« 正しい競争心 | トップページ | 昼食の取り方 »

2017年7月28日 (金)

丑の日2017

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年の土用丑の日が終わった。

  皆様、本当にお疲れ様でした(笑)。

今年の丑の日に対する想い入れは例年以上であったように思う。
それは、同業他社の方も同様であったろう。

  近年稀に見る鮮魚部門の不振。
  久しぶりのうなぎ市場相場安。
  気候も梅雨が明け好環境完備。

鮮魚担当者ならずとも、今年の土用丑の日にかける各社の意気込みがひしひしと伝わる丑の日商戦。

  Facebookの仲間たちも店頭での焼きに力が入る(笑)。

確かに、今月に入ってからのうなぎの販売実績は昨年を大幅に上回る実績を残してきた。

  “今年の丑の日は大いに期待できるなぁ〜”

確かにうなぎの売上は絶好調。

  しかし、・・・ 。

うなぎ以外の売上は相変わらず厳しい状況であった。

  むしろ、厳しさが加速している感もあった。

尚更、丑の日にかける期待が増していく。

  そんな環境にあっての7月25日(火)。

天候はあいにくの曇り空。
そして異常に蒸し暑い。

  “午後からの天気が心配だなぁ〜”

こんな湿気の多い日は、必ず午後以降天候が急変する。
よって、開店早々にご来店されてうなぎを購入されていく高齢者の方も多くいた。

  “うなぎは好調に売れているなぁ〜”

しかし、やはり天候が心配だ。
外は相変わらず、異常なほどの湿気。

  Facebook仲間からの雷雨の報告。

全国の至る所で突発的な雷雨と豪雨により、ピーク前とは言え豪雨にやられた地域もあったようだ。

  お陰様で当地では午後8時からの雷雨。

丑の日商戦もほぼ完了かと言える時間帯での雷雨であった。
このような好環境によって、全社的には非常に好調な丑の日商戦で終わることができた。

  情報によれば、全国的に好調な丑の日であったようだ。

これは全国の業界関係者の願いが届いたのだろう。

  しかし当店での実績は昨年並み。

大いに反省の残る今年の丑の日商戦であった。

そして、毎年丑の日が終わってから思うこと。

  “今年も一番美味しいものから売れていく事実”

お客様も、年に一度のうなぎという高額商品の買い物である。

  “どうせなら一番美味しいもの”

それが、お客様の声なのであろう。
だから、売り場でもそこ売り場で一番美味しいうなぎから売れていく。

  新仔うなぎ。

当社ではこのうなぎを一番のお勧めとして販売している。

  その理りと味くれべで間違いなく新仔うなぎが売れていく。

しかし、数量が確保できない。

  よって、売り切れ御免。

よって、次に売りたい商品をメインの平台に移して売り場変更。

  この繰り返しが午後から頻繁に行われていく。
  
そして、午後4時以降からは一気にお客様がなだれ込んで売り場が崩壊していく(笑)。

  このタイミングで一時でも品切れしたらアウト。

しかし、翌日にはただの高額商品になり果ててしまうから、どうしても追加製造を躊躇してしまう。

  そこの難しさが今年の最大の課題であったか。

この日は早番通しの為、私の本当の丑の日の晩餐は翌日の水曜日。

  今年も「白焼き」で刺身風に頂いた。

白焼きのうなぎは色が白い為以外にさっぱりしているように見えるが、刺身用のわさびをたっぷり添えても、うなぎの脂身が強いため大トロと同程度のわさびの量の方が脂身をしっかりと消してわさびの味が映えるのだ。

  ご飯にのせるなら蒲焼。
  酒の肴にするなら白焼。

年に一度の贅沢なので、この日は白焼でアルコールを頂いた。

|

« 正しい競争心 | トップページ | 昼食の取り方 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
丑の日当日だけで130%はやはり驚異的な数値だと思いますよ(笑)。
上を目指せばキリはありませんが、大きな売上の昨比超えは十分な価値があると思います。ましてそれ以前の数値が相当に好調なだけに。

投稿: てっちゃん | 2017年8月 1日 (火) 23時46分

当社でも丑の日当日はなんとか昨年を上回る事が出来ました。しかし、丑の日前までは130%近い数字で推移していただけに丑の日直前の不振が悔やまれます。難しい反省になりそうですね。

投稿: かわらい | 2017年8月 1日 (火) 07時27分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
この日にうなぎに掛ける費用は万札を超える方も多いでしょうね。
特に今年は給与支給とボーナス支給後の為、条件的には好都合だったのかもしれませんね。
さて、二の丑商戦。今年は日曜日であり、これだけうなぎが好調な年ですので、徹底してうなぎの拡販に頼りたいところでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年7月30日 (日) 06時06分

当店も順調な出足だったのですが日頃の行いの影響か3時に惨事(笑)が発生し店内までも水浸しの大豪雨に見舞われましたが、幸い小一時間で収束しその後は常時20人程の行列が出来結果目標数値を上回る事が出来ました。土用丑当日前々日の日曜日に試し焼きを兼ねて炭焼きを実施したのですが日曜日は低価格帯が売れたのですが土用丑は高単価の特大サイズが一気に売れてしまい結果一品単価のロスが発生してしまいました。400円の単価ダウンは馬鹿に出来ませんね。しかしながら一匹2000円を超える商品を行列待ちしながらまとめて3匹は買っていく光景を目のあたりにみると商売の姿を見直す事も大切であると感じました。今年は二の丑が日曜日なので再度炭火焼きを仕掛けウナギの売上記録更新を狙います。

投稿: dadama | 2017年7月29日 (土) 08時16分

k、kさん、コメントありがとうございます。
130%は素晴らしい。
しかし、売れた中国産を在庫として持っていましたね。当社は丑の日はほとんど売りません。事前からの試食で中国産でも美味しいという認識が高まったのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2017年7月29日 (土) 06時33分

当店でも前年比130%と好調でした。新仔、白焼きは、さほどでしたが、何故かいつもは売れない中国産がやたらと動いて乗っかりました。丑の日翌日も当日の10%くらいは売れるので20時まで追加してました、うなぎ様様です。当店では愛知産がメイン、鹿児島産、宮崎産、中国産がサブです。前もっての試食で、毎日、中国産をレンジでチンして皮を外して食べてもらってました。それが効いたかな?来年が大変ですけどね

投稿: k、k | 2017年7月28日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/65575258

この記事へのトラックバック一覧です: 丑の日2017:

« 正しい競争心 | トップページ | 昼食の取り方 »