« 狭い業界 | トップページ | 同志の無念さ »

2017年9月 8日 (金)

秋深し

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


早いもので9月も一週間が過ぎた。

  秋の深まりを感じるこの頃。

今年は、7月下旬から8月いっぱい、とても夏とは思えないほどの冷夏であった。

よって、今年の夏は夜の寝苦しさは皆無であり、本当に過ごしやすい盛夏を過ごすことができたのである。

  そして、9月。

当初予測していた9月の天候は、盛夏の復活であったが、やはり過ごしやすい日々が続く。

  逆に「秋深し」の様相を呈してきた。

このまま秋が深まっていくのだろうか。
しかし、これからまた厳しい残暑がぶり返すとは思えない。

  午後6時過ぎはまさに「秋の夜長」である。

今年は、本当に夏の寝苦しさを経験せずに済むことができた珍しい夏である。

  夏の寝苦しさ。

私が生まれ育った地は、盆地である。

  特に、梅雨時期からお盆までの寝苦しさは半端無い。

更に、梅雨明けからは決まって午後からの雷雨である。

  如何に湿気の多い盆地特有の気候だったか。

だから、夜の寝苦しさも半端なかった。
夜に二階の窓を全開にしても風の動きを感じることは無かった。

人事異動によって、地域を転々とした社会人になってから初めて、同じ日本でも気候の違いでこれだけ生活条件が変わるのだと知ったのである。

  それでも最近は夏の寝苦しさが増してきたように思っていた。

現在の地に住み始めてからも、ずっとそう思っていた。

  かっては夏の寝苦しさといってもせいぜい一週間程度。

しかし、今はその地獄の夜が何週間も続く。

気温だって、30度を超える真夏日など年に何度もなかったような記憶であるが、最近では35度と聞いても何ら感動を覚えないほどだ。

  逆に、積雪も大幅に減ってきたように感じる。

全般に温暖化が進んでいるのは間違い無いと肌で感じることができるのである。

  しかし、今年の冷夏。

この冷夏は、9月とい季節では、昔はごく当たり前の9月の気候であったような気がするが、最近の流れからいえば今年は異常気象なのだろうか(笑)。

  それほど今年の夏はいつもの夏とはえらい違いである。

ということは、必ずこのしっぺ返しはやってくる。

  どのようなしっぺ返しであろうか。

果実、新米、野菜、食生活その他諸々であろう。

  特に、新米に関しては報道その他で伝わっている。

1993年の米不足からくる輸入米の販売は、我々世代には記憶に新しい。

  24年前も昔のことであるが(笑)。

あの時に食べたタイ産の米の味は一生忘れないだろう。
当然、当時とは比較できないほどに、我々日本人の食生活は変化している。

  米が無くても困らない日本人の生活習慣。

おそらく今回の米不足では、輸入米に頼らずとも甚大な米不足には陥らないだろう
逆に、果実の味の落ち込みや野菜類の高値安定が続くのでは無いだろうか。

  こちらの方が食生活には甚大か。

そいえば、今年は梨のクレームがやたら多い。

  中身の痛み。

それも日照不足が要因であろうか。

  冷夏によるしっぺ返し。

逆に過ごしやすさが不安を煽るのである。




|

« 狭い業界 | トップページ | 同志の無念さ »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
気候に関しては毎年がいろいろな話題が多すぎて、普通の春夏秋冬を体験したいものですね。普通という気候を最近忘れかけているような気がします。

投稿: てっちゃん | 2017年9月 8日 (金) 23時11分

私も詳しい事は知りませんが今年の冷夏は気流の蛇行が原因らしく地球全体では温暖化は進んでいるようですね。猛暑以上にゲリラ豪雨も夏の季語になりそうな頻度で起きてます。ゲリラ豪雨は被害も大きいですから悩ましいですね。

投稿: dadama | 2017年9月 8日 (金) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/65750782

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深し:

« 狭い業界 | トップページ | 同志の無念さ »