« 組織を運営する | トップページ | 何気ない会話 »

2017年9月19日 (火)

そこでしか体験できないもの

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日の「ガイアの夜明け」。

  旅館や宿泊施設のリニューアル業界が話題。

そこで主として取り上げていたのが、天城荘。

  バブル期には10億の売り上げを誇った老舗旅館。

しかし、ネット上での情報発信の遅れなどが響き低迷。ここ最近は3期連続で最終赤字を計上、約3億2000万円の負債を抱え倒産した。

  そこを買収して経営再建を担う「リバティ」。

今回はそのリバティの経営再建をメインに放映されていた。
リバティは、地方の個人経営の老舗旅館をメインに経営再建を行なってきたという。

  主にネットを通じた誘客のテコ入れに力を発揮する。

ここの社長は全国各地を飛び回り、老舗の個人経営の旅館や宿泊所をネットからの集客を切り札に経営の立て直しを行なっている手法である。

  よって、全国の老舗の強みを把握しているのであろう。

この番組の終盤にこんなことを言っていた。

「小規模旅館は一軒一軒全部違う。漁師のお父っちゃんもいれば海女さんのお母さんもいる。そこでしか味わえないものがあったり、そこでしか聞けない話があったり。だから日本の伝統文化を守るのに小規模旅館は絶対に継続していかないといけない。」

  そこでしか聞けない話。

この言葉になぜか綾(アヤ)を感じたのである。

  あのお店でしか聞けない話。
  あの人間でしか聞けない話。
  あの男からでしか聴けない話。

そんなものを語れる人間になりたいものである。

  自分でしか話せない話を聞きたいと思ってくれる人たち。

そんな存在になりたいものである。

  その為には何が必要か?

人一倍の好奇心と人一倍の行動と経験であろう。
そして、自らの手で得た成功体験を発信する能力。

  説得力のある発信能力。

この人の言うことだから信頼できるだろう。
そう言わせる人間的な信頼感が備わっていることが前提である。

  そのような前提があっての発信能力。

そして、我々のような中小のスーパーや店舗での強みは、まさにこの部分ではないだろうか。

  あのお店、あの店長、あの従業員からしか聴けない話。

そんな存在になれれば、固定客というリピーターがついてくれるのであろう。






|

« 組織を運営する | トップページ | 何気ない会話 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
若女将の成長がなんとも微笑ましい感じでした。

投稿: てっちゃん | 2017年9月19日 (火) 21時03分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
てっちゃん会の本座(勉強会)の4時間でも足りないと思いますね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年9月19日 (火) 20時58分

面白そうなテーマでしたね。見たかったです。ネットを通じてお客様の方が知識のある昨今、プロとしての知識が必要ですね。プラスコミュニケーション能力。最近の現場仕事でも感じる事です。

投稿: かわらい | 2017年9月19日 (火) 20時06分

規模が大きくなるとマスメリットを活かした価格優位性が活かせる反面、リベート頼りの本部主導型の売場になりやい。価格に限れば生産性やローコストオペレーションの競合が優位であるのですから。ではどうするの?という事の続きは明後日の勉強会で(笑)。今宵はコメント返しを気にせずごゆるりとお休み下さい(笑)。

投稿: dadama | 2017年9月19日 (火) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこでしか体験できないもの:

« 組織を運営する | トップページ | 何気ない会話 »