« 工場との違い | トップページ | 引退ラッシュ »

2017年3月 4日 (土)

同期の昇格

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


何度も書くが、人事異動の季節(笑)。

  悲喜交々(ひきこもごも)の季節である。

昇格した、降格した、昇給した、降給した等々。

  自分だけならいいが他者の人事異動も気になる。

同期入社の世代が昇格していく。

  “羨ましい”

そんな風に思うのは、ごく自然な発想であろう。
特に、同じ部門の同期入社の人間が自分よりも先に昇格したものなら、その妬みは半端ではない(笑)。

  “俺とアイツにどんな差があるのだろうか?”

人事異動の発令書を見て、そのような悲喜交々が全国で飛び交っているのではないだろうか。

  しかし、私は思う。

「一年、二年の時差などどれほどの違いがあるのか」

  長い一生の中の一年。

昇格に伴う一年や二年の差など、追いついた途端に解消されてしまうものだ。

  特に担当者から部門責任者の場合はそうだろう。

担当者の段階ではなかなか正しい評価と正しい順番で昇格すること自体が難しい。

  正式な評価テーブルに乗っていないから。

それはどういうことかというと、人材の評価は部門チーフに乗った段階から評価テーブルに乗るからだ。

  評価テーブル。

要は、評価者がしっかりと眼鏡をかけ直して、評価者を比較するということ。
そのテーブルは、部門チーフという一定の評価基準に乗った段階から始まるということだ。

  担当者が評価されるのはなんとなくの部分が大きい。

担当者としてなんとなく頑張っているように見える。
担当者としてなんとなく素直な性格のように見える。
担当者としてなんとなく責任感が強いように見える。

  その程度でしか評価されていないと思われる。

しかし、チーフクラス以上からは別。

  数値管理が伴ってくるからだ。

売上、粗利その他諸々の営業数値、その他にも生産性等の人材マネジメントの部分も明らかに数値化されて評価されるのだ。

  なんとなくが消えるのがチーフ以上。

そんな同じテーブルで評価されるから、数値を作る能力、人を活かす能力、組織を管理できる能力が同じテーブルで評価されるようになる。

  チーフというのはようやくこのテーブルに乗るということだ。

だから、その評価に乗るためには、しっかりとしたマネジメント技術を身につけておかなければならない。

  その基本を担当者の時にしっかりと身に付けること。

その基本や原理原則を担当者の時に身に付けられずに昇格してしまうと、それをじっくりと身に付けるタイミングを失ってしまうことにもなりかねない。

  チーフという職位からは責任者。

責任者という職位は、ある意味自分に対してものを言ってくれる人間が極端に少なくなってしまうということだ。

そういう意味では、自分に対してモノを言ってくれる人間がいる時にしっかりとその基本を身につけておかなければならない。

  その基本が磐石な自分を支えてくれるのだから。





|

« 工場との違い | トップページ | 引退ラッシュ »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
私の経験上、人材の多い年ほど優秀な人材が切磋琢磨する年代のようですね。それはラッキーだったということでもあると思いますよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2017年3月12日 (日) 23時40分

私の同期は会社始まって以来の人数で、私も同期との出世争いを気にしていた時期が少なからずありました。働くモチベーションにも繋がっていたと思います。その同期も殆どいなくなってしまいましたが。最近では同期入社が2〜3人という事もあり競争もありません。外部研修等も含め、刺激を作っていってあげたいですね。

投稿: かわらい | 2017年3月12日 (日) 21時40分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
そして、お帰りなさい(笑)。
自分を磨くということは、自社内で自分を磨くことと同時に、店長職以上であれば外部へ出向き武者修行のような孤立無援の場で自分がどれだけの素能力を持ち合わせているのかを試してみることも大切だろうと思います。更に言えば、外部では常に前向きな人間たちとの付き合いを主としていきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2017年3月 6日 (月) 00時03分

飲んだくれが静かにしてた方が新しい書き込みの方が増えるようで(笑)。自分の企業人生も先が見えてきた今、引退し肩書が外れた時何を残せるのか?肩書は企業人生では大切なのも事実であり他人より抜きに出たい気持ちが無ければ会社としての成長もない。但し個人と会社の想いに温度差もあるのは事実。次のステップを目指し実力を備える事は大切ですが、波に乗れるかは上司や環境の運も必要。企業人生約40年。その間に自分の価値観もどんどん変わっていく。その中で普遍なものは数値を作る実力。
企業の成長=数値の成長。数値を時代に合わせて如何に伸ばすのか?時代は変化してるので時代の変化を読み取り自分も変えていくのか?
結果日々の学びが求められ、自社内で答えが出なければ外に答えを見つけに行く。話が支離滅裂になりましたが自分を信じれる力をつけていく事が一番でしょうか。他人の強みに刺激を受ける事も大事ですが自分に強くなる事は自己の成長には欠かせないと思います・・・すみません。まだ酒が残っています(笑)。

投稿: dadama | 2017年3月 5日 (日) 11時05分

食品スーパーのマネージャーさん、コメントありがとうございます。
スレた情熱。
是非、このブログからでも結構ですので、熱い情熱を取り戻してください(笑)。
どうせやるなら情熱を持って熱く取り組んだ方が、一度きりの人生、悔いを残したくないですよね。
今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: てっちゃん | 2017年3月 4日 (土) 17時44分

けんさん、コメントありがとうございます。
5年前から見ていてくれたのですか。ありがとうございます。
初コメントは勇気がいったのではないでしょうか(笑)。
当店にも同様の環境にいる担当者がおりまして、さりげなく「悔しいか」と問うところから話が弾みました(笑)。
結局、上記のような話で結んだのですが、本人はその辺の状況を理解したようで安心しました。どこかで彼の陳列技術等は認めていましたので、それも認識してくれていたのだろうと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: てっちゃん | 2017年3月 4日 (土) 17時42分

私は数日前から、何を検索したのかいつの間にかてっちゃん店長のブログ辿り着き、はまっています。
私も食品スーパーのマネジャーをしております。中々店長と深い話をする機会もないので、このブログが非常に面白いです。スレて来てしまった情熱みたいな物に少し刺激を与えられた気がします。

投稿: | 2017年3月 4日 (土) 13時11分

はじめまして。実は5年以上前からほぼ毎日拝見させて頂いているSM勤務のけんと申します。現状デイリーの担当者をしていまして新卒の部下がいるのですが今回の記事を読ませて頂き、本当仰る通りだなと感じます。このような話を部下にはするのですが暖簾に腕押しのとこもあって・・物事にはいつ気付けるのってのがひとつの人間力だろな、といった想いは強く。なかなか気付けない人間にいかにして気付きを与えるのか、ってのは本当難しいものだなと。
ブログ更新毎日楽しみにしています。

投稿: けん | 2017年3月 4日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/64947889

この記事へのトラックバック一覧です: 同期の昇格:

« 工場との違い | トップページ | 引退ラッシュ »