« 部下の結婚式から2 | トップページ | アルコールを嗜む »

2017年5月 6日 (土)

豊かさ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


豊か。

  意外に多くの場面で聞く言葉である。

「豊かな暮らし」。
「豊かな生活」。
「豊かな食生活」。

  等々。

我々の業界で、この言葉を企業理念や創業精神に入れ込む企業も多いのではないだろうか。

  お客様の豊かな暮らしの応援。

自社の存在意義は、お客様の豊かな食生活への応援である。

  そんな企業理念を掲げる企業が多いのもこの業界。

そもそも、豊かさってなんだろう?。

  お金持ち?。
  デカイ家?。
  豪華な車?。
  出世街道?。

個人個人それぞれに、豊かさの象徴は違うのかもしれない。

  心の豊かさだよ、てっちゃん。

そう言ってモノの豊かさを拒絶する方もいるだろう。

  私も最後はそう思いたい。

心の豊かさ。

  その象徴が笑顔である。

笑顔に満ち溢れた家族が集う食卓。

  それは家庭の主婦が一番に願う象徴ではないだろうか。

その食卓に、自社で販売された食材が乗り、その食材のお陰で家族の笑顔が導き出される。

  それが商売の醍醐味であろう。

その延長線上に、お客様からの「あれ美味しかったよ」の一言。

  その反応が我々をしてまた商売をしたいと感じさせるのだ。

そう考えると、お客様の豊かさと我々の豊かさとは表裏一体の関係であると言える。

  Facebookでも自分の豊かさをアピールする投稿が多い。

こんな豪華な食卓になりました。
こんな有名人と今食事してます。
こんな雰囲気でお酒飲んでます。

  アップする人と眺める人。

それはお互いにアップし合い閲覧し合う関係でもある。

  いつも他人のアップは羨ましいもの(笑)。

しかし、やっぱり自分の豊かさをしっかり自分の心の軸にしておきたいものだ。

  他人に左右される心の豊かさ。

そうではなく、自分が豊かだと思う、ブレない軸を持つことが必要なのではないか。
他人に左右されず、羨ましがらず、嫉妬せず、自分の心にブレない豊かさを構築すること。

  自分はこの瞬間が一番豊かさを感じる時。

それが、自宅のステンドグラスを眺める時なのか、美味しいお酒がお気に入りのグラスに注がれた時なのか、手料理が上手く出来て家族の笑顔が広がった時なのか。

  それは家族や状況によって異なるだろう。

その瞬間瞬間を豊かな時間、豊かな人生だと感じることが、豊かな心なのだろうと思う。

  そこから感謝と言う言葉が生まれるのだろう。

常に相手の落ち度を探る人生から、相手への感謝を持つ人生に切り替えていきたいものである。








|

« 部下の結婚式から2 | トップページ | アルコールを嗜む »

生き方」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
数多くの夢に向かって精進してください(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年5月10日 (水) 00時09分

まだまだ他人に左右されています。(笑)明日は心の豊かさを養いたいと思います。ついでに食欲も満たします。

投稿: かわらい | 2017年5月 9日 (火) 20時59分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
物欲の無意味さを知ってしまうと、内面が満たされたかどうかが一つの価値観になっていきますね。
その一つ一つの積み重ねが新たなステージを切り開いていってくれるのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2017年5月 7日 (日) 06時25分

この歳のなると心の豊かさに憧れるのでしょうか(笑)。若い頃は現実的な豊かさ車、家など金銭的に解決出来る見栄っ張りな豊かさもありましたが最近は物欲は減ったでしょうか(笑)。シーンや生き様のような金銭では解決出来ない事に憧れを感じるようになりましたね。
社会的地位はどんどん低下する歳に入りましたのでただの人間(老人)になった時に残せる物を増やしたい、それは心の豊かさしかないのでしょうね。そのためにも感性の感度は持ち続けたいと思っております。

投稿: dadama | 2017年5月 6日 (土) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/65190085

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かさ:

« 部下の結婚式から2 | トップページ | アルコールを嗜む »