« 売場に立つ | トップページ | 競合店の戦略 »

2017年3月16日 (木)

体調不良

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先週の土曜日頃だろうか。

  “ちょっと喉が痛いかなぁ〜”

少し体も火照ってはいたが、体温37度以下だろうという直感はあった。

  “熱はないからおとなしくしていれば大丈夫だろう”

そう思って日曜日を迎えた。

  “何としても風邪をひいたなどとは言えない”

全体朝礼などでも、普段から柑橘類を食べていれば風邪など引くわけが無いと強気に言ってきた経緯もあり、今更風邪をひいてしまったなどとは言えないのである(笑)。

  しかし日曜日の朝は愕然とした。

声がガラガラになっていたからだ。

  “風邪引きがバレてしまう💦”

多少の熱であれば我慢していればいいのだが、声は喋ればバレてしまう。

  仕方なく、花粉症とでも言って偽ろうか(笑)。

しかし、花粉症としても、以前からグレープフルーツを食べていれば花粉症になどなり得ないと豪語していた過去がある。

何れにしても大きなプレッシャーに襲われることになった。

  “極力、声を出さないようにしよう”

とは思っても、店長として声を出さないわけにはいかない。

  朝市、夕市、従業員呼び出し等々。

マイク放送で声を出す場面は多々ある。

  もはやバレバレである(笑)。

しかも、声を出すと喉が痛い。

  もっとやばいのは鼻水である。

鼻を噛めども噛めども、止め処なく鼻水が垂れてくるのである。

  “本当に花粉症かも”

そんな疑惑まで湧いてきたほどだ。
挙げ句の果てには、花粉症のパートさんには

  「店長には言われたく無いわ」

とまで言われる始末だ。
仕方なく、翌日に休日を頂き病院に行った。

体温を計ったら、36。4度
私の喉を見たり胸を診察したりしていた内科の先生が言った。

  「だいぶ回復していますね。」

一応5日分の飲み薬を出しましょう。

  やっぱり風邪か。

しかも、回復しているという。
この言葉を聞いて、一気に治ったような気分になった。

  “知らないうちに風邪をひいていたとは”

やはり、医者の一言の与える影響は大きいものだ(笑)。

それにしても、日頃から柑橘を食して体調管理していた自分であるが、ちょっと油断するとやはりウィルスが入り込んでくるもの。

  その日にデコポンを10個ほど買い込んで家でも食べることにした。









|

« 売場に立つ | トップページ | 競合店の戦略 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
体力よりも精神力。
その精神力に支障をきたした3月。
相当なプレッシャーを感じながらお仕事されているようですね。
ご自愛ください(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年4月 2日 (日) 23時37分

三寒四温とはよく言いますが今年の3月は気温が乱高下。風邪ひきも多かったですね。新体制の3月。私は体調は良かったですが精神的にやられました。(笑)少し落ち着きましたので溜まった宿題を少しずつやっていこうと思います。

投稿: かわらい | 2017年4月 2日 (日) 22時05分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
残念ながら、今回は逆に柑橘効果を感じざるを得ませんでした。
なぜなら、連休を取って家での生活の中では柑橘を取らなかったのですが、そのことが我が身を免疫効果を低下させる要因になっていたような気がするのです。
よって、今後は連休でも家で柑橘を取るようにデコポンを買いだめして帰ったまえりました。おかげで今回の連休は体調バッチリです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年3月16日 (木) 11時37分

柑橘効果もアルコール摂取量の極悪に叶わないのでは?失礼しました(笑)。
加齢による免疫力低下は気力だけでは克服出来ないですね。品行方正の生活が1番でしょうか。深酒で寝落ちする事が増え風邪とお友達になってしまいました(笑)。

投稿: dadama | 2017年3月16日 (木) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/65008981

この記事へのトラックバック一覧です: 体調不良:

« 売場に立つ | トップページ | 競合店の戦略 »