« 腹痛 | トップページ | 数値へのこだわり »

2017年8月16日 (水)

下期へ向けて

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


8月16日。

  今日がお盆商戦の最終日か。

もっとも、お盆のピークは13日を最後に昨日でほぼ終了。

  今日は送り火。

その後は普段の生活へ。
よって、お盆商戦とは15日までのご馳走商戦といってもいいだろう。

  そしてお盆商戦でお客様から上期の通信簿を頂く。

この通信簿を元に、下期であり年間の通信簿である12月31日を目指すのである。

  今年のお盆商戦。

この記事を書いている段階ではまだどうこう言えない。

  しかしなんとなく好調な気配は感じるのだが(笑)。

何を根拠に?。

  上半期のご馳走イベントからの見通しである。

上半期のイベントと言えば、節分に始まり、ひな祭り、春彼岸、ゴールデンウィーク、母の日、父の日等々の小イベントでの動向。

  今年は当日の集中という意味では手応えのある反応。

特に、ご馳走をしっかり打ち出し、信頼の置ける店舗への支持は大いに高まるのではないだろうか。

  そして、下期へ向けて。

下期。

  9月から2月の半年間。

とは言っても、厳密には12月31日を最終目的に始まると思って良いだろう。

  それだけ12月31日とは我々にとって重い一日。

12月商戦がどんなに好業績で進んでも、12月31日が不振であれば、気持ちよく年越しは出来ない。

  12月31日とは。

それは、お盆後からのそのお店のお客様からの評価である。

  その為のお盆商戦。

お盆商戦は結果ではなく、年末へ向けてのステップとして貪欲に捉えなければならない。

  このお盆商戦で何を得たか。

結果ではなく、そこからどんな仮説を導き出せたかが次へのステップ。

  だから一喜一憂だけでは済ませられないのだ。

今回のお盆商戦からの仮説は何か?。

  それがお盆商戦の本当の反省であろう。

その前提には、今回のお盆商戦に対する仮説と仕掛けがある。

  だから、データが重要になってくるのだ。

それが個店個店で組み立てなければならない作業である。

  本部が一律で決めることではない。

個店で検証し個店で実践し、個店で次への仮説を立てる。

  だから企業として進化していくのである。

そして、それが年末まで積み上げられていくかどうか。
一回こっきりの仮説検証ではなく、それが毎週毎月のルーティンとして継続されて積み上げられていくかが進化の大前提。

  その結果が年末商戦に結びつくのだ。

そのスタートラインがこの時期となる。

  早くも年末商戦の始まりである。





|

« 腹痛 | トップページ | 数値へのこだわり »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさんへ。
売る側がハラハラドキドキしながら在庫を売り切ってやろうとするとどうしてもそれが売り場に反映される。
そこに販売する側と購買する側の意思疎通が生まれるのではないでしょうか。
販売する側と購買する側が売り場という共通項で会話する。そこに色々な引き出しが隠されており、その引き出しがコトという謂れに移行しているような気がしますね。

投稿: てっちゃん | 2017年8月16日 (水) 12時58分

お盆の謂れとかしきたり、シーンをMDからの支持や知識として知っていても体感的に理解してる担当者は意外と少ない。
本部MDも知識だけで終わるのか?体感理解させて売り込ませるのか?同じ売場、同じ商品でも担当者の意思や魂が入っているか?私は良く殺気と表現しますが体感からくる売る気の差は売上を大きく左右すると思います。

投稿: dadama | 2017年8月16日 (水) 11時53分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
パック単価300円としても相当な金額ですね。
従来のお盆商戦とは長年の経験から生まれてきた過去からの謂れ。その謂れを再び周知させていくことも必要でしょうが、新しい暮らしの世代が増えていくたびに縮小均衡になっていくことも事実。
謂れを踏襲しながらも、地域に根ざした商品であり自分で意思を持ってスポットを当てた商品であり、売る側の意志が商売の鍵を握り、数値の鍵を握るのは普遍の原則のようですね。
私も「毎朝爽快」以来、全社一位の単品が生み出す喜びを感じています(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年8月16日 (水) 10時14分

個店ごとに異なるお盆の取組み。本年長野地区の店舗から地域ニーズの高い五平餅を販売したいとの要請を受け急遽導入したのですがお盆期間だけで約3000本販売し結果五平餅のカテゴリーであるパン品種が150%以上の伸びを出し全店一位となった事実。更にはあちらの会でアップされる担当者自慢の売場・・・
売る事に貪欲になる。チェーンストアで有ろうが標準化で有ろうが売る事に執着心を持つ事が店を元気に強くする事なのだろうなと改めて実感したお盆商戦でした。

投稿: dadama | 2017年8月16日 (水) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下期へ向けて:

« 腹痛 | トップページ | 数値へのこだわり »