« 過保護のカホコ | トップページ | 地域性 »

2017年7月24日 (月)

打たれ強さ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人間は打たれれば打たれるほどに強くなる。

  それは仕事で鍛えられていくものでもある。

チーフに昇格してからリーダーリップを発揮する時期に学ぶマネジメント上の壁。
あるプロジェクトチームに所属してからの各部との調整時期に体験する仕事の壁。
バイヤーとして自分が率いる部門が不振に陥った局面での業績という数値上の壁。

  色々な場面で自分に立ちはだかる壁。

その局面で色々な人間から色々と叩かれて打たれていく。

  まさに今の鮮魚部門がそうだろう。

そして、これはどの企業にも言えることではないか。

  “鮮魚部門を何とかしろ!”

そんな檄がどの企業でも発せられているのではないだろうか。

  鮮魚担当者としてみればいい迷惑だ(笑)。

何も自分一人の業績でもないだろう。

  世の中の流れ。

そんな不運な時代にあって、更にここで一番目の敵にされる。

  しかし、ここが正念場である。

それは鮮魚担当者に限ったことではない。

  打たれる時は打たれるもの。

それは誰でも一度や二度は経験するものである。
現代の鮮魚部門においては、業績対策だけの問題ではなく人材確保から育成の問題も内包している。

  いかに人材を獲得するか。

この問題は鮮魚部門だけの問題ではない。
しかし、それも内包しながらの業績改善であるから、鮮魚部門だけの課題ではなく、人材確保と育成という企業全体の問題でもあるのだが、それも含めて鮮魚部門へしわ寄せがくるのも気の毒な話ではある。

  “つくづく鮮魚にならなくて良かった(笑)”

もし、そんな業界人がいたら、そいつには未来は無いと思っている。

  こんな時に打たれるから人間は伸びるのだ。

そして、打たれ強くなれるのだ。
それを経験させてもらえるのが、今の鮮魚不振時の鮮魚担当者の幸運であろう。

  ここで踏ん張れるか踏ん張れないか。

しかし、それ以前にこのようなチャンス?が巡ってきたことへの感謝と覚悟を自分に備えなければならない。

そして、冷静に問題を追及して、それに対して情報を集め、一つ一つ改革していく過程を学んでいく絶好のチャンスだと思う。

  このようなことは通常の業務で絶対に経験できないことである。

この時期だからこそ、周囲も本人もその気になれるのだ。

  そしてその経験こそが自分の殻を一つ破れる大きなチャンスである。

しかし、大きなダメージを伴う時もある。

  チャンスであると同時に大きなピンチでもある。

だから正念場なのだ。

ぜひ、鮮魚担当者たちは、この正念場を乗り切って欲しいものである。








|

« 過保護のカホコ | トップページ | 地域性 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
少なからず鮮魚に携わっている人間は、今まさに打たれているピークでしょうか(笑)。
鮮魚を取り巻く環境だけではなく、自社内の人材確保にも大きな課題を残す部分が大きいですね。そして、働き方改革と称する改悪(笑)。鮮魚の諸先輩方が培ってきた強みが一気に吹っ飛んでしまっているのが情けないと感じております。

投稿: てっちゃん | 2017年7月31日 (月) 23時07分

今まさに打たれている一人です。(笑)現状の数字よりも内包されている人材の問題の根が深いですね。チャンスと捉えて前向きにいきたいと思います。(笑)

投稿: かわらい | 2017年7月31日 (月) 07時54分

マサさん、コメントありがとうございます。
「人生全て当たりくじ」。
まるでB型の人生観を言い当てられているような気がしてなりません(笑)。
そんな楽観的な生き方ができれば、どんどんチャレンジしていけるのでしょうが、それも時代と育ちと環境で大きく左右されますから、あまり豊かでない時代に生まれた運命に感謝なのでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年7月26日 (水) 00時26分

考え方、捉え方一つで逆境を乗り越えていけるチャンスはいくらでもあるのではないのでしょうか。
現状に面食らって投げやりになるか、踏ん張りどころだと前向きに捉え、グッと我慢して前進するか…
私自身も置かれた場所で花を咲かせるような人生を送っていきたいと…常に自分に言い聞かせてます。
『人生すべて当たりくじ』という本に巡り合ってから私自身も気持ちの切り替えがスムーズにいくようになって来ました。
一部分でしょうが10代、20代の若者の精神的弱さ、打たれ弱さには本当にビックリさせられますが、ゆとり教育、豊かになり過ぎた日本の代償なのかと思いますね…

投稿: まさ | 2017年7月25日 (火) 21時23分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
打たれて逆にマイナス志向になっていくのか、常に前を向きアクセルを吹かすのかで全く別の結果になってしまう。
アクセルに足をかけるタイプを目指していきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2017年7月25日 (火) 06時05分

打たれる事もチャンスと捉えれば取り組みも変わってきますね。私も今の職務を打たれる事から楽しめるようになってきました。ゴールまで残された時間は僅かですが少しでも会社に残せる物を作っていきたいですね。

投稿: dadama | 2017年7月24日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/65553084

この記事へのトラックバック一覧です: 打たれ強さ:

« 過保護のカホコ | トップページ | 地域性 »