕方以降の客数増は大いに見込める。

このチャンスは確実に掴み取る。
それが、私に課せられた使命となった。

  最後のiphonに関しては、後日記したい。






|

« 基本を磨く | トップページ | 乗り換え顛末記 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
少しずつではありますが、フォローの風を感じております。
この風に自らの帆を立てられるか否かが今問われているのだろうと思うのです。
吹いた風をフォローにできるのか無駄な風に終わらせるのかは自分次第。
どうせなら、コストパフォーマンスの高い帆を立てたいものですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年9月30日 (土) 23時55分

最近ペンギンを被った新手のブログ荒しが現れましたのでのんびり致しておりました(笑)。神出鬼没の二の舞にならぬよう日々頑張って頂きたい(笑)。さて、生花部門全店一位おめでとうございます。あの場面とあのコト力ですから納得です。一等地を貰っててっちゃんに泥をぬらせないと言う男気も感じてしまいますね。何れにしても魂の入った場面は顧客感動を予備圧倒的支持を得る。これを部門ごとでひとつでも取り組んで支持を得られればそのお店は強くなるのだと感じます。惣菜もしかり不本意のチャンスではありますが自店の惣菜の良さをアピールして差別化が図れると良いですね。

投稿: dadama | 2017年9月30日 (土) 08時38分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
競合店の出来事とは言え、私も早々に再生して万全の体制でお互いに渡り合いたいですね。
惣菜は抜いた売場の完成度は以前にも増して高まってきているのが逆に脅威でもありますが。

投稿: てっちゃん | 2017年9月30日 (土) 00時08分

パセリさん、コメントありがとうございます。
非常に残念な結果となってしまいましたね。競合店の店長とはよくお話をさせていただいておりますが、彼の無念さがひしひしと伝わってきました。
この無念さが、惣菜の無い売場に今爆発させようとしているのが唯一の救いですね。

投稿: てっちゃん | 2017年9月30日 (土) 00時02分

あるじ不在の中 全社一位の獲得!
手間のかかる花 メンバーが頑張りましたね
強みを更に強くするのも更にパワーがいりますし 何より気合いを入れないと どこかで強みに安堵して油断してしまうことも
それが惣菜の事故に繋がったのかもしれませんね
油断大敵 てっちゃんさんには申し訳ありませんが心より再生を願っています
うちも再生しないと(--;)

投稿: dondon-ki | 2017年9月29日 (金) 14時02分

恐ろしいニュースだな、と思いはしましたが、遠くのことで、あまり、実感も、わきませんでした。
だけど、目の当たりをいた方のお話を聞くと、身を引き締める思いです。

投稿: パセリ | 2017年9月29日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの店舗:

« 基本を磨く | トップページ | 乗り換え顛末記 »