« 久しぶりの店舗 | トップページ | 乃木坂が止まらない »

2017年9月30日 (土)

乗り換え顛末記

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


名古屋でのてっちゃん会から帰宅。

  昨日はその前編。

今日は、その後編を記したい。

  それはiphonの乗り換え。

今使用しているiphon。

  今年の9月〜11月が2年縛りの解除期間。

よって、女房とも乗り換えの情報を収集していたのである。
そして名古屋から帰宅した途端に、娘から女房に電話が入り、そこでiphonの乗り換えが決定してしまった。

  iphonの購入。

もともと従来のガラケーからスマホとしてiphonに乗り換えた時も急遽だった(笑)。

  食事とMRを兼ねて那須へドライブへ行った時のこと。

私がMRをしている間に女房が携帯屋を覗き込んだのが運の尽きで、そこでiphonを購入する羽目になってしまったことから、私の一早いiphon人生が始まったのである。

  どの店長仲間よりもてっちゃん会メンバーよりも早い乗り換え。

ガラケーからのiphonへの変更はそれほどの事務的な混乱は無かった。
全てが初めてのスマホへの移行だから、一つ一つが初めての登録であり、そこでの手続き上の混乱は無かった。

  しかし、SoftBankからauへ乗り換えた時は戸惑った。

一台あたり約5万円のキャッシュバックに誘惑されて乗り換えたのだが、スマホのメールアドレスの変更手続きやらMacBookへの登録変更やらで大いに手こずった記憶がある。

しかし乗り換えながらiphonの新機種へ移行していくのが一番お利口な買い替え手法であることは、当時としての間違いないことだった。

  そして2年後に再びauからSoftBankへ。

この時も、通りかかった携帯屋で大幅なキャッシュバックの金額を目にして立ち止まって見入ったのが運の尽き(笑)。

2年前までは大幅なキャッシュバックが大手を振ってまかり通っていた。
だから、2年縛りから解放されたら乗り換えて新しい機種へ買い替える手法が容易に選択できたのだが、今回からは如何にお利口に2年縛り後の買い替えをしていくかの選択肢が増えたのである。

  iphon6のまま継続することも考えた。
  格安携帯会社へ乗り換えることも考えた。
  思い切って最新機種のiphon8も考えた。

そんな想いを抱えながらてっちゃん会15幕へ。
そして、帰ってきたら、一気に乗り換えの話が舞い込んできたのである。

  娘夫婦も同じ時期での買い替え。

よって、女房と娘で色々検討していたらしいが、この週末に大型家電ショップでiphon7の実質0円での売り切りを実施するという。

  女房に電話が入ったのはまさにその時のこと。

残り数はわずかに2台。

  この瞬間に乗り換えが決まった(笑)。

再び携帯会社を変えての乗り換え。
しかし、何度も乗り換えてiphonの設定を切り替えてきた過去の経験から、意外にスムーズに乗り換えの手続きが完了しつつあるのは嬉しいことだ。

  まずバックアップがMacBookを通して簡単に完了できること。

この慣れが乗り換えを躊躇せずに選択できる一番の安心感であろうか。
その他の手続きは何度も経験するうちになんとか慣れてきた感がある。

  iphon6とiphon7の違いは?。

その辺の詳細に関する機能の違いはわからない(笑)。
しかし、ネット検索をする時の画面の動きや動作は大幅に早くなったように瞬間的に思った。

  世間ではiphon8やらiphonXやら。

しかし、今回も契約金額に負けて一つ前の世代のiphonを選択。
しかし、以前所有のiphonよりは次世代。
そして、契約して感じたのは、以前の大幅なキャッシュバックと相殺しても、今回の契約はお得だったということ。

  大幅なキャッシュバックはなんだったの?。

そう思うこの頃である(笑)。






|

« 久しぶりの店舗 | トップページ | 乃木坂が止まらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

earthさん、コメントありがとうございます。
現金でのキャッシュバックは皆無になったのではないでしょうか。
逆に清算書を送付してのバックに切り替わったようです。何れにしても新機種が発表後の在庫一掃セールはやはりお買い得だと思います。

投稿: てっちゃん | 2017年10月 6日 (金) 06時20分

今は乗り換えゼロ円や多額のキャッシュバックがなくなりましたね。 2年前は家族で購入して二時間待ちしましたが、支払わずに何万円かいただけたのが懐かしいです(笑)

投稿: earth | 2017年10月 5日 (木) 21時32分

dondon-kiさん、コメントありがとうございます。
なんとか毎日コメントいただけてますね。流石です。
売場作りの一要因としての「コトPOP」。
そのバランスを見極めならがコトPOポップの効果を発揮できる現場力を身に付けたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2017年10月 1日 (日) 00時17分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
その割には、dadamaさんも怪しい画像処理ソフトを使いこなして話題を振りまいていますよね(笑)。
逆にiphonを使いこなしているように思えるのですが。
ちなみにFacebook加入も私より早かったし。

投稿: てっちゃん | 2017年10月 1日 (日) 00時05分

売価の正当性と信頼度
某社のCEOいわく 価格をいじりすぎてる 特に衣料住関商品は酷い お試し価格だの何とかフェアだので割引になったり円引き価格になったりで何が本当の価格かわからない これではお客様から信用されない だったら最初からD社のように安く売ればよいと指摘したそうです
ごもっとも…
売価のつけ方は頭を悩ますところ
だからコトを起こして価値を伝えお客様にわかって頂く事が大切とあらためて思うこの頃です

投稿: dondon-ki | 2017年9月30日 (土) 11時54分

iPhoneだけはてっちゃん頭は上がりませんね。会社支給の形態もガラケーからスマホに切り替わり機種もアンドロイドの両刀使いです(笑)。スマホに関しては立場逆転で娘に泣きつく事ばかりですよ(笑)。

投稿: dadama | 2017年9月30日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗り換え顛末記:

« 久しぶりの店舗 | トップページ | 乃木坂が止まらない »